お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2020-10-23
13:10
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]屋内統合測位システム
前畠 貴橋本英彦住友電工)・蔵田武志産総研RCS2020-106
工場内における設備と人・モノの見える化の連携は、設備稼働率の改善を図ること上で重要である。また、ロボット等による省人化や... [more] RCS2020-106
pp.75-79
CQ 2020-09-03
15:00
大阪 大阪大学中之島センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]高精度衛星測位の広がりと二輪車センシングへの応用
木谷友哉静岡大CQ2020-41
本講演では,民生用の衛星測位受信機を用いてセンチメートル精度の位置情報が手軽に得られるようになってきたことについて解説し... [more] CQ2020-41
pp.39-43
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
10:50
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
ソーラーBLEビーコンとPDRを用いた屋内統合測位システム
前畠 貴多田直弘橋本英彦蔵田武志住友電工SR2019-115
工場内におけるヒト・モノの見える化は、設備稼働率等の改善を図る上で非常に重要となっている。しかし工場内での人の作業動線把... [more] SR2019-115
pp.9-16
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
12:45
岩手 岩手大学 [依頼講演]複数のGNSSを用いたUAVの高精度位置姿勢推定と三次元計測
鈴木太郎天野嘉春早大SAT2018-31 RCS2018-134
UAV(Unmanned Aerial Vehicle)を用いた三次元計測は,災害時の情報収集や土木施工の出来形計測など... [more] SAT2018-31 RCS2018-134
pp.17-20(SAT), pp.19-22(RCS)
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-01
14:00
東京 東京工業大学 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法:トラヒックリレーの提案
劉 沁寒秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大SR2016-93
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,異種無線ネットワークを融合し,大容量通信を実現する無線通信システムが検討さ... [more] SR2016-93
pp.15-20
SR 2016-10-28
15:30
大阪 大阪大学 中之島センター 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法:トラヒックナビゲーションの評価
劉 沁寒秋元浩平亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大SR2016-76
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,異種無線ネットワークを融合し,大容量通信を実現する無線通信システムが検討さ... [more] SR2016-76
pp.121-126
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
13:15
大阪 関西学院大学(大阪梅田) ヒューマンセントリックヘテロジニアスマルチホップ通信の一検討
田中 晶東京高専IT2015-67 SIP2015-81 RCS2015-299
これまでに開発したヘテロジニアスマルチホップネットワークは,スマートフォン・FPGA・マイコンを端末とし,WiFi/Bl... [more] IT2015-67 SIP2015-81 RCS2015-299
pp.113-117
RCS 2015-06-25
09:24
北海道 北海道大学 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法: 経路予測スケジューリングの評価
劉 沁寒窪庭純平亀田 卓平 明徳末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2015-61
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,異種無線ネットワークを融合し,大容量通信を実現する無線通信システムが検討さ... [more] RCS2015-61
pp.89-94
SR 2015-01-29
15:15
北海道 KKR はこだて 位置情報を用いた異種無線システムのネットワーク選択手法:トラヒックナビゲーションの提案
窪庭純平三宅裕士亀田 卓平 明徳東北大)・小熊 博富山高専)・末松憲治高木 直坪内和夫東北大SR2014-99
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,異種無線ネットワークを融合し,大容量通信を実現する無線通信システムが検討さ... [more] SR2014-99
pp.29-34
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-27
13:05
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし オンデマンド位置情報サービスに向けた分散測位システムの通信量評価
石田繁巳九大)・田頭茂明関西大)・福田 晃九大ASN2014-141
筆者らは,屋内環境における一時的な位置情報サービスの提供に向けて「オンデマンド位置情報サービス」の実現を目指している.こ... [more] ASN2014-141
pp.169-174
RCS, NS
(併催)
2014-12-18
10:25
三重 伊勢市観光文化会館(三重) 異種無線融合システムにおける位置情報を用いたネットワーク選択手法:接続ユーザ数を考慮したスループット評価
窪庭純平三宅裕士亀田 卓平 明徳東北大)・小熊 博富山高専)・末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2014-229
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,異種無線ネットワークを融合し,大容量通信を実現する無線通信システムが検討さ... [more] RCS2014-229
pp.55-60
SR 2014-10-31
13:00
海外 I2R, シンガポール [ポスター講演]Network Selection Scheme Using Positioning Information for Heterogeneous Wireless System: Throughput Evaluation Considering Selection Resource Utilization
Junpei KuboniwaYuji MiyakeSuguru KamedaAkinori TairaTohoku Univ.)・Hiroshi OgumaNIT, Toyama College)・Noriharu SuematsuTadashi TakagiKazuo TsubouchiTohoku Univ.SR2014-84
近年急増し続ける移動通信のトラヒックを収容するため,複数の異種無線ネットワークを融合し,広域で利用可能かつ高信頼・大容量... [more] SR2014-84
pp.151-156
IN 2014-06-27
13:25
香川 香川大学 屋内ロケーションアウェアサービスのための問い合わせAPIの考察
鈕 龍柗本真佑佐伯幸郎中村匡秀神戸大IN2014-28
近年,センサ技術や無線技術の飛躍的な進歩に伴い,屋内測位システム(Indoor Positioning System, ... [more] IN2014-28
pp.73-78
SANE 2012-06-28
16:50
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 準天頂衛星システム時刻管理系技術実証実験結果
高橋靖宏浜 真一雨谷 純中村真帆藤枝美穂田渕 良後藤忠広成田秀樹Thomas Hobiger相田政則中澤勇夫NICT)・岸本統久JAXA)・矢作行弘NECエンジニアリング)・高橋 環堀内 聡NECSANE2012-28
準天頂衛星システム(QZSS)は日本の天頂付近を通る準天頂軌道を用いた衛星であり、2003年度から4省とその研究機関でQ... [more] SANE2012-28
pp.43-48
MW 2011-12-15
16:30
山口 山口大学 準天頂衛星を用いたロケーション・ショートメッセージ双方向通信システムと端末→衛星回線に関する一検討
末松憲治亀田 卓東北大)・山形文啓釧路高専)・小熊 博富山高専)・高木 直坪内和夫東北大MW2011-131
準天頂衛星はこれまで高精度な測位を実現するミッションのみを想定してきたが,東日本大震災を契機に,,災害時にも対応できるロ... [more] MW2011-131
pp.33-36
MW 2011-12-15
17:00
山口 山口大学 準天頂衛星を用いたロケーション・ショートメッセージ双方向通信システムのパケット構成及び最大収容数に関する一検討
山形文啓釧路高専)・末松憲治亀田 卓東北大)・小熊 博富山高専)・高木 直坪内和夫東北大MW2011-132
我々は、災害時などに地上系通信インフラ網を補完するため、位置情報とショートメッセージを準天頂衛星経由にて送受信可能な、ロ... [more] MW2011-132
pp.37-40
PN 2010-03-09
15:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 高速/低速イメージセンサを用いた可視光測位システム
新井雅裕田中稔也鈴木修司春山真一郎中川正雄慶大PN2009-102
近年、GPS技術による位置測定システムが注目されている。GPSは衛星を用いた電波による測位システムであるため広範囲で使用... [more] PN2009-102
pp.91-96
SANE 2009-10-09
09:55
東京 東北大学東京分室 Non-destructive 3D Ground Penetrating Radar for Imaging Tree Root Architecture
Mahmoud GaballahTohoku Univ.)・○Mark GrasumeckUniv. of Miami.)・Motoyuki SatoTohoku Univ.SANE2009-76
樹木の根に蓄積されるバイオマスを見積もるためには樹根の形状を計測する必要があるが、従来、非開削で計測することは難しかった... [more] SANE2009-76
pp.67-72
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2009-07-17
16:00
京都 ATR(京都) 可視光通信における光電力差を用いた高精度屋内測位システム
成尾太希Chinnapat Sertthin春山真一郎中川正雄慶大USN2009-26
高齢化社会に向けて,自律支援用ロボットや自動走行する屋内用小型車が発達し,その適切な行動のために屋内における位置測定シス... [more] USN2009-26
pp.157-162
RCS, SAT
(併催)
2007-12-20
19:45
大分 湯布郷館 [特別講演]衛星測位システムの現状と動向
河野 功JAXASAT2007-56 RCS2007-122
GPSに代表される衛星測位システムは、自動車、船舶、航空機等の移動体の航法や静止物体・固定点の精密測位等、近年急速に利用... [more] SAT2007-56 RCS2007-122
pp.1-6(SAT), pp.61-66(RCS)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会