お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2021-03-14
14:25
ONLINE オンライン開催 VLS-BERT:視覚・言語・主観的感覚からの終助詞の意味獲得
松島 茜岡 夏樹深田 智京都工繊大)・吉村優子金沢大)・川原功司名古屋外国語大TL2020-20
発語内行為(Austin 1962) のレベルでの発話の意味(質問,要求,あいさつ等)を理解することは,意図共有の第一歩... [more] TL2020-20
pp.12-17
HCS 2020-01-26
10:30
大分 J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) 対話行為を表す機能語の獲得 ~ 自動的な処理と意識的な処理を統合したモデルの構築 ~
松島 茜岡 夏樹深田 智京都工繊大)・吉村優子金沢大)・川原功司名古屋外国語大HCS2019-70
相手の発話の対話行為(質問,依頼,申し出,陳述のような発語内行為のレベルでの発話意図)を推測できることは,意図共有の第一... [more] HCS2019-70
pp.93-98
HCS 2018-01-26
15:00
鹿児島 第一工業大学 心的態度を表す機能語の段階的な獲得の計算モデル
金尻良介岡 夏樹深田 智田中一晶京都工繊大HCS2017-75
対話相手による足場がけを利用して、心的態度を表す終助詞の意味を段階的に獲得する計算モデルを提案する。ロボットは「リンゴだ... [more] HCS2017-75
pp.53-57
HCS 2017-01-27
16:20
福岡 なみきスクウェア 人とロボットのインタラクションを通した終助詞「ね」の意味獲得
服部侑介岡 夏樹深田 智京都工繊大HCS2016-72
我々は,人とロボットのインタラクションを通した終助詞「よ/ね/か」の意味獲得について実験的に検討してきたが,これまでの研... [more] HCS2016-72
pp.77-82
HCS 2017-01-27
16:40
福岡 なみきスクウェア 終助詞と名詞の意味獲得の計算モデルへの発話機能の導入
寺岡弘貴服部侑介岡 夏樹深田 智京都工繊大HCS2016-73
我々は人-ロボットインタラクションを通してロボットに終助詞の意味と名詞を同時に学習させる研究を行ってきたが、ロボット側は... [more] HCS2016-73
pp.83-88
HCS 2015-01-30
15:00
香川 ベイリゾート小豆島(香川県) [ポスター講演]終助詞のインタラクティブな意味獲得の計算モデル
服部侑介呉 霞深田 智尾関基行岡 夏樹京都工繊大HCS2014-81
ロボットによる言語獲得の研究は盛んであるが、終助詞の獲得はほとんど扱われてこなかった.
終助詞は日本語において話者の心... [more]
HCS2014-81
pp.49-54
HCS 2014-02-02
09:40
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 機能語や抽象語の意味表現とその獲得 ~ モジュール組換え演算に基づくモデル化の試み ~
岡 夏樹呉 霞神山 薫深田 智尾関基行京都工繊大HCS2013-87
機能語や抽象語は参照する具体物を持たない。これらの意味を計算機で表現し、ロボットに獲得させることを我々は目指している。本... [more] HCS2013-87
pp.101-106
TL 2013-08-03
14:30
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 韓国語ソウル方言における上昇下降音調の語用論的機能 ~ 日本語東京方言の終助詞「よ」との比較を通して ~
金 英周広島大TL2013-17
韓国語ソウル方言には,さまざまなタイプの文末(境界)音調があることが知られている(Jun, 2000; Park, 20... [more] TL2013-17
pp.19-24
SP 2012-11-08
14:00
宮城 東北工業大学 一番町ロビー 終助詞とその音調とによって聞き手に伝わる発話意図の分析
岩田和彦小林哲則早大SP2012-77
音声対話システムなどからの応答音声において様々な発話意図を聞き手に確実に伝える表現ができるようにすることを目指して,文末... [more] SP2012-77
pp.31-36
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会