電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-09-10
13:25
東京 工学院大学 がん患者を対象とした漫才ロボットによる笑いの実証実験
家根和希原口和貴甲南大)・佐藤 亮大阪国際がんセンター)・荒牧英治奈良先端大)・宮代 勲大阪国際がんセンター)・灘本明代甲南大DE2019-20
現在我々は,医療や福祉の現場で人に笑いを提供することを目的として
「漫才ロボット」の研究開発を行っている.漫才ロボット... [more]
DE2019-20
pp.29-34
RECONF 2019-05-09
13:25
東京 東工大蔵前会館 ステンシル計算を対象としたメモリアクセスを最適化するラインバッファ自動挿入手法の検討
谷川一哉石崎大智窪田昌史弘中哲夫広島市大RECONF2019-3
高位合成ツールはプログラム内に記述されたループを効率的にパイプライン化するために最先端のスケジューリングアルゴリズムを使... [more] RECONF2019-3
pp.11-16
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
10:45
東京 電気通信大学 局所領域ごとの字体特徴の分布に基づく手書き文字列と自動生成文字列の識別
濵﨑直紀中村和晃新田直子馬場口 登阪大BioX2018-32 PRMU2018-136
近年,個人の筆跡を模倣した文字列画像を自動生成する技術が発展している.この技術は文書偽造に悪用される危険性も想定されるこ... [more] BioX2018-32 PRMU2018-136
pp.19-24
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]プライバシーを考慮したサウンドスケープ自動生成システムの設計
苣木禎史千葉工大)・堀内俊治KDDI総合研究所EA2018-109 SIP2018-115 SP2018-71
音風景は人が聴覚を介して日常生活で触れているものであり,その重要性は自明である。
視覚情報である景観や物体の移動と聴覚... [more]
EA2018-109 SIP2018-115 SP2018-71
pp.61-64
SS 2019-03-04
13:55
沖縄 沖縄産業支援センター ウェブアプリケーション開発における要求獲得のためのテスト記述支援環境の提案
中地祥剛崔 恩瀞奈良先端大)・吉田則裕名大)・飯田 元奈良先端大SS2018-60
近年,ゲームやウェブサービスなどの開発現場では,厳密な要求仕様書が作成されずプランナー(プログラミング知識はないがソフト... [more] SS2018-60
pp.49-54
SS 2019-03-05
13:10
沖縄 沖縄産業支援センター テストスクリプト自動生成における適切な粒度の画面遷移テストの試み
倉林利行切貫弘之吉村 優安達 悠丹野治門NTTSS2018-75
Web アプリケーションのテストスクリプトの自動生成技術として,テスト対象をクローリングして得た仕様からテストをスクリプ... [more] SS2018-75
pp.139-144
ET 2018-12-08
11:00
新潟 長岡技術科学大学 個人適応型ヒント提示・誘導方式によるプログラミング演習授業の支援
鈴木孝幸野上裕二納富一宏神奈川工科大ET2018-67
初学者を対象としたプログラミング教育では,アルゴリズムの理解やプログラミング言語の文法の理解が必要となる.著者らは,コメ... [more] ET2018-67
pp.9-14
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2018-09-14
13:00
東京 東工大 大岡山キャンパス 日本語学習者会話データを用いた相互行為分析と対話破綻の傾向に関する一考察
太田博三放送大DE2018-9
最近,コールセンターなどへのチャットボットの導入が盛んになり,より正確で,破綻の少ない対話応答が求められている.一方,深... [more] DE2018-9
pp.1-6
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-06
13:10
東京 成蹊大学 日本語学習者会話データを用いた相互行為分析と対話破綻の分析に関する一考察 ~ 対話破綻検出や対話システムへの適用を目指して ~
太田博三放送大NLC2018-12
最近,人間に代わり企業へのチャットボットの導入が盛んである.しかしSeq2Seqの深層学習やword2vecなどの表現学... [more] NLC2018-12
pp.19-24
IA 2018-09-03
15:00
北海道 北海道大学学術交流会館 ソースコードからのネットワークログテンプレート自動生成に関する検討
山城裕陽東大)・小林 諭福田健介NII)・江崎 浩東大IA2018-18
システムログは稼働中のシステムを監視・記録し、管理するために広く用いられている。しかしながら、その記述法には画一的な取り... [more] IA2018-18
pp.15-22
TL 2018-03-19
09:40
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 朝日新聞記事におけるタイトルのパターン分析 ~ タイトルの自動生成に向けて ~
高津弘明早大/AIREV)・○森岡 幹AIREV)・林 佑磨伊藤裕太AIREV/明大TL2017-59
朝日新聞社が提供する記事データベース“聞蔵II”に収録されている新聞記事を対象に,固有表現や述語項構造に着目してタ... [more] TL2017-59
pp.1-6
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]自動生成型音響モデルに基づく室内環境音識別のための未知音源クラスタリングの性能評価
美島咲子若林佑幸福森隆寛井本桂右中山雅人西浦敬信立命館大EA2017-152 SIP2017-161 SP2017-135
近年,高齢者見守りサービスや安否確認システムの実現に向けて,日常生活で発生する環境音の利用が注目されている.従来より,環... [more] EA2017-152 SIP2017-161 SP2017-135
pp.277-280
SS 2018-03-06
16:00
沖縄 南大東島 既存コードの再利用によるユーティリティメソッドの自動生成
松本淳之介肥後芳樹下仲健斗楠本真二阪大SS2017-69
ユーティリティメソッドとは汎用的な処理をまとめたものであり,開発者がコーディングを行う際に頻繁に 利用するものである.ユ... [more] SS2017-69
pp.29-34
ET 2018-01-27
11:25
兵庫 神戸大学 問題の自動生成とバックトラック型学習支援手法に関する研究
儀保敬人花城涼太桃原岳史宮里智樹琉球大ET2017-81
近年,就職採用試験においてリクルートマネジメントソリューションズが提供するSPI総合検査(略:SPI)が広く利用されてい... [more] ET2017-81
pp.9-12
SS, MSS
(共催)
2018-01-18
11:05
広島 広島市立大学サテライトキャンパス ソースコードの「自然さ」を利用した自動生成ファイルの特定
土居真之肥後芳樹有馬 諒下仲健斗楠本真二阪大MSS2017-50 SS2017-37
近年,ソースコード解析に関する研究が盛んに行われている.ソースコードの解析において,解析対象のソースファイルの中には自動... [more] MSS2017-50 SS2017-37
pp.19-24
MoNA 2018-01-19
13:55
京都 キャンパスプラザ京都(京都市下京区) Generative Adversarial Networkによる生体データの自動生成とディープラーニング学習サンプルへの適用
高畑達也東京工科大)・堀江和正筑波大)・秋月百合熊本大)・生野壮一郎東京工科大MoNA2017-55
ディープラーニングは,高い学習性能・認識性能をもつ一方,学習用のサンプルデータを大量に必要とする.一方で体温や体調などの... [more] MoNA2017-55
pp.79-82
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2017-11-17
16:05
東京 日立中央研究所 カラーペトリネットに基づく最適資源割当て数理計画の自動生成
牛島涼介琉球大)・天願 健名桜大)・アンドレア ヴェロニカ ポルコ名嘉村盛和琉球大CAS2017-61 MSS2017-45
本稿では, カラー時間ペトリネットに基づく資源割当てを最適化する混合整数線形計画問題の自動生成の ための手法を提案... [more] CAS2017-61 MSS2017-45
pp.141-145
ICM 2017-07-07
13:30
北海道 函館商工会議所 システムコード自動生成機能の開発と評価
市川雄二郎保田淑子日立ICM2017-15
要件が未確定の状況下で反復的な改善が必要なデジタルソリューションにおけるシステム開発の迅速化に向け,システムコード自動生... [more] ICM2017-15
pp.61-66
AI 2017-02-27
14:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 非母語話者のための自動字幕表示手法に関する検討
曹 珣京大)・山下直美NTT)・石田 亨京大AI2016-37
これまでの研究により,自動音声認識技術によって生成された字幕(自動生成字幕)が非母語話者のリスニング能力を向上させること... [more] AI2016-37
pp.15-17
IN 2017-01-20
09:55
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス 現実世界と連動したローグライクゲームの自動生成のための地理的なリファレンス情報のWebからの抽出
中山主税榮田基希荒澤孔明服部 峻室蘭工大IN2016-93
位置情報ゲームとは,携帯端末の位置登録情報をゲームに利用したものであり,現実世界でモバイルユーザが移動する特徴から観光へ... [more] IN2016-93
pp.49-54
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会