お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
15:25
沖縄 宮古島マリンターミナル 非線形結合振動子におけるエネルギー分布を用いた局在振動検出手法の一検討
古田 耀木村真之土居伸仁京大NLP2019-108
非線形結合振動子系において, ゾーン境界モードの変調不安定性により多数の移動型 ILM (intrinsic local... [more] NLP2019-108
pp.117-120
HWS, VLD
(共催)
2019-02-28
13:30
沖縄 沖縄県青年会館 機械学習を用いた混合正規分布の成分数削減手法の選択
風間春輝築山修治中大VLD2018-113 HWS2018-76
混合正規分布は,統計的静的遅延解析のような統計的手法において有用な分布表現であるが,演算を効果的かつ効率的に繰り返すには... [more] VLD2018-113 HWS2018-76
pp.121-126
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-20
10:20
福岡 福岡工業大学 混合正規分布に基づくニューラルネットワークのスパースベイズ学習
早志英朗内田誠一九大PRMU2018-41 IBISML2018-18
本研究では混合正規分布に基づくニューラルネットワーク(NN)を提案する.提案法では混合正規分布に基づき構築した識別モデル... [more] PRMU2018-41 IBISML2018-18
pp.37-40
EMM 2018-01-29
15:30
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 非負値行列因子分解を用いた音楽電子透かし法の混合正規分布による音推定
村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大EMM2017-69
音楽を対象とした電子透かし法では,ホスト信号と比較してステゴ信号の音質が劣化しないことが求められている.この要件に対して... [more] EMM2017-69
pp.19-24
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-15
10:30
東京 東京大学 本郷キャンパス 特異Bayes情報量規準による混合正規分布のモデル選択における変分Bayes法の実験的考察
林 直輝東工大)・中村文士ボッシュPRMU2017-41 IBISML2017-13
混合正規分布(GMM)はパターン認識等の様々な分野で用いられる統計モデルであり,そのモデル選択は重要な課題であるが,パラ... [more] PRMU2017-41 IBISML2017-13
pp.19-26
VLD 2017-03-02
16:15
沖縄 沖縄県青年会館 最大値分布を求めるための共分散計算の一手法
東 大貴築山修治中大)・福井正博立命館大)・神戸尚志近畿大VLD2016-121
統計的静的遅延解析などの統計的手法では,複数個のばらつき量の中の最大の分布を,2個のばらつき量に対する最大値演算の繰り返... [more] VLD2016-121
pp.103-108
SP 2016-08-24
16:15
京都 京都大学学術情報メディアセンター [ポスター講演]音声のスペクトル領域とケプストラム領域における同時強調
李 莉筑波大)・亀岡弘和樋口卓哉NTT)・猿渡 洋東大)・牧野昭二筑波大SP2016-32
従来の音声強調法は特徴量強調法と信号強調法に大別される.
前者は音声特徴量を直接的に強調するため,特に雑音特性が既知の... [more]
SP2016-32
pp.29-32
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
10:45
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza テンソル分解に基づく音声表現とその言語識別・話者識別への応用
鈴木 颯齋藤大輔峯松信明東大EA2015-127 SIP2015-176 SP2015-155
本稿では、言語識別・話者識別を想定した音声の特徴量表現の新しい手法として、テンソル分解に基づく音声表現を提案する。近年、... [more] EA2015-127 SIP2015-176 SP2015-155
pp.341-346
VLD 2016-03-02
13:00
沖縄 沖縄県青年会館 混合正規分布の成分削減問題に対する一手法1 ~ 成分分割手法 ~
横山直哉築山修治中大)・福井正博立命館大VLD2015-138
統計的静的遅延解析(S-STA)手法などの統計的手法において,非正規分布を表現するために混合正規分布(GMM)を用いる場... [more] VLD2015-138
pp.155-160
VLD 2016-03-02
13:25
沖縄 沖縄県青年会館 混合正規分布の成分削減問題に対する一手法2 ~ 感度計算手法 ~
東 大貴築山修治中大)・福井正博立命館大)・神戸尚志近畿大VLD2015-139
統計的静的遅延解析(S-STA)手法などの統計的手法において,非正規分布を表現するために混合正規分布(GMM)を用いる場... [more] VLD2015-139
pp.161-166
EMM 2016-01-18
17:00
宮城 東北大学片平キャンパス 声質変換技術に基づく英語プレゼンテーション支援ソフトウェアのためのモデル音声に関する検討
中平有樹小嶋徹也堀 智子吉本定伸東京高専)・鈴木幸一鈴木幸一事務所EMM2015-68
英語によるプレゼンテーションを指導する学習支援ソフトウェアが提案されている.このソフトウェアの主たる機能の一つは,英語が... [more] EMM2015-68
pp.43-48
SP 2015-10-15
13:25
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 差分スペクトル補正による統計的歌声声質変換とパラメータ生成法
小林和弘戸田智基中村 哲奈良先端大SP2015-60
本報告では,入力歌手の声質を目標歌手の声質へと変換する統計的手法に基づく歌声声質変換(SVC: Singing Voic... [more] SP2015-60
pp.7-12
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-30
10:30
長野 JA長野県ビル [ポスター講演]無線物理量変換法における混合分布推定に基づく情報変換パラメータ設計法の検討
中山敦喜藤井威生電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大RCC2015-33 NS2015-53 RCS2015-116 SR2015-34 ASN2015-43
無線センサネットワーク向けの通信方式として,無線物理量変換を用いた情報一括収集手法が提案されている.本手法では,センサ端... [more] RCC2015-33 NS2015-53 RCS2015-116 SR2015-34 ASN2015-43
pp.91-96(RCC), pp.95-100(NS), pp.93-98(RCS), pp.109-114(SR), pp.131-136(ASN)
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2015-03-06
16:40
鹿児島 奄美市社会福祉協議会 会議室(2F・4F) 混合正規分布の各成分形状を考慮した成分数削減のための一手法
横山直哉築山修治中大)・福井正博立命館大CPSY2014-170 DC2014-96
統計的静的遅延解析(S-STA)手法などの統計的手法では,非正規分布に対して和演算や最小・最大値演算を繰り返すことがしば... [more] CPSY2014-170 DC2014-96
pp.49-54
MI 2015-03-03
13:40
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ 肺腫瘍追跡のための混合正規分布モデルを用いたX線画像シーケンスの背景差分
澁澤直樹市地 慶吉田裕輔張 曉勇本間経康東北大)・高井良尋弘前大)・吉澤 誠東北大MI2014-110
放射線治療において,呼吸性腫瘍移動をX線透視により追跡し,照射確度を高める試みがある.
しかし,X線透視画像には腫瘍だ... [more]
MI2014-110
pp.277-282
SP 2014-11-14
10:55
福岡 九州大学筑紫キャンパス 重回帰混合正規分布モデルに基づく声質制御における制御パラメータの設計
久保和隆小林和弘戸田智基Graham NeubigSakriani Sakti中村 哲奈良先端大SP2014-101
本報告では,統計的手法に基づく声質制御のための制御パラメータ設計法について述べる.直感的な声質制御を実現する手法として,... [more] SP2014-101
pp.65-70
COMP 2014-10-08
13:30
東京 中央大学 [招待講演]混合正規分布に対する統計的最大最小演算とその応用
築山修治中大COMP2014-28
最先端集積回路においては,微細化に伴う製造ばらつきにより,素子性能がチップ間だけでなく,チ ップ内でも大きくばらつくよう... [more] COMP2014-28
pp.17-18
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]サブバンド基底スペクトルモデルを利用した統計的帯域拡張法
大谷大和田村正統森田眞弘赤嶺政巳東芝SP2014-27
本稿では混合正規分布モデル(GMM)とサブバンド基底スペクトルモデル(SBM)に基づく統計的帯域拡張法について述べる.
... [more]
SP2014-27
pp.303-308
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
14:35
東京 玉川大学 多変量確率モデルによる脳波の信号分離
栗花悠輔宮部滋樹ルトコフスキ トマシュ松本佳泰山田武志牧野昭二筑波大MBE2012-119
信号源分離の主流をなす枠組である独立成分分析は,無数の信号源が混合された脳波の観測信号から目的信号成分を高精度に分離する... [more] MBE2012-119
pp.161-166
SP 2012-11-08
10:30
宮城 東北工業大学 一番町ロビー テンソル表現に基づく任意話者声質変換に対する話者正規化学習の効果
齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大SP2012-72
本報告ではテンソル表現に基づく任意話者声質変換における話者正規化学習の効果について検証する.声質変換の研究において,任意... [more] SP2012-72
pp.1-6
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会