電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
10:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 [ポスター講演]屋内光無線MIMO通信システムにおける伝搬路行列の性質と通信性能の関係に関する一検討
杉浦宏俊小林健太郎岡田 啓片山正昭名大
光無線MIMOでは,送受光アレイの構造や視野角調整などの光学設計により伝搬路の特性を示す伝搬路行列を制御することが可能で... [more] WBS2018-35 ITS2018-18 RCC2018-66
pp.47-52
EMCJ 2018-04-13
14:00
東京 東京工業大学 磁気浮上鉄道による電磁誘導計算のための相対運動する磁気結合ループ系の解析方法
酒井芳将西方敦博徳田正満東工大
磁気浮上鉄道の高速走行に伴う移動磁界による電磁誘導問題を解くために,
相対運動する多数の磁気結合ループ系を時変のインダ... [more]
EMCJ2018-2
pp.7-12
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]発作間欠期脳波からのてんかん焦点推定のための周波数帯域と特徴量の検討
板倉達典・○伊藤信太郎田中聡久東京農工大)・菅野秀宣順天堂大
本報告では,行列の極分解を用いた特異値分解(SVDPD)を,チェビシェフ多項式近似(CPA)を用いて高速化する.特異値分... [more] EA2017-159 SIP2017-168 SP2017-142
pp.311-316
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
15:20
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ チェビシェフ多項式近似を使用した極分解による特異値分解の高速化
小貫真希田中雄一東京農工大
本報告では,行列の極分解を用いた特異値分解(SVDPD)を,チェビシェフ多項式近似(CPA)を用いて高速化する.特異値分... [more] EA2017-173 SIP2017-182 SP2017-156
pp.391-396
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
18:05
大阪 大阪府立大学 エンタングルメント・エントロピーに基づく畳み込みニューラルネットワークと主成分分析に基づく畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大
本稿では,主成分分析を用いてデータに応じて処理を行うCNNとエンタングルメント・エントロピーを用いてデータに応じて処理を... [more] PRMU2017-129 MVE2017-50
pp.141-146
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 角転送行列繰り込み群法を用いた格子状マルコフ確率場の計算手法の提案
吉田智晴渡辺一帆梅村恭司豊橋技科大
確率的画像処理で用いられる格子状マルコフ確率場の周辺分布の計算は,組み合わせ爆発による計算量的困難がある.先行研究では,... [more] IBISML2017-37
pp.15-22
IBISML 2017-11-10
13:00
東京 東京大学 エンタングルメント・エントロピーを用いた畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大
本稿では,エンタングルメント・エントロピーを用いて入力データの識別にとって不要な情報を削減する過程をもつCNNを提案する... [more] IBISML2017-65
pp.227-233
PRMU 2017-10-12
14:00
熊本 熊本大学 エンタングルメント・エントロピーに基づく畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大
現在,機械学習に用いられるニューラルネットワークは,過学習が起きないように,膨大なデータから分類に必要な情報を抽出する.... [more] PRMU2017-73
pp.61-66
SIP 2017-08-24
14:40
東京 東京電機大学 教室:東京千住キャンパス1号館2階 1206教室 特異値分解を用いた3次Volterraフィルタの演算量削減とその3次非線形歪み補正への適用
中平裕弥岩居健太梶川嘉延関西大
スピーカシステムで発生する非線形歪みは音質劣化の原因となる.
この非線形歪みを補正する方法の一つとして,Volterr... [more]
SIP2017-53
pp.27-32
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
16:25
滋賀 彦根勤労福祉会館 OFDM信号のSidelobe抑圧に適したOrthogonal Precodingの計算量削減に関する研究
川崎 耀松井貴洋太田正哉山下勝己阪府大
N-continuous OFDMは直交周波数分割多重方式(OFDM)においてOFDMシンボル間の接続を高次微分まで滑ら... [more] CAS2016-136 CS2016-97
pp.123-127
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
11:20
北海道 北海道大学 [ポスター講演]近接深度センサを用いた嚥下検出アルゴリズムのオンライン化
高井 翼酒井智弥東嶋美佐子長崎大
日常的な反復唾液嚥下テストによる嚥下機能の定量化と誤嚥リスクの早期発見を可能にするため,画像から嚥下運動を検出することで... [more] PRMU2016-183 CNR2016-50
pp.163-164
MI, MICT
(共催)
2016-09-16
15:10
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 科学博物館3F 講堂 多相主成分分析による医用ボリュームデータのオブジェクト指向データ分析
伊東隼人井宮 淳千葉大)・酒井智弥長崎大
医用ボリュームデータのオブジェクト指向データ解析のために、3 階のテンソル主成分分析を導入する。医用情報として解析される... [more] MICT2016-43 MI2016-57
pp.41-46
PRMU, BioX
(共催)
2016-03-25
16:15
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 Tensor-Based Methods for Dimension Reduction of Volumetric Data
Hayato Itoh・○Atsushi ImiyaChiba Univ.)・Tomoya SakaiNagasaki Univ.
テンソルに基づく方法により、高次のボリュームデータの線型な次元削減が達成できる。本稿ではボリュームデータに対するテンソル... [more] BioX2015-74 PRMU2015-197
pp.197-202
CS, CAS
(共催)
2016-02-25
13:55
和歌山 ラフォーレ南紀白浜 コグニティブ無線に向けたOrthogonal Precodingの計算量削減に関する研究
川崎 耀太田正哉山下勝己阪府大
Orthogonal Precoding はデータシンボルを修正することでOFDM 信号の帯域外漏洩電力を選択的に抑圧す... [more] CAS2015-81 CS2015-86
pp.7-11
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-19
10:35
大阪 関西学院大学(大阪梅田) 動的グラフ信号に対する多重スケール変換
内園陽平崎山亮恵田中雄一東京農工大
本報告では,時間的に信号値が変化するグラフ信号(動的グラフ信号)の多重スケール変換手法を提案する.提案手法では,動的グラ... [more] IT2015-90 SIP2015-104 RCS2015-322
pp.231-236
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2015-07-16
16:20
長野 かたくら諏訪湖ホテル 低ランクDNNのための識別学習
太刀岡勇気三菱電機)・渡部晋治ルルー ジョナトンハーシー ジョンMERL
深層神経回路網(DNN)音響モデルは従来のガウス混合モデル(GMM)を上回る性能を達成しているが,パラメータ数がGMMよ... [more] SP2015-39
pp.19-24
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2015-05-15
09:30
三重 三重大学 Second-Order Tensor Principal Component Analysis Meets Two-Dimensional Singular Value Decomposition
Hayato ItohAtsushi ImiyaTomoya SakaiChiba Univ.
2次のテンソル主成分分析と2次元特異値分解が理論的に等しいことを示す。2次元特異値分解の実際の算法として周辺固有ベクトル... [more] SIP2015-14 IE2015-14 PRMU2015-14 MI2015-14
pp.71-75
SWIM 2015-02-27
16:30
東京 機械振興会館 ウェブ閲覧履歴に基づくウェブサイトの類似性判別 ~ SVDとICAによる次元削減効果の比較 ~
青木友花松田晃一大妻女子大)・竹内彰一ソネット
ウェブ広告配信ログに含まれるユーザがどのサイトに何回訪問したかを表すデータより、サイト×ユーザの行列を作成し、それを基に... [more] SWIM2014-32
pp.31-36
US 2014-09-29
15:25
山形 山形大学 米沢キャンパス 超音波撮像システムの伝達行列の特異値分解に基づくビーム合成
行方俊樹栗原尚也柳田裕隆田村安孝山形大
超音波撮像システムにおいて、伝達行列の特異値分解により、所望の形状のビームを合成する手法に
ついて検討した。要求される... [more]
US2014-48
pp.29-34
SIS 2012-06-14
11:20
北海道 帯広市とかちプラザ SVD-MIMO-OFDMシステムにおける特異値分解プロセッサの高速・低消費電力化設計
岩泉洋紀北大)・吉澤真吾北見工大)・宮永喜一北大
本稿では,SVD-MIMO-OFDMシステムの実現に必要な特異値分解及びフィードバック行列の圧縮・再構成を行うプロセッサ... [more] SIS2012-3
pp.13-18
 35件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会