電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 家電機器の連携時間を短縮する機器制御方式の検討
高田佳典樋口 毅三菱電機IN2017-106
ネットワーク機能を持つ家電機器が増えていくのに従い,家電機器を制御するシステムの構成は多様化する.現在のHEMSのように... [more] IN2017-106
pp.99-103
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
15:35
滋賀 彦根勤労福祉会館 通信網経由遠隔リアルタイム制御に対する伝送品質の影響度の実験的評価
葉玉寿弥後藤和正皆川昌樹長崎兼大中村僚兵防衛大CAS2016-134 CS2016-95
自動車の自動運転技術は実用化が近い.小型無人機についても,自動操縦を低コストで実現できれば,様々な分野への応用が期待でき... [more] CAS2016-134 CS2016-95
pp.111-116
NS, IN
(併催)
2015-03-03
16:20
沖縄 沖縄コンベンションセンタ マルチコントローラ環境における宅内機器制御方式の検討
高田佳典高橋大佑堀内栄一三菱電機IN2014-171
ネットワークにつながるスマート家電やウェアラブル機器などの宅内機器が普及してきているため,宅内機器を制御するコントローラ... [more] IN2014-171
pp.295-299
NS, IN
(併催)
2014-03-07
13:00
宮崎 宮崎シーガイア 宅内自動制御のためのアプリケーション処理優先制御方式の検討
高田佳典堀内栄一三菱電機IN2013-192
遠隔サーバから宅内機器に対して制御を行う宅内自動制御システムにおいて,異なるタイプの機器が同一のホームネットワークに混在... [more] IN2013-192
pp.287-291
IA 2013-10-22
13:20
東京 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール 神岡地下実験施設におけるネットワーク ~ KamLANDのネットワーク活用事例 ~
玉江京子東北大)・早戸良成東大IA2013-44
神岡地下実験施設は,岐阜県飛騨市に位置し,ニュートリノ・陽子崩壊等の観測を行うスーパーカミオカンデ,ニュートリノ観測や二... [more] IA2013-44
p.19
IA 2012-01-18
14:00
和歌山 和歌山市民会館(和歌山) トポロジーデータベースを利用したネットワークの自動設定変更
寺本泰大岡部寿男京大)・新 麗IIJイノベーションインスティテュートIA2011-58
ネットワークシステムに対する設定変更を行うためには、ネットワーク機器の種類やネットワークトポロジーなど、ネットワークシス... [more] IA2011-58
pp.21-26
IN 2011-10-21
11:25
大阪 大阪大学 ファイアウォールの自動制御に関する研究
西田 優小林孝史関西大IN2011-88
従来のシステムでは,管理者がIDSのログのチェックを行い,ファイアウォールに新たなルールを追加しているが,IDSのログが... [more] IN2011-88
pp.53-56
PRMU 2007-01-18
09:00
京都 ATR 複数のPTZカメラを用いた保育施設における複数ユーザの要求に応じた映像提示
大野純佳石川智也山澤一誠横矢直和奈良先端大
近年,自宅等から保育施設にいる子供の様子を見ることができるライブカメラサービスが普及している.この様なサービスではPTZ... [more] PRMU2006-184
pp.1-6
EA 2006-03-13
13:05
東京 機械振興会館(東京) [特別招待講演]音響分野への信号処理の導入
城戸健一
著者が50年余にわたって音響分野へのコンピュータ利用、なかんずく信号処理技術の導入を進めてきた動機と経緯を、ほぼ年代順に... [more] EA2005-109
pp.29-34
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会