お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
10:20
宮城 東北大学 非線形回路の直流動作点解析のための効率的な可変利得ホモトピー法
山村清隆島田 巧中大CAS2018-51 NLP2018-86
回路シミュレーションにおける直流動作点解析の非収束問題を理論面・実用面の両方から解決する方法として,ホモトピー法に関する... [more] CAS2018-51 NLP2018-86
pp.75-79
NLP 2009-12-21
16:40
岩手 つなぎ温泉 清温荘 可変利得ニュートンホモトピー法を用いたMOSトランジスタ回路の直流動作点解析
小山裕大戸野倉 充山村清隆中大NLP2009-137
大規模集積回路の直流動作点解析における「非収束問題」を理論面・実用面の両方から解決する方法として,ホモトピー法に関する研... [more] NLP2009-137
pp.59-64
NLP, CAS
(共催)
2006-10-04
14:05
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス A SPICE-Oriented Method for Finding DC Operating Points of Nonlinear Circuits Containing Piecewise-Linear Macromodels
Wataru KurokiKiyotaka YamamuraChuo Univ.
近年,非線形回路の全解探索法に関する研究が飛躍的な発展を遂げ,その結果,「よく使う部分回路」を簡単なマクロモデルにより高... [more] CAS2006-25 NLP2006-48
pp.25-30
NLP 2005-03-26
11:00
東京 東京大学(本郷,山上会館) An Efficient Homotopy Method for Solving Nonlinear Circuits
Kiyotaka Yamamura・○Naoki SuzukiYu ImaiChuo Univ.)・Yasuaki InoueWaseda Univ.
非線形回路の直流動作点を確実に求めるための非常に効率的なホモトピー法を提案する.この方法は従来のホモトピー法と比べてあら... [more] NLP2004-128
pp.19-24
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会