お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
16:00
岩手 MALIOS(盛岡) 注入同期型ホモダイン検波回路を用いた50.4 Tbit/s, L-band 480 ch-WDM, 128 QAM-160 kmデジタルコヒーレント光伝送
管 貴志葛西恵介吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大OCS2019-19
光注入同期法は、データ信号と局発レーザ間の高精度な光位相同期を簡便な構成で実現できる。これまで我々は本方式をWDMコヒー... [more] OCS2019-19
pp.47-50
WPT 2019-03-07
13:50
京都 京都大学宇治キャンパス 5.8GHzマグネトロンを用いる無線電力伝送システムの開発
楊 波王 策三谷友彦篠原真毅京大WPT2018-72
マグネトロンは主に電子レンジなどのマイクロ波加熱用として利用されている.マグネトロンは他のDC-RF 変換器に比べ,高効... [more] WPT2018-72
pp.47-50
OCS, CS
(併催)
2019-01-17
17:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [依頼講演]次世代モバイルフロントホール用160 Gbit/s, 256 QAM双方向コヒーレント伝送
葛西恵介吉田真人廣岡俊彦岩月勝美中沢正隆東北大CS2018-95 OCS2018-75
我々は次世代大容量モバイルフロントホールを実現する光伝送方式として、光注入同期技術を用いたデジタルコヒーレント多値伝送を... [more] CS2018-95 OCS2018-75
pp.47-52(CS), pp.41-46(OCS)
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
09:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 [ポスター講演]高逓倍インジェクションパルスを用いた5GHz PLL回路の性能評価
小島勇輝木原崇雄吉村 勉阪工大CAS2018-97 ICD2018-81 CPSY2018-63
近年、通信機器の高速化に伴い高周波且つ低ジッタのクロックが求められている。本研究では信号に発生する位相ノイズを低減させる... [more] CAS2018-97 ICD2018-81 CPSY2018-63
pp.81-82
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
09:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 [ポスター講演]PLL回路における外部および自己インジェクションのジッタ比較
岡藤達也宮尾和樹木原崇雄吉村 勉阪工大CAS2018-100 ICD2018-84 CPSY2018-66
近年通信の高速化に伴い精度のよい高周波クロックが必要とされている。我々は低周波の参照クロックから高速クロックを生成し、注... [more] CAS2018-100 ICD2018-84 CPSY2018-66
pp.91-93
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]注入同期法を用いた12 bit/s/Hz, 58.2 Tbit/s, 256 QAM-160 km CバンドWDM伝送
管 貴志葛西恵介吉田真人廣岡俊彦中沢正隆東北大OFT2018-28
注入同期法は簡便な構成で伝送されてきたデータ信号と局発レーザ間の高精度な光位相同期を実現することができる。最近我々は本技... [more] OFT2018-28
pp.73-77
WPT 2018-03-03
13:00
京都 京都大学宇治キャンパス 注入同期された5.8GHzのマグネトロン特性について
藤井 知前蔵 遼沖縄高専)・楊 波篠原真毅京大WPT2017-82
マイクロ波照射下で進む化学反応は従来の方法に比較し迅速かつ劇的に省エネルギーが出来ることからこれからの物質製造技術として... [more] WPT2017-82
pp.75-77
CS, OCS
(併催)
2018-01-29
15:45
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター 光注入同期を用いたモバイルフロントホール用80 Gbit/s, 256 QAMコヒーレント伝送
葛西恵介王 怡昕吉田真人廣岡俊彦岩月勝美中沢正隆東北大OCS2017-70
次世代大容量モバイルフロントホール(5G 、ポスト5G)を実現する光伝送方式として、我々は光注入同期を用いたデジタルコヒ... [more] OCS2017-70
pp.19-24
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-27
13:55
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) 半導体レーザを用いた光ナイキストパルス符号化方式の検討
横田信英小向知也八坂 洋東北大OCS2017-54 OPE2017-86 LQE2017-59
簡便なナイキスト型時分割多重信号生成光源の実現を目指し,半導体レーザの直接変調による符号化方式と2電極型マッハツェンダ変... [more] OCS2017-54 OPE2017-86 LQE2017-59
pp.93-96
NLP, CAS
(共催)
2017-10-05
15:50
新潟 まちなかキャンパス長岡 [招待講演]非線形問題に内在する最適性の探求 ~ 注入同期回路設計への応用と新規な振動工学の開拓 ~
田中久陽中川正基電通大)・関屋大雄千葉大CAS2017-30 NLP2017-55
最近数年,われわれと米国の研究グループにより注入同期現象を最も効果的に実現する方法が得られてきている.その過程で注入同期... [more] CAS2017-30 NLP2017-55
pp.35-40
MW, ICD
(共催)
2017-03-03
14:35
岡山 岡山県立大学 18.2GHzのロックレンジを持つ60GHz帯バラクタチューン注入同期型CMOS周波数分周器
数野将史本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大MW2016-213 ICD2016-143
注入同期型周波数分周器(ILFD : Injection Locked Frequency Divider)はスタティッ... [more] MW2016-213 ICD2016-143
pp.137-140
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-04
13:15
東京 東京工業大学 注入同期型E級発振器における最適入力波形の設計と実験での検証
欧陽有界矢部洋司西川 功田中久陽電通大)・永島和治関屋大雄千葉大CCS2015-71
注入同期型E級発振器における引き込み周波数帯(ロックレンジ)を最大化する最適入力波形を,最近構築された最適化理論を用い設... [more] CCS2015-71
pp.23-28
NLP, CCS
(共催)
2015-06-12
15:55
東京 早稲田大学 [依頼講演]CCSの進む方向へのひとつのヒント ~ 屋久島,情報通信,ヘルダーの不等式の三位一体 ~
田中久陽電通大NLP2015-66 CCS2015-28
複雑コミュニケーションサイエンスにおいて,チャレンジングな問題を切り拡くひとつのユニークな方法を論じる.最近の研究成果と... [more] NLP2015-66 CCS2015-28
pp.153-158
MW 2015-05-29
09:30
東京 電気通信大 0.18um SiGe-BiCMOSリング型自己注入同期VCOの試作
津留正臣谷口英司三菱電機MW2015-28
発振器の低位相雑音化手法の一つとして自己注入同期法が報告されている.従来の自己注入同期発振器においては帰還回路を同軸ケー... [more] MW2015-28
pp.43-47
MW, ICD
(共催)
2015-03-05
16:10
福井 福井大学 [特別講演]28Gbpsミリ波無線通信に向けた低位相雑音周波数シンセサイザー
ムサ アハマドNTT)・岡田健一松澤 昭東工大MW2014-214 ICD2014-127
 [more] MW2014-214 ICD2014-127
pp.67-72
EST, OPE, LQE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2015-01-30
16:35
大阪 大阪大学 豊中キャンパスΣホール アウトフェーズ変調のためのCMOS VCOに関する検討
高橋勇人塩見英久岡村康行阪大PN2014-74 OPE2014-199 LQE2014-186 EST2014-128 MWP2014-96
将来のミリ波帯通信やさらなる高周波帯無線通信では, 通信システムの低消費電力化や簡素化が求められている. 簡素な構成にす... [more] PN2014-74 OPE2014-199 LQE2014-186 EST2014-128 MWP2014-96
pp.309-314
MW 2014-12-19
10:15
東京 青山学院大 青山キャンパス PEEK支持体を有する金属ロッド共振器を装荷した60GHz帯自己注入同期NRDガイドガン発振器の実験的検討
寺本 慎黒木太司呉高専MW2014-169
機械的強度や加工容易性に優れたPEEK (Polyether-ether-ketone) 材を支持体として有する金属ロッ... [more] MW2014-169
pp.115-118
MW 2014-06-26
10:00
愛知 豊橋技科大 帰還部の位相特性を考慮することによる大平の注入同期Qを用いたロックレンジ推定の精度向上に関する考察
山田恭平一瀬健人大平 孝豊橋技科大MW2014-44
注入同期における Adler の式,ならびに大平の定義した注入同期 Q は,準線形モデルの自走発振周波数付 近での振る舞... [more] MW2014-44
pp.13-16
MW 2014-05-23
15:45
京都 同志社大 TEM共振金属ロッド共振器を有する60GHz帯反射型自己注入同期NRDガイドガン発振器の発振特性
寺本 慎黒木太司呉高専MW2014-39
従来の金属ロッド共振器を用いた60GHz帯反射型自己注入同期NRDガイドガン発振器は、金属ロッド伝送線路の第1高次モード... [more] MW2014-39
pp.91-94
MW 2014-03-05
13:30
愛媛 愛媛大学 注入波位相を適応制御した自己注入同期VCO
川崎健吾堤 恒次津留正臣谷口英司三菱電機MW2013-217
本報告では,注入波位相を適応制御する自己注入同期VCOについて述べる.自己注入同期法は,発振器の低雑音化に有効な手段であ... [more] MW2013-217
pp.117-122
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会