電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2015-10-30
14:30
大阪 大阪工業大うめきたナレッジセンター 検出信号の振幅情報を用いる航跡確立のための逐次検定
古川英俊東芝
レーダ等のセンサを用いて対象物の真偽判定及び航跡確立を行うために,通常は逐次検定が用いられる.航跡確立のための逐次検定で... [more] SANE2015-45
pp.19-24
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-11
10:30
北海道 北海道大学 相関のあるクラッタ環境を想定したCFAR方式
福島冬樹高橋龍平平田和史三菱電機
レーダで観測した地表面等のクラッタは,隣接レンジビンの平均電力に相関がある確率分布に従って変動することが知られている.隣... [more] CAS2014-36 VLD2014-45 SIP2014-57 MSS2014-36 SIS2014-36
pp.189-194
RCS, SIP
(共催)
2014-01-23
16:30
福岡 九州大学 加速度目標検出における信号対雑音尤度比に基づくノンコヒーレント信号検出法
山田哲太郎高林佑樹亀田洋志三菱電機
ドップラーレーダを用いた高機動な目標の探知において,周波数解析後の信号スペクトルは,加速度によるドップラー周波数変化の影... [more] SIP2013-108 RCS2013-278
pp.133-138
SAT, RCS
(併催)
2012-08-31
13:00
高知 高知市文化プラザ かるぽーと 並走衛星取得データの符号化による情報削減
河東晴子諏訪 啓若山俊夫三菱電機
並走する二衛星に合成開口レーダを搭載して地表面の移動目標検出を行なう際には、二衛星の大量な観測データを地上に伝送すること... [more] SAT2012-29
pp.67-72
SANE 2012-05-18
11:05
神奈川 防衛大学校 アジマスアンビギュイティを抑圧する複数開口SAR-MTI方式とその性能評価
諏訪 啓若山俊夫岡村 敦三菱電機
SAR-MTI(Synthetic Aperture Radar - Moving Target Indication)... [more] SANE2012-12
pp.7-12
CS 2010-11-12
10:50
石川 和倉温泉観光会館 デジタル放送波を用いたバイスタティックレーダにおけるMSNアルゴリズムに基づく目標検出法
浅田順之笹瀬 巌慶大
バイスタティックレーダにおいては,送信局から受信局へ直接伝搬する直接波やそのマルチパス成分が所望信号に干渉するため,これ... [more] CS2010-50
pp.77-82
SANE 2010-01-29
10:15
長崎 長崎県美術館 電波動画像における目標輝点特徴量を使ったフレーム間追尾方式の検討
池田満久亀田洋志三菱電機
ISAR(Inverse Synthetic Aperture Radar)画像などの電波動画像における目標輝点のフレー... [more] SANE2009-148
pp.55-60
SANE 2009-05-29
14:45
神奈川 防衛大学校 目標レンジプロフィールのコヒーレント積分による目標検出性能改善アルゴリズムの原理検証
影目 聡福間雄一郎原 照幸三菱電機)・稲葉敬之電通大
通常,レーダの距離分解能は,目標の寸法よりも長いため,目標による反射信号は目標の部分ごとの反射点からの反射信号のベクトル... [more] SANE2009-11
pp.19-24
SANE 2009-01-30
13:40
長崎 長崎県美術館 複雑背景画像中の移動小目標検出アルゴリズム
池田満久前川貴史亀田洋志三菱電機
センサで取得された複雑背景画像中の移動小目標検出処理は,極めて困難な課題である.特に,不規則な形状をした地上構造物や雲を... [more] SANE2008-108
pp.71-76
CS 2009-01-22
11:25
沖縄 沖縄県 西表島 空間相関のある目標を検出する車載レーダーのためのCFAR回路
高橋 賢広島市大
将来の高分解能短距離車載レーダーにおいては,従来の低分解能レーダーと比較して,高い誤警報確率を示すと予想される.高分解能... [more] CS2008-62
pp.31-36
SANE 2008-07-25
14:20
東京 電子航法研究所 2D画像センサ中の小目標探知方式
亀田洋志系 正義森野知視天野一彦三菱電機
画像中に存在する小目標の探知アルゴリズムについて検討する.探知性能改善のため,複数フレーム分の画像を積分処理によって強調... [more] SANE2008-41
pp.1-6
SANE 2007-12-21
15:25
埼玉 日本工業大学 チャープパルス圧縮の距離シフトを用いた速度補正を行うパルス間コヒーレント積分法による検出確率と測速度性能の改善
影目 聡原 照幸関口高志三菱電機
レーダにおいて,移動目標検出と目標相対速度算出は重要な課題である.従来,LPRF(Low Pulse Repetitio... [more] SANE2007-100
pp.31-36
SANE 2007-05-25
14:20
神奈川 防衛大 パルス圧縮の距離シフトを用いた速度補正を行うパルス間コヒーレント積分
影目 聡原 照幸関口高志三菱電機
レーダにおいて,低SNR(Signal to Noise Ratio)移動目標検出は重要な課題の一つである.従来,LPR... [more] SANE2007-37
pp.13-17
SANE 2006-08-25
13:55
東京 機械振興会館 CPI間の位相変化を補償する等加速度目標検出アルゴリズム
原 照幸森田 岳関口高志三菱電機
航空機搭載レーダにおいて,加速度目標の検出は重要な課題の一つである.従来,加速度目標に対しては,全受信信号に対しコヒーレ... [more] SANE2006-93
pp.5-9
SANE 2006-08-25
14:20
東京 機械振興会館 TBDを用いた加速度目標の検出
亀田洋志系 正義野中親房草場克也三菱電機
高PRF(Pulse Repetition Frequency)パルスドップラレーダで問題となる
加速度目標の検出につ... [more]
SANE2006-94
pp.11-16
SANE, SAT
(共催)
2004-12-17
11:30
茨城 NICT(鹿島) 信号のドップラー周波数と強度情報を併用するスキャン間相関アルゴリズム
森田 岳原 照幸関口高志三菱電機
低S/N(Signal to Noise Ratio)環境下での目標検出技術の一つとして知られるスキャン間相関アルゴリズ... [more] SANE2004-67 SAT2004-155
pp.21-25
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会