お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 132件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2021-03-05
13:05
ONLINE オンライン開催 トレーサビリティリンク生成における自然言語処理モデルの性能比較
新田壮史中川博之土屋達弘阪大KBSE2020-34
近年ではソフトウェア規模の拡大に伴い,要求,テスト記述等の文書数も増大し,手作業によるトレーサビリティリンクの確立に大き... [more] KBSE2020-34
pp.1-6
KBSE 2021-03-05
15:15
ONLINE オンライン開催 BERTによるアプリケーションレビュー分類モデルの構築と評価
山田侑樹櫨山淳雄学芸大KBSE2020-38
ソフトウェアの進化の過程でエンドユーザーの意見やフィードバックは開発者にとって重要である.
これらの情報を開発者が効率... [more]
KBSE2020-38
pp.25-30
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
14:20
ONLINE オンライン開催 Ethereumスマートコントラクトにおけるコントラクト単位でのコード表現の学習による脆弱性検知
芦澤奈実矢内直人クルーズ ジェイソン ポール阪大)・岡村真吾奈良高専IT2020-156 ISEC2020-86 WBS2020-75
Ethereum スマートコントラクトはブロックチェーン上で稼働するプログラムだが, これまでに多くの脆弱性が報告されて... [more] IT2020-156 ISEC2020-86 WBS2020-75
pp.273-280
AI 2021-02-22
10:30
ONLINE オンライン開催 機械学習によるTwitter上のウワサ判別手法の考察
竹井拓実清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2020-39
SNSの投稿の中には「真偽が明確でない情報」,つまり 「不確実な情報」が多く含まれる.
この「不確実な情報」は,日本語... [more]
AI2020-39
pp.1-6
AI 2021-02-22
13:00
ONLINE オンライン開催 機械学習を用いた経営コンサルタントへの問合せデータの分析
小松碧乃清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2020-43
経営コンサルタントとは企業経営などについて相談を受け, 診断・助言・指導を行うことを職業としている専門家について指
す... [more]
AI2020-43
pp.24-29
NLC 2021-02-18
17:20
ONLINE オンライン開催 フェイクニュースの早期自動検出に向けたニュース記事コメント生成モデルの提案
栁 裕太折原良平田原康之清 雄一大須賀昭彦電通大NLC2020-30
悪意による虚偽の情報であるフェイクニュースが拡散され悪影響が広がっている. フェイクニュースに対し有識者の事実確認が行わ... [more] NLC2020-30
pp.43-48
AI 2021-01-27
13:30
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 短答式試験における自動採点のための概念辞書を用いたデータ拡張手法の提案
加藤博之九大)・石岡恒憲DNC)・峯 恒憲九大AI2020-15
自然言語処理に関する研究では,BERT をはじめとする大規模汎用言語モデルの登場によって,様々な種類のタスクにおいて処理... [more] AI2020-15
pp.7-12
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
14:50
ONLINE オンライン開催 学習係数付きソフトマックス関数による効率的な注意機構
廣田海斗東大)・大内真一産総研)・藤田昌宏東大VLD2020-48 CPSY2020-31 RECONF2020-67
BERTは発表当時に11種類の自然言語処理タスクで世界最高の成績を記録した深層学習モデルであり、今日も様々な応用が検討さ... [more] VLD2020-48 CPSY2020-31 RECONF2020-67
pp.52-57
IN 2021-01-19
10:30
ONLINE オンライン開催 発言者識別を用いた対話型キャラクタのセリフの違和感検出
森 康汰荒澤孔明服部 峻室蘭工大IN2020-50
近年,スマートフォンの普及に伴い若者を中心にソーシャルゲームが人気を集めている.そのソーシャルゲームの魅力として短いスパ... [more] IN2020-50
pp.38-42
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-03
11:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]知識ベースの自然言語処理への活用
山田育矢Studio OusiaNLC2020-19 SP2020-22
Wikipediaをはじめとする知識ベースは実世界についての豊富な情報を含む言語資源である.知識ベースをうまく活用するこ... [more] NLC2020-19 SP2020-22
p.33
KBSE, SC
(共催)
2020-11-13
15:22
ONLINE オンライン+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]事前学習モデルを用いた自動オントロジー生成
大庭淳史・○桑名絢士白 寅天会津大KBSE2020-22 SC2020-26
ニューラルネットワークを用いたオントロジー生成の初期の試みとして、最近Recurrent Neural Network(... [more] KBSE2020-22 SC2020-26
p.40
KBSE 2020-09-18
10:00
ONLINE オンライン開催 Web上のニュースソースのタイトル文による自動分類器の提案と検証
杉田卓斗松野 裕日大KBSE2020-1
近年,Web 上のニュースソースを収集し,提供するサービスの需要が拡大している.Web 上に存在す
るソースの全体数は... [more]
KBSE2020-1
pp.1-6
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
13:05
ONLINE オンライン開催 morfawk: 形態素パターンマッチング/処理言語
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一アイシン精機SS2020-4
自然言語で記述されるソフトウェア開発文書のレビューに要するコストを削減するべく自然言語処理の活用が期待されている。係り受... [more] SS2020-4
pp.19-24
SS 2020-03-05
14:45
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
形態素パターンマッチャ morfgrep とそのソフトウェア開発における応用
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一浅野雅樹アイシン精機SS2019-60
自然言語で記述される開発文書の品質保証はレビューに頼りがちであり,その工数の削減は容易ではなく,自然言語処理を用いた機械... [more] SS2019-60
pp.113-118
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
13:50
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
ニューラル機械翻訳モデルを用いた異なるアーキテクチャ間における類似バイナリコードの検索
青柳守俊辻 秀典橋本正樹情報セキュリティ大ICSS2019-75
バイナリコードの類似性比較は,バイナリコード解析や脆弱性検出,盗用コード検出等で重要な役割を持つ.しかし,バイナリコード... [more] ICSS2019-75
pp.43-48
NLC 2020-02-17
11:10
東京 成蹊大学 [チュートリアル招待講演]対話処理へのBERTの利用方法
光田 航NTTNLC2019-43
近年,自然言語処理では,転移学習という機械学習手法の有効性が多数報告されている.これは,大量のテキストデータを用いて事前... [more] NLC2019-43
p.37
MI 2020-01-29
10:15
沖縄 沖縄県青年会館 医用画像と放射線読影レポートを用いた大規模データベースにおける疾患分類と筋骨格解剖パラメータの解析
本田修平大竹義人奈良先端大)・高尾正樹阪大)・荒牧英治矢田竣太郎日朝祐太奈良先端大)・合田憲人佐藤真一NII)・西江昭弘九大)・菅野伸彦阪大)・佐藤嘉伸奈良先端大MI2019-69
近年,大規模な医用画像データベースが構築されるなどデータ駆動型の解析環境が整いつつある.これに伴い,我々の研究グループで... [more] MI2019-69
pp.19-22
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-04
10:25
東京 NHK放送技術研究所 メディアの特性によってニュース記事を分類する試み
関 喜史GunosyNLC2019-29
本稿ではメディアの特性を考慮したニュース記事の分類を行うことを目的として,大手新聞社とスポーツ紙・写真週刊誌の分類モデル... [more] NLC2019-29
pp.1-5
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-04
10:50
東京 NHK放送技術研究所 契約書テキストの特徴分析とその自動分類の試み ~ リーガルテックへの応用に向けて ~
藤井美娜岩城安浩GVA TECH)・加藤恒昭東大NLC2019-30
契約書の作成やレビューは専門的な知識を要するため,その関連業務には多くのコストと時間がかかり,一部業務の自動化が求められ... [more] NLC2019-30
pp.7-12
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-05
14:30
東京 NHK放送技術研究所 [依頼講演]国際会議EMNLP-IJCNLP2019参加報告
宮﨑太郎NHKNLC2019-35
2019年11月に香港で開催された自然言語処理分野のTop-Tierな学術会議であるEMNLP-IJCNLP 2019(... [more] NLC2019-35
p.117
 132件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会