電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-25
15:05
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) TMSによる言語野刺激における末梢神経のモデル化
酒井隆志名工大)・谷 恵介田中悟志浜松医科大)・平田晃正名工大EMCJ2019-65 MW2019-94 EST2019-73
近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁... [more] EMCJ2019-65 MW2019-94 EST2019-73
pp.163-168
EST, MW, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2018-07-19
14:55
北海道 洞爺観光ホテル 人体組織導電率異方性のTMS痛覚閾値探索に与える影響
酒井隆志ゴメスタメス ホセ伊藤孝弘平田晃正名工大EMT2018-16 MW2018-31 OPE2018-19 EST2018-14 MWP2018-15
近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁... [more] EMT2018-16 MW2018-31 OPE2018-19 EST2018-14 MWP2018-15
pp.53-58
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PN
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-25
15:40
兵庫 姫路西はりま地場産業センター TMSによる神経刺激のためのモデル構築
青沼新大酒井隆志名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大PN2017-64 EMT2017-101 OPE2017-142 LQE2017-124 EST2017-100 MWP2017-77
近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁... [more] PN2017-64 EMT2017-101 OPE2017-142 LQE2017-124 EST2017-100 MWP2017-77
pp.143-148
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
15:30
北海道 帯広商工会議所 TMSにおける刺激条件の差異による脳内誘導電界の検討
濱坂厚志ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
近年,医療分野において,脳を非侵襲的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁気刺激法)が... [more] EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
pp.41-44
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-21
13:55
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) TMSによる運動野の高分解能位置推定
青沼新大ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大)・高倉朋和田村 学村垣善浩東京女子医科大EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21
近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁... [more] EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21
pp.77-80
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会