お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-02
15:50
ONLINE オンライン開催 音声の基本周波数の周波数変調に対するピッチ抽出法の線形・非線形・ランダム応答の同時測定について ~ 拡張された時間伸長パルス系列の直交化の応用 ~
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・矢田部浩平早大)・北村達也甲南大)・坂野秀樹名城大)・森勢将雅明大NLC2021-23 SP2021-44
様々な音声のピッチ抽出法を、システムの多数の属性を同時測定する方法を用いて測定した。ここでは、音声の基本周波数の変周波数... [more] NLC2021-23 SP2021-44
pp.27-32
EMM, EA, ASJ-H
(共催)
2021-11-16
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]サイドローブの無い窓を用いた分析に基づくEGG音声データベースの対話的可視化について
河原英紀和歌山大)・矢田部浩平早大)・榊原健一北海道医療大)・北村達也甲南大)・坂野秀樹名城大)・森勢将雅明大EA2021-48 EMM2021-75
音声信号の周期性に関連する属性の定量的な測定に用いるために、サイドローブの無い窓関数を用いた三種類の方法を検討した。それ... [more] EA2021-48 EMM2021-75
pp.120-127
EA, ASJ-H
(共催)
2020-08-07
13:00
ONLINE オンライン開催 音響インパルス応答の位相補償への滑らかな局所的位相操作関数の応用について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・水町光徳九工大)・森勢雅将明大)・坂野秀樹名城大EA2020-14
不用意な局所的位相操作は、時間領域での波形の広がりとなる。ここでは、高次導関数まで滑らかな局所的位相操作関数を用いること... [more] EA2020-14
pp.1-8
SIP 2019-08-30
10:00
東京 東京理科大学 葛飾キャンパス講義棟304 ノッチフィルタを用いた有限次数ヒルベルト変換器による瞬時周波数推定の高精度化
高尾圭祐名取隆廣相川直幸東京理科大SIP2019-45
周波数推定はレーダーや通信,音声,医学など広い分野で使われている.その手法の1つとして,瞬時周波数を用いるものが挙げられ... [more] SIP2019-45
pp.31-34
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
14:00
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 短時間正弦波パラメータ推定に基づく時間周波数解析: ~ 線形周波数構造とウエーブレット構造の統一的実現と楽音・音声への適用 ~
安藤 繁東大EA2019-17
時間周波数領域は,変動する多数の正弦波からなる音響信号を解析する実用的かつ理論的な基盤である。本報告では,発表者らによる... [more] EA2019-17
pp.87-92
SIP, MI, IE
(共催)
2019-05-23
14:15
愛知 名古屋工業大学 ウエーブレット構造に基づく厳密短時間正弦波パラメータ推定
安藤 繁東大SIP2019-4 IE2019-4 MI2019-4
本報告では,複数の正弦波が混合した波形データから正弦波や減衰正弦波を要素波形として分離し,その周波数と振幅と位相とその時... [more] SIP2019-4 IE2019-4 MI2019-4
pp.19-24
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech -- Practical substitute of Flanagan's equation --
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Science Univ.)・Hideki BannoMeijyo Univ.)・Masanori MoriseUniv. YamanashiEA2018-63 EMM2018-63
瞬時周波数と群遅延は,それぞれ位相の時間微分と周波数微分として定義されており,そのままでは,逆三角関数や位相のunwra... [more] EA2018-63 EMM2018-63
pp.1-5
SP 2018-08-27
11:00
京都 京都大学 余弦級数包絡の複素wavelet分析に基づく簡易なGCI, GOIの検出法について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大SP2018-22
信号の位相の分析を目的に設計した余弦級数を包絡とする解析信号をマザーウェーブレットとする複素 analysis wave... [more] SP2018-22
pp.1-5
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]局所線形化線形予測法の耐ノイズ特性評価
石山文彦NTTEA2017-123 SIP2017-132 SP2017-106
我々は、通信施設における電磁ノイズ対策を研究対象としており、線形予測法をベースとした電磁ノイズ源の特徴抽出技術の検討に取... [more] EA2017-123 SIP2017-132 SP2017-106
pp.127-132
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-21
12:50
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター [ポスター講演]音源の周期性を表す指標の実時間分析と表示について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大SP2017-59
有声音の駆動音源は厳密には周期的ではない。
分析合成系や発声訓練への応用を想定して、
この周期性からの逸脱を実時間で... [more]
SP2017-59
pp.21-22
WIT, SP
(共催)
2017-10-19
13:00
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) 電磁ノイズのホルマント解析とその応用解析
石山文彦NTTSP2017-34 WIT2017-30
我々は、通信施設における電磁ノイズ対策を研究対象としており、電磁ノイズ源を切り分けるための特徴抽出技術の検討に取り組んで... [more] SP2017-34 WIT2017-30
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-20
15:00
北海道 北海道大学 [招待講演]VOCODER再訪 ~ なぜ元の音声の位相を保存したくないのか ~
河原英紀和歌山大EA2017-4
およそ80年前に発明された音声分析(変換)合成システムであるVOCODERは、音声の理解と応用に強力な基盤を提供してきた... [more] EA2017-4
pp.21-26
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
10:05
大分 コンパルホール (大分) 首都圏における同時多点電源周波数変動観測に基づく観測地点の推定
西村 明東京情報大EA2016-58 EMM2016-64
本報告は、首都圏内7箇所で商用電源の瞬時周波数(ENF)を解析信号を用いて
求め、それらの変動の類似度と6箇所の位... [more]
EA2016-58 EMM2016-64
pp.61-66
MBE, BioX, NC
(共催)
2016-10-22
13:45
大阪 大阪電気通信大学 音楽聴取時における脳波の瞬時周波数の個人差
堀江亮太芝浦工大)・武 祥行HASBioX2016-25 MBE2016-39 NC2016-24
短い音楽聴取時の脳波において個人差を表す特徴量を調べた.曲の進行を反映した脳波の変化を時間で積算した特徴量として,各電極... [more] BioX2016-25 MBE2016-39 NC2016-24
pp.45-50
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-24
09:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア [招待講演]周期信号の静的表現に基づく音声処理
河原英紀和歌山大
局所的には周期的があるように見える信号は、音声や楽器音などの重要な部分を占めている。それらの信 号の性質は時間とともに変... [more] SP2014-87
pp.65-70
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-10
09:30
北海道 北海道大学 周期信号の群遅延の静的な表現について
河原英紀和歌山大CAS2014-21 VLD2014-30 SIP2014-42 MSS2014-21 SIS2014-21
短時間Fourier変換では、用いる窓関数と分析対象の信号の相対位相に依存して、分析結果として求められるパワースペクトル... [more] CAS2014-21 VLD2014-30 SIP2014-42 MSS2014-21 SIS2014-21
pp.105-110
ICD, ITE-IST
(連催)
2014-07-03
10:00
島根 出雲市(島根県) TDCを用いた瞬時周波数検出回路
平井暁人堤 恒次谷口英司三菱電機ICD2014-19
近年,遅延線を用いない方式の一つとして,周波数カウンタによる瞬時周波数検出方式が提案されている.本稿では,TDC(Tim... [more] ICD2014-19
pp.1-6
EA 2012-07-19
13:30
北海道 北海道医療大学 周期信号の群遅延の安定な表現について
河原英紀和歌山大)・森勢将雅立命館大)・西村竜一入野俊夫和歌山大EA2012-45
位相の時間微分および周波数微分としてそれぞれ定義される瞬時周波数と群遅延は,位相そのものよりも物理的な意味を理解し易く,... [more] EA2012-45
pp.1-6
EA, SP, SIP
(共催)
2012-05-24
13:45
大阪 大阪大学中之島センター 2周波数混合波形による瞬時周波数計測の精度評価 ~ FFTを使用しない瞬時周波数計測 ~
西江純教赤木正人北陸先端大EA2012-8 SIP2012-8 SP2012-8
筆者らは PRIMO(Primary Rotation and Instantaneous Movement Obser... [more] EA2012-8 SIP2012-8 SP2012-8
pp.41-46
SP 2010-11-18
17:00
愛知 愛知県立大学 周期信号における時間的変動の影響を受けない位相関連情報の表現について
河原英紀和歌山大)・森勢将雅立命館大)・入野俊夫和歌山大SP2010-77
基本周期の1/2の間隔を隔てた二つの時間窓を用いて、短時間Fourier変換により求められる二つのパワースペクトルの平均... [more] SP2010-77
pp.47-51
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会