お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2021-08-21
10:55
ONLINE オンライン開催 対話中の非言語行動の機能スペクトラム解析に向けて ~ 頭部運動を対象とした機能コーパスと深層学習モデルの構築事例 ~
大塚和弘横浜国大HCS2021-19
人の対話において表出される非言語行動は,本質的に曖昧で多様な意味や機能を持つが,従来の排他的多クラス分類によるアプローチ... [more] HCS2021-19
pp.13-18
HCS 2021-08-21
11:20
ONLINE オンライン開催 頭部運動機能を用いた複数人対話における対話参加者の主観的印象の予測
大土隼平横浜国大)・石井陽子NTT)・中谷桃子東工大)・大塚和弘横浜国大HCS2021-20
対話中に表出される頭部運動の機能と対話者の主観的印象との関連性を探るため,頭部運動の機能に関する特徴量を用いた対話者の主... [more] HCS2021-20
pp.19-24
NLC, IPSJ-ICS
(連催)
2021-07-02
13:50
ONLINE オンライン開催 複数人対話におけるトピック単位の要約データの構築とその要約
中山友梨塩田 宰・○嶋田和孝九工大NLC2021-4
本論文では,4人一組の議論対話コーパスに関する新しいアノテーションデータの構築と要約手法について検証する.
我々はこれ... [more]
NLC2021-4
pp.19-24
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]複数人対話のためのRNN言語モデルにおける発話終端と話者情報の利用法
芦川博人俵 直弘早大)・小川厚徳岩田具治NTT)・小川哲司小林哲則早大EA2016-133 SIP2016-188 SP2016-128
複数人による対話において発話される単語の予測性能向上を目的として,複数人対話特有の現象として頻出する発話終端や話者交替に... [more] EA2016-133 SIP2016-188 SP2016-128
pp.287-290
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-21
13:15
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [ポスター講演]Kyutechコーパスにおける発話意図タグの設計と分析
日野優登山村 崇嶋田和孝九工大NLC2016-29
対話に関する研究では,幅広い分析のためにコーパスへの発話意図のアノテーションが欠かせない.そのため本論文では,我々が現在... [more] NLC2016-29
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 複数人対話における口の開閉パターンに基づく次話者予測
石井 亮熊野史朗大塚和弘NTT
簡易に計測可能なモダリティから,複数人対話での次話者を予測可能なモデルの構築を目指して,発話末付近の口の開閉パターンに着... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 複数人対話における視線と呼吸動作に基づく次話者予測
石井 亮熊野史朗大塚和弘NTT
複数人対話における,高精度かつ頑健な次話者の予測モデルの構築を目指して,視線と呼吸動作の情報を有するコーパスデータを構築... [more]
NLC, TL
(共催) [詳細]
2015-06-05
10:00
徳島 徳島大学 時間情報とテキストセグメンテーションに基づく複数人対話要約手法
山村 崇徳永 陽嶋田和孝九工大TL2015-8 NLC2015-8
本論文では,複数人対話を対象とした重要文の抜粋による要約手法について提案する.
複数人による対話では,話者が自由に発言... [more]
TL2015-8 NLC2015-8
pp.43-48
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 複数人対話での話者交替に関する頭部動作の分析 ~ 次話者と発話開始タイミングの予測モデルの構築に向けて ~
石井 亮大塚和弘熊野史朗大和淳司NTT
複数人対話において,参加者の頭部動作と話者交替および次話者との関連性を分析し,頭部動作を用いて次に誰が次話者になるかを予... [more]
HCS 2014-08-23
10:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 複数人対話での話者交替に関する呼吸動作の分析 ~ 次話者と発話開始タイミングの予測モデルの構築に向けて ~
石井 亮大塚和弘熊野史朗大和淳司NTTHCS2014-49
複数人対話において,次話者と発話開始タイミングを予測可能なモデルの構築を目指して,本研究では参加者の呼吸動作に着目し,発... [more] HCS2014-49
pp.35-40
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 音源方向を提示する腕装着型機器の開発と複数人対話支援への応用
金子佳裕筑波大)・鈴木健嗣筑波大/JST
本研究では聴覚障害者のための複数人での対話における内容理解の支援を可能にする腕装着型デバイスを提案する.複数人対話におい... [more]
WIT, SP
(共催)
2011-10-06
11:00
東京 TFTビル研修室 会話ロボットの多人数会話活性化戦略とその評価
齋藤彰弘松山洋一藤江真也小林哲則早大SP2011-53 WIT2011-35
我々が行ってきた会話ロボットを用いた会話実験の中で,質問応答した後に関連した内容を自ら発話することで偶発的に会話活性化を... [more] SP2011-53 WIT2011-35
pp.7-12
PRMU, SP, WIT
(共催)
2010-10-08
10:30
千葉 幕張メッセ(CEATEC会場) コミュニケーション活性化を指向した会話ロボット ~ 通所介護施設における事例 ~
松山洋一藤江真也齋藤彰宏早大)・Xu Yushi早大/マサチューセッツ工科大)・小林哲則早大PRMU2010-89 SP2010-45 WIT2010-33
通所介護施設において,人同士の会話に介在させ,コミュニケーションを活性化するロボットについて報告する.本研究では,具体的... [more] PRMU2010-89 SP2010-45 WIT2010-33
pp.7-12
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会