お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 72件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:10
ONLINE オンライン開催 無線マルチホップネットワークにおける機械学習を用いたルーティング手法
田中優希鈴木裕幸小山明夫山形大NS2020-50
無線ネットワークの利用エリアを拡張する試みとして,無線マルチホップネットワークの研究が以前より盛んに行われている.無線マ... [more] NS2020-50
pp.51-56
NS, NWS
(併催)
2020-01-24
13:00
沖縄 石垣島商工会館 [奨励講演]実装を考慮した真正粘菌モデルに基づく適応的無線マルチホップルーチング
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大NS2019-168
著者らは,適応的に経路を構築する真正粘菌の挙動に基づく数理モデルであるフィザルムソルバを応用した無線マルチホップルーチン... [more] NS2019-168
pp.43-48
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]無線マルチホップネットワークにおける真正粘菌に基づく経路多様化手法
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大
無線マルチホップネットワークでは,通信の干渉,端末の電力枯渇など,様々な要因により中継に適した経路が変化する.そのため,... [more]
CQ 2019-08-28
13:55
北海道 函館アリーナ [招待講演]無線マルチホップネットワークにおける動的ルーチングプロトコル
山本 嶺電通大CQ2019-82
近年,無線通信技術の発達に伴って,様々な形態の無線通信ネットワークが提案されている.既に携帯通信網や無線LANを利用した... [more] CQ2019-82
p.129
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
16:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 建物振動の多点計測のための無線センサーシステム
佐方 連金 瑞旭東芝)・榎田竜太山下拓三梶原浩一防災科学技研RCS2018-300
地震時に被害の少ない建物を実現するために、建物の振動を測定し分析する研究が盛んに行われている。そこで本稿では、電池駆動が... [more] RCS2018-300
pp.101-106
IN, NS
(併催)
2019-03-04
11:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター 順次短縮無線リンク列を用いた無線マルチホップ配送のためのデータメッセージ配送手法の性能評価
須田哲志桧垣博章東京電機大IN2018-104
無線マルチホップネットワークにおけるデータメッセージ群の配送では, 各データメッセージのエンドエ
ンド配送遅延の短縮,... [more]
IN2018-104
pp.121-126
ASN 2019-01-29
09:50
鹿児島 休暇村 指宿 河川の生態系情報をモニタリングする無線ネットワークの実装実験
藤原孝洋函館高専)・宮下和士北大ASN2018-87
本研究では,河川や森林の生態系の状況を把握するため,対象生物に取り付けたセンサから情報を無線で収集するネットワークを開発... [more] ASN2018-87
pp.47-52
ASN 2019-01-29
14:25
鹿児島 休暇村 指宿 [ポスター講演]無線マルチホップネットワークにおけるネットワーク可視化システムの設計
向井亮一大田知行角田良明広島市大ASN2018-98
現在,モバイル端末などはセルラ通信と近距離無線通信の通信装置を備えている.さらに,固定の無線インフラストラクチャに依存し... [more] ASN2018-98
pp.105-108
MoNA 2018-08-02
13:40
北海道 小樽市民センター 順次短縮無線リンク列を用いた無線マルチホップ配送のための拡張RTS/CTS制御手法
須田哲志桧垣博章東京電機大MoNA2018-6
無線マルチホップネットワークにおけるデータメッセージ群の配送では, 各データメッセージのエンドエンド配送遅延の短縮, 無... [more] MoNA2018-6
pp.1-6
MoNA 2018-08-02
14:05
北海道 小樽市民センター 故障ノード検出機能を備えたGEDIRルーティングプロトコル
矢倉 直桧垣博章東京電機大MoNA2018-7
無線アドホックネットワークにおけるデータメッセージ配送では, ネットワークを構成するすべての無線ノードにおいてルーティン... [more] MoNA2018-7
pp.7-12
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
11:20
北海道 函館アリーナ 河川の生態系情報を可視化する無線ネットワークの検討
藤原孝洋函館高専)・ファハルド ジョビリン守屋充雄STERCC2018-27 NS2018-39 RCS2018-84 SR2018-23 ASN2018-20
本研究は,河川や森林の生態系の状況を把握するため,生物に取り付けたセンサからの情報を無線ネットワークで収集し,インタネッ... [more] RCC2018-27 NS2018-39 RCS2018-84 SR2018-23 ASN2018-20
pp.13-18(RCC), pp.13-18(NS), pp.25-30(RCS), pp.13-18(SR), pp.25-30(ASN)
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート モバイルエッジコンピューティングにおけるQoS最適VM移動制御
菊池 潤名大)・策力木格電通大)・計 宇生NII)・村瀬 勉名大IN2017-98
モバイルエッジコンピューティング(MEC)において、無線ネットワークとエッジサーバの輻輳によりアプリケーションのTCPス... [more] IN2017-98
pp.51-56
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2018-02-27
13:50
東京 上智大学 LoRaを用いた無線マルチホップネットワークの性能評価
松井 進阪工大ASN2017-121
奈良県川上村にある御船の滝の氷瀑化情報をインターネットで公開することを検討している.滝は携帯エリア外の山中にあるため,滝... [more] ASN2017-121
pp.309-314
ASN 2017-11-16
10:20
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター LoRaによる無線マルチホップネットワークの構築
松井 進阪工大ASN2017-62
奈良県川上村にある御船の滝は落差50m,冬には氷爆となる観光スポットである.冬は積雪のためにアクセスが困難になるため,観... [more] ASN2017-62
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル モバイルエッジコンピューティングへのマルチホップアクセス網の性能評価
菊池 潤名大)・策力木格電通大)・計 宇生NII)・村瀬 勉名大IN2016-156
モバイルエッジコンピューティング(MEC)において、無線基地局(BS)とそこに実装したエッジサーバが輻輳したとき、別のエ... [more] IN2016-156
pp.353-358
IN, MoNA, CNR
(併催)
2016-11-17
10:55
鹿児島 霧島観光ホテル モバイルエッジコンピューティングにおけるサーバ移動によるスループットの改善効果の評価
菊池 潤村瀬 勉名大IN2016-60
本研究は,モバイルエッジコンピューティング(MEC)における無線基地局(BS)とそこに実装したエッジサーバが輻輳したとき... [more] IN2016-60
pp.1-6
CCS 2016-08-10
14:00
北海道 余市町中央公民館 無線マルチホップネットワークにおけるRTS/CTSを考慮したスループット及び遅延解析
林田航平千葉大)・眞田耕輔三重大)・小室信喜関屋大雄千葉大CCS2016-28
無線マルチホップネットワークにおいて,Request to Send/Clear to Send(RTS/CTS)を使用... [more] CCS2016-28
pp.63-68
CCS 2015-11-10
14:20
京都 京都大学稲盛財団記念館3階大会議室(鴨川沿) 無線マルチホップネットワークにおける伝送レートを考慮したスループット解析
谷井智郎眞田耕輔小室信喜関屋大雄千葉大CCS2015-62
IEEE802.11 DCFでは, 同じ送信電力であれば, その通信範囲とキャリアセンス範囲の関係は伝送レートによって異... [more] CCS2015-62
pp.93-98
ASN 2015-05-14
10:25
東京 東京電機大学千住キャンパス 複数のモバイルエージェントを用いた位置情報利用型ルーティングの改善
山田拓実塩川茂樹神奈川工科大ASN2015-2
近年,GPSなどの位置情報取得技術の向上に伴い,ノードの位置情報を利用したルーティングが注目されている.一般的な位置情報... [more] ASN2015-2
pp.7-12
ASN 2015-05-15
14:30
東京 東京電機大学千住キャンパス [ポスター講演]モバイルエージェントを用いた位置情報利用型ルーティングの動的エージェント管理
太田亮祐ドンメロ エマニュエル塩川茂樹神奈川工科大ASN2015-17
ルーティングプロトコルは,無線マルチホップネットワークにおいて不可欠である.また,GPS技術はとりわけ位置情報利用型ルー... [more] ASN2015-17
pp.83-88
 72件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会