お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE 2019-12-06
13:25
神奈川 神奈川大学(横浜キャンパス) 2つの確率モデルの組み合わせによるMulti-Label Learningの解釈について ~ ラベルを教師データとみなし、評価テクストを解釈するアプローチ ~
紅林宏祐森住哲也木下宏揚神奈川大SITE2019-81
我々は既にAIアーキテクチャを三層とする構造によるセキュリティモデルについて提案した。しかし、人間の定めたセキュリティポ... [more] SITE2019-81
pp.7-12
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:30
高知 高知工科大学 Boid的アノーテーションとLabeled-LDAによる家族的類似の推論規則生成 ~ 推論攻撃分析とcovert channel攻撃分析を統合する機械学習的アプローチ ~
紅林宏祐森住哲也木下宏揚神奈川大ISEC2019-42 SITE2019-36 BioX2019-34 HWS2019-37 ICSS2019-40 EMM2019-45
「推論攻撃とcovert channelを推論する規則」に類似する単語の類似的連鎖(Similar chain of w... [more] ISEC2019-42 SITE2019-36 BioX2019-34 HWS2019-37 ICSS2019-40 EMM2019-45
pp.243-249
IA, IN
(併催)
2018-12-14
09:45
広島 広島大学 東千田未来創生センター キーワード検索で収集されるTwitterデータの特徴とTwitter上の情報拡散過程
塩田茂雄南川雅人中島圭佑千葉大IN2018-64
本稿では,Twitter APIを通してキーワード検索により収集したツイートデータを分析し,(1)現実の事象に関するキー... [more] IN2018-64
pp.31-36
NLP 2018-04-26
10:20
熊本 熊本大学 格子上をランダムウォークする粒子による量子系のモデル化と3端子量子波フィルタのモデル例
早川翔大藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2018-1
単電子トランジスタ,共鳴トンネルダイオード,量子波干渉トランジスタ,など多くの量子効果デバイスは量子ポテンシャル系である... [more] NLP2018-1
pp.1-4
MBE, NC
(併催)
2017-11-24
16:50
宮城 東北大学 非負カーネル平滑化による連続潜在変数モデルの試み
石橋英朗九工大)・岩崎 亘カラクル)・渡辺龍二古川徹生九工大NC2017-32
連続潜在変数モデルは次元削減法の一種であり,高次元データから低次元の潜在変数を推定するとともに,データが分布する多様体を... [more] NC2017-32
pp.29-34
NLP 2016-07-22
11:25
北海道 北海道大学 百年記念会館 ナノカーボン電子の確率流に基づく軌道サンプル計算
濱田翔平川根愛子・○藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2016-43
グラフェンや特定の円周および円筒軸方向をもつカーボンナノチューブにおける電子はディラック型波動方程式により記述される.こ... [more] NLP2016-43
pp.51-54
SIP 2015-08-19
14:00
東京 国立情報学研究所 医用ディジタル画像における量子雑音の確率モデル
山田 功岐阜高専SIP2015-51
本報告では,理想化した医用FPDにおける量子雑音の1次元確率モデルを提案する.
提案モデルを用いることで量子雑音の自己... [more]
SIP2015-51
pp.1-5
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
15:10
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス オートマトンを用いた2次元の反辞書符号化法の検討
太田隆博長野県工科短大)・森田啓義電通大IT2014-78 ISEC2014-91 WBS2014-70
1 次元の入力系列に対する反辞書は,入力系列に現れない極小長の系列の集まりであり,これを用いた符号化法(反辞書符号化法)... [more] IT2014-78 ISEC2014-91 WBS2014-70
pp.103-109
R 2014-11-20
13:45
大阪 大阪中央電気倶楽部 マルコフ連鎖モデルによる半導体素子劣化・寿命予測
桃田 快遠藤幸一御堂義博三浦克介中前幸治阪大R2014-61
個別の半導体デバイスの使用経過時間中の特性がモニターできる仮定の下で,得られた特性からデバイスの劣化・寿命を予測する手法... [more] R2014-61
pp.1-5
R 2014-08-01
17:10
北海道 スマイルホテル函館 定期的インクリメンタルガベージコレクションの最適方策
中村正治金城学院大)・趙 旭峰中川覃夫愛知工大R2014-22
ガベージコレクション(GC)は,メモリ領域でプログラムが使用し不要となったオブジェクトを自動的に回収して,ほかのプログラ... [more] R2014-22
pp.49-52
ET 2014-06-14
10:55
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) eラーニングにおける推移確率行列を用いた能力測定の確率モデル
中村正治金城学院大)・中川覃夫愛知工大)・近藤 仁南山大ET2014-10
e-learningにおいては,学習者の能力測定にはテストが使われている.学習者が当該の履修項目を修得しているかは,テス... [more] ET2014-10
pp.13-16
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 相互依存確率モデルを用いた麻雀の行動戦略に関する研究
高橋翔悟六井 淳島根大
情報ゲーム問題は、完全情報ゲームや不完全情報ゲームに大別される。その中でも麻雀は4人不完全情報ゲームに分類される。麻雀に... [more]
R 2013-05-17
16:00
広島 グリーンヒルホテル尾道 最適分散サーバ数の確率モデル
中村正治金城学院大)・趙 旭峰中川覃夫愛知工大R2013-12
コンピュータ処理における分散処理では,処理をどの程度に負荷分散したら良いかが重要な問題である.特に近年のクラウドコンピュ... [more] R2013-12
pp.67-69
VLD 2013-03-06
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 確率的動作モデルを用いたオシレータベース真性乱数生成回路のワーストケース設計手法
天木健彦橋本昌宜阪大)・密山幸男高知工科大)・尾上孝雄阪大VLD2012-154
本稿は,決定性雑音にロバストなオシレータベース真性乱数生成回路(TRNG, True random number gen... [more] VLD2012-154
pp.99-104
NC, NLP
(共催)
2013-01-24
13:30
北海道 北海道大学百年記念会館 都市における居住者の確率流と住宅市場の自己組織化
菱川隆夫井上純一北大NLP2012-113 NC2012-103
都市居住者のミクロな賃貸住宅物件契約行動に基づく賃貸住宅市場のマクロな振る舞い
を定量的に解析するための確率モデルを提... [more]
NLP2012-113 NC2012-103
pp.55-60
NLP 2012-04-20
09:20
三重 いせシティプラザ 確率的労働市場における求職者スコアに基づくジョブマッチング ~ 内定数格差の創発 ~
陳 鶴井上純一北大NLP2012-11
格差とその世代をまたいだ伝播 --- 親が低所得であれば子も低所得等 ---
は近年憂慮される我が国の社会問題である... [more]
NLP2012-11
pp.55-60
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
11:10
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 会話時の眼球の跳躍運動と固視微動の分析及び合成手法の提案
岩尾知頼三間大輔久保尋之前島謙宜森島繁生早大PRMU2011-170 MVE2011-79
コンピュータグラフィクスで人間の動作を自然に表現するためには眼球運動をリアルに再現することが非常に重要である。本研究では... [more] PRMU2011-170 MVE2011-79
pp.239-244
NLP 2011-12-15
13:25
青森 弘前大学創立50周年記念会館 確率的労働市場の非線形性と動的振る舞い
陳 鶴井上純一北大NLP2011-118
我が国の大卒労働市場におけるジョブマッチング・プロセスを解析するため, 統計力学の概念を用いた確率モデルを提案し,
... [more]
NLP2011-118
pp.7-12
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2011-11-11
10:15
福岡 九州工業大学 飯塚キャンパス 多峰性確率モデルを用いた動ベクトルの算術符号化に関する基礎検討
伊藤祐也青森 久松田一朗伊東 晋東京理科大IE2011-80
近年の動画像符号化方式では,動き補償予測の技術が高度に発達しており,それに伴って動ベクトル情報の効率的な符号化手法が課題... [more] IE2011-80
pp.19-24
IBISML 2011-11-09
15:45
奈良 奈良女子大学 サンプル間の相関を考慮した主成分分析とカーネル関数による共分散行列の推定
林 浩平奈良先端大)・川喜田雅則九大)・池田和司奈良先端大IBISML2011-50
主成分分析(PCA)は次元削減法の一種であり,特徴抽出,視覚化など様々な用途に用いられる.しかしながら,PCAの確率的解... [more] IBISML2011-50
pp.57-60
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会