お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2021-03-03
13:00
ONLINE オンライン開催 プログラム依存グラフに基づくSystematic Edit Patternを利用した自動プログラム修正
野田訓広横山晴樹菊池慎司富士通研SS2020-30
ソフトウェア開発では度重なる機能変更やバグ修正が発生する中で,プログラムコードに対し複数個所への類似する変更(syste... [more] SS2020-30
pp.13-18
KBSE 2019-03-01
14:10
京都 同志社大学寒梅館 プログラミング過程の可視化ツールによる学習者の傾向分析
髙山源貴橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大KBSE2018-56
近年,教育におけるビッグデータ活用としてLearning Analytics (LA)が注目されている.LAは利用履歴を... [more] KBSE2018-56
pp.13-18
KBSE 2018-05-25
13:50
東京 機械振興会館 ウェブ上での細粒度履歴を用いたプログラミング過程の再現ツール
髙山源貴橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大KBSE2018-4
ソフトウェア開発は複数人によるプロジェクトを組んで行われる.開発が終了するとプロジェクトは 解散してしまうため,保守や改... [more] KBSE2018-4
pp.13-18
KBSE 2017-11-11
10:30
静岡 熱海第一ビル5階C会議室 細粒度履歴を用いたプログラムの変更の方略推測支援ツール
髙山源貴山田善隆橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大KBSE2017-29
ソフトウェア開発は複数人によるプロジェクトを組んで行われる.開発が終了するとプロジェクトは解散してしまうため,保守や改良... [more] KBSE2017-29
pp.19-24
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
11:00
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 ハッシュ値を用いた軽量追跡ツール
権藤克彦荒堀喜貴東工大)・山本晃治福寄雅洋梅川竜一富士通研MSS2016-59 SS2016-38
ソフトウェア開発保守では例えば「何を根拠にしてコードを書いたのか」を保守時に確認するために追跡性の確保が重要である.これ... [more] MSS2016-59 SS2016-38
pp.13-18
IA 2016-11-09
16:40
北海道 大沼国際セミナーハウス ソフトウェアルータにおける細粒度の帯域制御
桑原貴明小谷大祐岡部寿男京大IA2016-60
ネットワーク上の経路であるルータで細かい条件で帯域制御を行うことは,公平な帯域の利用を実現する手段の一つである.従来のハ... [more] IA2016-60
pp.23-28
KBSE 2016-03-04
10:00
大分 由布市湯布院公民館 細粒度履歴情報と講義のコンテクストを活用したプログラミング学習支援環境
橋浦弘明日本工大)・森 一樹芝浦工大)・田中昂文櫨山淳雄学芸大)・古宮誠一NIIKBSE2015-60
ソフトウェア技術者教育の基幹であるプログラミング演習では,教授者が始めに文法やアルゴリズム等の解説を行い,その知識を用い... [more] KBSE2015-60
pp.69-74
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-02
16:20
長崎 長崎県勤労福祉会館 細粒度パワーゲーティングにおける仮想グランド線自動検知によるスリープ制御手法の評価
工藤 優宇佐美公良芝浦工大VLD2015-57 DC2015-53
本稿では細粒度パワーゲーティングにおけるリークモニタ回路を用いたスリープ制御手法について議論する。この手法はパワースイッ... [more] VLD2015-57 DC2015-53
pp.129-134
KBSE 2015-03-05
13:00
東京 電通大(調布, 東3号館) クラス図作成演習における学習者の編集過程の細粒度分析
田中昂文学芸大)・橋浦弘明日本工大)・櫨山淳雄学芸大)・古宮誠一NIIKBSE2014-54
ソフトウェア開発者にとって,解決すべき問題の本質を把握したり抽象化したりするモデリングの能力は重要であると言われている.... [more] KBSE2014-54
pp.13-18
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-29
15:15
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 差分を用いた不揮発メモリの書込み回数削減による低電力回路設計
篠原寛行柳澤政生木村晋二早大VLD2013-130 CPSY2013-101 RECONF2013-84
LSI の低消費電力化のために,モジュール毎の細やかな電源オフは欠かせない.
それと同時に,電源復帰後も動作の継続性を... [more]
VLD2013-130 CPSY2013-101 RECONF2013-84
pp.167-172
IN, IA
(併催)
2013-12-19
13:25
広島 広島市立大学 省電力型ルーティングテーブルと評価プラットフォームに関する研究
岡本拓巳中野啓太井上一成奈良高専IA2013-58
社会基盤の高度情報化とともに,ICT機器の高性能・高集積化は継続的な技術課題である.同時にルータをはじめとする機器のエネ... [more] IA2013-58
pp.7-12
SS 2013-05-09
16:20
香川 香川大学(幸町) 構文情報を付加したリポジトリによるメソッド抽出リファクタリングの検出
藤原賢二吉田則裕飯田 元奈良先端大SS2013-4
近年,ソフトウェア開発履歴を分析することでリファクタリングが品質に与える影響を明らかにすることを目的とした研究が多数実施... [more] SS2013-4
pp.19-24
VLD 2013-03-06
10:55
沖縄 沖縄県青年会館 細粒度パワーゲーティングにおけるスリープ制御回路の消費電力低減化手法の検討と評価
鶴井敬大宇佐美公良橋田達徳武藤徹也島田祐樹芝浦工大VLD2012-155
電源遮断を行うことでリーク電力を低減する細粒度パワーゲーティングをより効率的に行うためには、複雑なスリープ制御方式を使用... [more] VLD2012-155
pp.105-110
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-28
13:50
福岡 九州大学百年講堂 仮想グランド線電圧の自動検出による細粒度パワーゲーティング制御
工藤 優宇佐美公良芝浦工大VLD2012-98 DC2012-64
本稿では、リーク電流による仮想グランド線のチャージアップ現象を利用した遅延素子を用いた細粒度パワーゲーティングへのスリー... [more] VLD2012-98 DC2012-64
pp.225-230
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-30
11:20
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 トランジェントグリッチエネルギーを低減するパワーゲーティングの回路方式の検討
太田雄也工藤 優宇佐美公良芝浦工大VLD2011-90 DC2011-66
論理セル単位でパワーゲーティング(Power Gating,以下PG)を行う細粒度PGでは、スリープ状態への移行時と復帰... [more] VLD2011-90 DC2011-66
pp.221-226
IPSJ-SLDM, VLD
(連催)
2011-05-19
09:55
福岡 北九州国際会議場 論理素子の制御値に基づく多段のパワーゲーティング
金 予木村晋二早大VLD2011-7
本稿では、論理素子の制御値に基づく超細粒度パワーゲーティングの多段化手法を提案する。本パワーゲーティング手法は、論理素子... [more] VLD2011-7
pp.33-38
VLD 2011-03-02
15:30
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 細粒度パワーゲーティングにおける履歴に基づいたスリープ制御方式の検討と評価
武藤徹也宇佐美公良芝浦工大VLD2010-121
電源遮断を行うことでリーク電力を低減する細粒度パワーゲーティングでは、低電力効果が表れる最少スリープ時間である損益分岐点... [more] VLD2010-121
pp.31-36
SS 2010-12-14
14:40
群馬 伊香保温泉 ホテル天坊 メソッドに対するコメント文記述の変更履歴とメソッドの不具合との関係に関する実証的考察
畑 秀明阪大)・水野 修京都工繊大)・菊野 亨阪大SS2010-41
コメント文はソースコードの理解を助ける働きが期待されるが,
不適切なコメント文は不具合の要因となる可能性がある.
ソ... [more]
SS2010-41
pp.13-18
ICD, SDM
(共催)
2010-08-26
13:25
北海道 札幌エルプラザ内男女共同参画センター エネルギー収支からみた細粒度電源制御技術の設計制約 ~ Power Gating編 ~
井上淳樹富士通研SDM2010-132 ICD2010-47
電源電圧制御技術を使った低消費電力LSIが、設計環境の整備によって汎用プロセッサだけでなく、ASICにも応用の広がりを見... [more] SDM2010-132 ICD2010-47
pp.45-49
ICD, SDM
(共催)
2010-08-26
13:50
北海道 札幌エルプラザ内男女共同参画センター エネルギー収支からみた細粒度電源制御技術の設計制約 ~ DVFS編 ~
井上淳樹富士通研SDM2010-133 ICD2010-48
電源電圧制御技術を使った低消費電力LSIが、設計環境の整備によって汎用プロセッサだけでなく、ASICにも応用の広がりを見... [more] SDM2010-133 ICD2010-48
pp.51-54
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会