お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-BCT, SIS
(連催)
2019-10-24
15:30
福井 福井県国際交流会館 画素ごとの構造要素最適化を用いたモルフォロジカル勾配とTotal Variationに基づく画像の正則化
大原翔矢・○岡 広高棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2019-17
モルフォロジカル勾配を正則化項とし,これに用いられる構造要素を遺伝的アルゴリズム(GA)によって最適化し,画像復元する手... [more] SIS2019-17
pp.47-52
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2019-06-13
16:25
長崎 福江文化会館 [招待講演]スパース・低ランクモデリングに基づく画像処理
京地清介北九州市大SIS2019-10
本稿では,近年盛んに研究されている凸最適化を用いた画像復元について,その基本事項と著者グループ
の関連研究をいくつか紹... [more]
SIS2019-10
pp.55-60
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
13:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 近傍を考慮した画素ごとの強化学習による画像処理
古田諒佑井上直人山崎俊彦東大IMQ2018-67 IE2018-151 MVE2018-98
本稿では画素強化学習という新しい問題に取り組む.提案する画素強化学習では,各画素に1つずつエージェントを配置し,各エージ... [more] IMQ2018-67 IE2018-151 MVE2018-98
pp.245-250
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
14:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス DNNを用いたハイパースペクトル画像のゼロショット復元
今村竜二奥田正浩北九州市大IMQ2018-72 IE2018-156 MVE2018-103
本稿では,Deep Neural Network(DNN)を用いたハイパースペクトル画像(Hyperspectral I... [more] IMQ2018-72 IE2018-156 MVE2018-103
pp.273-277
SIS, ITE-BCT
(連催)
2018-10-26
10:30
京都 京都大学 百周年時計台記念館 GAによる構造要素最適化を用いたモルフォロジカル勾配とTotal Variationに基づく画像の正則化
大原翔矢棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2018-17
画像復元のための正則化項として,画像全体のモルフォロジカル勾配の総和を用いる手法が提案されている.さらに,このモルフォロ... [more] SIS2018-17
pp.77-82
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2018-06-08
11:10
北海道 定山渓ビューホテル 複数構造要素とその最適化を用いたモルフォロジカル勾配に基づく画像の正則化
岡 広高大原翔矢棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2018-7
画像復元のための先見情報としてモルフォロジカル勾配を用い,さらにその構造要素を遺伝的アルゴリズム(GA)によって最適化す... [more] SIS2018-7
pp.63-68
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
10:20
沖縄 沖縄産業支援センター 領域分割とグラフ信号処理を用いた色情報拡散型カラリゼーションの性能改善
菅原 護雨車和憲半谷精一郎東京理科大IMQ2017-54 IE2017-146 MVE2017-96
本論文ではカラリゼーションと呼ばれる白黒画像をカラー画像に変換する新たな手法を提案する。カラリゼーションのなかには様々な... [more] IMQ2017-54 IE2017-146 MVE2017-96
pp.161-166
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
13:55
香川 サンポートホール高松 スペクトル勾配の低ランク性を考慮したハイパースペクトル画像復元
栗原竜司奥田正浩北九州市大IT2017-73 SIP2017-81 RCS2017-287
ハイパースペクトル画像 (HSI) 復元のための新たな正則化を提案する.画像復元のための凸最適化手法では,空間方向の先験... [more] IT2017-73 SIP2017-81 RCS2017-287
pp.107-111
SIS 2017-12-14
14:30
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館) 構造要素の最適化を考慮したモルフォロジカル勾配に基づく画像の正則化の一手法
池下雄大棟安実治関西大)・中静 真千葉工大)・吉田 壮関西大SIS2017-40
画像復元のための正則化項としてTotal variation(TV)ノルムが広く用いられている.これは,画像の各座標にお... [more] SIS2017-40
pp.39-44
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 角転送行列繰り込み群法を用いた格子状マルコフ確率場の計算手法の提案
吉田智晴渡辺一帆梅村恭司豊橋技科大IBISML2017-37
確率的画像処理で用いられる格子状マルコフ確率場の周辺分布の計算は,組み合わせ爆発による計算量的困難がある.先行研究では,... [more] IBISML2017-37
pp.15-22
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
14:00
北海道 北海道大学 空間分割多重化による汎用動画カメラを用いた高速可視光通信
雨夜将吾嶋田祥太北大)・秋山尚之総研大)・橋爪宏達NII)・杉本雅則北大RCC2017-36 NS2017-57 RCS2017-128 SR2017-51 ASN2017-45
汎用動画カメラを用いる可視光通信では,スマートフォン端末等への応用が期待できる.本稿では,汎用動画カメラを用いた可視光通... [more] RCC2017-36 NS2017-57 RCS2017-128 SR2017-51 ASN2017-45
pp.127-132(RCC), pp.141-146(NS), pp.181-186(RCS), pp.139-144(SR), pp.159-164(ASN)
NLP 2017-07-13
15:45
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 SD-CNNを用いた画像復元手法に関する一検討
水谷涼平戸田英治青森 久中京大)・Sathit PrasomphanKing Mongkut Univ. of Tech. North Bangkok)・田中 衞上智大NLP2017-37
近年,パソコンやスマートフォンの普及によりデジタル画像を扱う機会が増加しているが,画像データがすべて無欠損な十全の状態に... [more] NLP2017-37
pp.53-57
SIS 2017-06-01
10:30
大分 別府豊泉荘 GAによる構造要素の最適化を用いたモルフォロジカル勾配に基づく画像の正則化
大原翔矢池下雄大棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2017-3
画像復元のための先見情報として,モルフォロジカル勾配の画像全体の総和を用いる手法が提案されている.その中で,画像の構造に... [more] SIS2017-3
pp.13-18
IBISML 2017-03-06
14:00
東京 東京工業大学 角転送行列法を用いた格子状マルコフ確率場の厳密計算
吉田智晴渡辺一帆梅村恭司豊橋技科大IBISML2016-101
確率的画像処理等で用いられる格子状マルコフ確率場の周辺分布の計算は,組み合わせ爆発による計算量的困難がある.本研究では,... [more] IBISML2016-101
pp.9-16
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-06
10:50
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 Deep Neural Networksを用いたSDR画像からのHDR画像生成手法に関する一検討
平尾克彦竹内 健甲藤二郎早大IMQ2016-26 IE2016-141 MVE2016-49
本稿では,SDR画像から白飛び,黒潰れを修復したHDR画像を生成するDeep Learning手法を提案する.まず予備実... [more] IMQ2016-26 IE2016-141 MVE2016-49
pp.37-42
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
14:50
沖縄 沖縄産業支援センター 複数枚のぼけとノイズ画像の加重平均を利用した画像復元
谷川 諒藤沢貴典池原雅章慶大EA2016-111 SIP2016-166 SP2016-106
ノイズやぼけで劣化した画像を復元する手法の多くは1枚のノイズ画像あるいはぼけ画像を用いている.代表的なノイズ除去手法とし... [more] EA2016-111 SIP2016-166 SP2016-106
pp.165-170
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
16:10
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) スパースモデリングによるen-face OCTの原信号推定
川村拓海伊藤迅平村松正吾崔 森悦新潟大IT2016-79 SIP2016-117 RCS2016-269
本報告ではスパースモデリングによる全視野光コヒーレンストモグラフィ(en-face OCT) の原信号推定処
理を行な... [more]
IT2016-79 SIP2016-117 RCS2016-269
pp.195-200
IE 2016-07-01
13:10
沖縄 沖縄セルラー電話 制約付き最適化によるぼけ/ノイズ画像を利用した画像復元
武山彩織小野峻佑熊澤逸夫東工大IE2016-40
デジタルカメラで同じシーンを露光時間を変えて撮影することで,ぼけ画像とノイズ画像の2枚の画像を得ることができる.この2枚... [more] IE2016-40
pp.25-29
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2016-02-22
10:45
北海道 北海道大学 深層学習による医用画像の高解像度化
近藤佑斗趙 キョウ楚岩本祐太郎韓 先花陳 延偉立命館大ITS2015-61 IE2015-103
医療の現場では診断補助のためMRIやCTにより撮像された医用画像が広く用いられ,正確な診断のため高解像度の画像が求められ... [more] ITS2015-61 IE2015-103
pp.29-34
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2015-11-12
13:00
熊本 崇城大学 池田キャンパス 高い周波数分解能解析を用いた局所的な画像修復法
犬塚祐也坂下和樹長谷川昌也廣林茂樹参沢匡将富山大)・塩谷浩之室蘭工大IE2015-73
本報告では,画像復元のための新しい技術を開発する.いくつかのアルゴリズムは,オブジェクト除去または画像復元のために画像の... [more] IE2015-73
pp.1-5
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会