電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 128件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
16:50
沖縄 琉球大学医学部 能動・受動自己運動時の身体近傍空間
黒田尚輝寺本 渉熊本大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
LOIS, ICM
(共催)
2020-01-09
- 2020-01-10
長崎 アルカスSASEBO(佐世保市) ビデオ講義を対象とした協同学習における学習者の動作の分析 (第4報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ICM2019-30 LOIS2019-45
本報告では,ビデオ講義を受講した学習者による協同学習 (教え合い) を対象として,学習者の動作における相互作用のモデリン... [more] ICM2019-30 LOIS2019-45
pp.1-6
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
10:00
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第4報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大)・浜野裕希トワール)・吉田賢史早大高等学院CAS2019-44 MSS2019-23
筆者等は,板書を用いた講義を対象として,画像処理により検出した講師および受講者の顔領域の大きさを,動作に対する特徴量とし... [more] CAS2019-44 MSS2019-23
pp.1-6
HIP 2019-10-30
15:00
京都 京都テルサ 周辺視野の垂直視差が中心視野の水平視差による奥行き弁別閾値に与える影響
劉 勁冬久方瑠美金子寛彦東工大HIP2019-51
本研究の目的は、視野周辺の垂直視差情報が、視野中心の水平視差弁別閾値に与える影響を明らかにすることである.刺激は水平方向... [more] HIP2019-51
pp.21-23
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2019-10-18
14:00
福岡 九州大学 (西新プラザ) 層間結合した強磁性多層膜における非線形スピンダイナミクスの観測
屋冨祖 稔宮崎圭司木村 崇九大MRIS2019-36
複数の磁性層を持つ磁性多層膜において、マイクロ波を照射すると、各磁性層の共鳴状態に対応した磁化の歳差運動が励起される。こ... [more] MRIS2019-36
pp.117-118
TL 2019-07-14
13:45
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスの構築
谷村 緑京都外国語大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大TL2019-7
本論文では,母語を利用できない目的指向の会話の中で,外国語をどのように運用すれば目的遂行に寄与するかを調査するための言語... [more] TL2019-7
pp.37-42
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
14:30
沖縄 沖縄県青年会館 無線カオス発振型チップ・パッケージ・ボード相互作用PUF統合回路設計手法とその評価
高橋雅典永田 真三浦典之神戸大VLD2018-130 HWS2018-93
ICチップのみならずパッケージとボードを含む模造品対策技術として、無線結合と相性の良いカオス発振を利用したチップ・パッケ... [more] VLD2018-130 HWS2018-93
pp.223-224
OME 2019-02-15
14:00
沖縄 沖縄青年会館 耐久性の高いグラフェン微小電極の製造を可能にする表面処理方法
上野祐子NTT)・傳刀賢二本間幸英古川一暁明星大OME2018-47
私たちは,グラフェン微小電極を用いた電気化学バイオセンシングを目的として,単層または多層膜から成るグラフェンくし形電極の... [more] OME2018-47
pp.5-8
ET 2018-12-08
10:35
新潟 長岡技術科学大学 人工学級ゲームを用いたプレイヤへの付和雷同行動がもたらす影響
石田勇翼佐々木秀麻前田義信新潟大ET2018-66
我々は,学校いじめ問題対策を考慮した人工学級ゲームの開発を試みている.人工学級ゲームでは,ヒトがプレイヤとしてエージェン... [more] ET2018-66
pp.5-8
ET 2018-10-20
15:50
福岡 福岡工業大学 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大)・浜野裕希トワール)・吉田賢史早大高等学院ET2018-51
既発表では,板書を用いた講義を対象として,講師の動作と個々の受講者の動作における相互作用のモデリング手法,両者の相互相関... [more] ET2018-51
pp.77-82
HCS 2018-08-26
14:45
大阪 関西学院大学・大阪梅田キャンパス 否定的心情が集団現象における社会測定的地位に与える影響 ~ Heiderバランス原理による相互作用モデルを用いて ~
水谷聡秀関西大HCS2018-35
小集団においてHeiderのバランス原理のみが行為者間の心情に働くモデルを用いて,全体的な否定的心情の数と入出次数から社... [more] HCS2018-35
pp.19-24
CQ 2018-07-19
14:25
宮城 東北大学 2種類のネットワークの相互作用を考慮したカスケード故障の被災規模分析
山下尋志林 正博東京都市大CQ2018-32
本論文では,相互依存関係にある2種類のネットワークでのカスケード故障対策の効果を評価するための評価尺度として通信量残存率... [more] CQ2018-32
pp.7-12
NLP, CCS
(共催)
2018-06-08
13:25
京都 京都テルサ 鞭毛の流体力学的同期現象に対する位相縮約によるアプローチ
河村洋史椿 玲未海洋研究開発機構NLP2018-35 CCS2018-8
鞭毛の振動運動に対する位相縮約法を定式化する.この手法は無限次元力学系におけるリミット・サイクル解,すなわち,鞭毛の振動... [more] NLP2018-35 CCS2018-8
pp.41-44
NLP, CCS
(共催)
2018-06-08
13:50
京都 京都テルサ 音源-フィルタ相互作用の声帯物理モデルに及ぼす非線形効果
徳田 功右松希心立命館大NLP2018-36 CCS2018-9
人の発声において、声帯の基本振動数と声道の共鳴周波数が近づいたとき、声帯と声道の間に強い非線形相互作用が見られる。例えば... [more] NLP2018-36 CCS2018-9
pp.45-49
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-06-07
14:15
宮城 東北大学 MAMRにおけるSTO最適化に及ぼすSIL磁気設計の影響
田河育也東北工大MRIS2018-3
STOから発生するマイクロ波アシスト磁場(MA磁場)の最大化を目標として、マイクロマグネティックスシミュレーションにより... [more] MRIS2018-3
pp.13-17
CCS 2017-11-09
16:00
大阪 大阪大学 振動対流の相互同期とその最適化
河村洋史海洋研究開発機構)・中尾裕也東工大CCS2017-26
振動対流状態にあるHele-Shaw セルの相互同期を研究する.振動対流の位相縮約法を用いて,振動対流が相互作用により同... [more] CCS2017-26
pp.29-34
ET 2017-09-09
14:25
広島 広島大学附属福山中・高等学校 講義における講師と受講者の相互作用の分析
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大ET2017-36
本報告では,講義における講師と受講者の相互作用を分析するための手法を提案する.まず,両者の顔の動きに基づいた動作の検出手... [more] ET2017-36
pp.29-34
ED 2017-08-09
13:30
東京 機械振興会館 高次ナノ構造体を用いた表面増強ラマン散乱による分子センシングシステム
山口明啓福岡隆夫内海裕一兵庫県立大ED2017-27
ユビキタス分子センシング・ネットワークの形成は,医療や環境分析現場における分子レベルでの分析だけではなく,社会インフラと... [more] ED2017-27
pp.1-4
MVE, ITE-HI
(連催)
2017-06-01
10:00
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 視触覚間相互作用を用いた疑似上昇感覚提示の基礎検討
長尾涼平松本啓吾鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2017-3
本稿では,平面を歩行するユーザに対して階段を歩行する映像を提示するとともに, その映像に対応した段差の縁に相当する触覚刺... [more] MVE2017-3
pp.13-16
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-16
17:35
沖縄 沖縄産業支援センター 視知覚位置獲得技術のためのリーチング動作・ヒッティング動作弁別
小澤大海海野 浩神奈川工科大)・鈴木雅洋常磐大)・上平員丈神奈川工科大HCS2017-25 HIP2017-25
筆者らが以前に提案した視知覚位置を獲得する技術のために,リーチング動作とヒッティング動作との弁別を検討した.本技術では,... [more] HCS2017-25 HIP2017-25
pp.169-172
 128件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会