お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 67件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, CS
(併催)
2021-01-14
14:55
ONLINE オンライン開催 GAWBS雑音の波長分散依存性に関する考察
佐藤耕造管 貴志吉田真人葛西恵介廣岡俊彦中沢正隆東北大OCS2020-30
我々はパイロットトーン(PT)を用いた導波音響波型ブリルアン散乱(GAWBS: Guided acoustic-wave... [more] OCS2020-30
pp.18-23
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 光ファイバの波長分散特性を用いたテラヘルツ波ビームステアリング法
齋藤 匠加藤和利九大OPE2020-59 LQE2020-39
光ファイバの波長分散特性を用いたテラヘルツ波ビームステアリング法の検討を行った。この方法では2光波の波長変化によって2光... [more] OPE2020-59 LQE2020-39
pp.71-74
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2019-11-22
11:20
山口 海峡メッセ下関 4モードファイバの波長分散の簡易評価式
川﨑朋哉大橋正治久保田寛和三好悠司阪府大OFT2019-42
フューモードファイバ(FMF)を用いたモード分割多重(MDM)システムは、既存のシングルモードファイバの伝送限界を解消す... [more] OFT2019-42
pp.33-36
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-17
15:00
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) 1.3 µm帯多波長レーザに向けた構造および作製方法の違いによるSiN導波路の特性分析
横村優太御手洗拓矢雨宮智宏西山伸彦東工大OCS2019-35 OPE2019-73 LQE2019-51
温調制御の必要性と波長間隔の制限を受けてしまう従来のWDMシステムの問題点を克服するために、グリッドフリーな新しいWDM... [more] OCS2019-35 OPE2019-73 LQE2019-51
pp.45-48
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-17
15:35
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) [若手招待講演]モバイルフロントホール向け高品質アナログ信号伝送技術
石村昇太KDDI総合研究所OCS2019-36 OPE2019-74 LQE2019-52
本招待論文では、 IFoF Intermediate Frequency over Fiber )を用いた、将来のモバイ... [more] OCS2019-36 OPE2019-74 LQE2019-52
pp.49-52
CS, OCS
(併催)
2018-01-29
14:30
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター マイクロ波帯光ファイバ無線システムにおける光変調歪の波長分散による補償 ~ OFDM無線伝送の性能改善について ~
遠藤 駿カリヤワサム インディパラゲ アミラ サムパット前田譲治東京理科大OCS2017-67
光ファイバ無線においては, 信号対雑音比確保のために光変調を深くすることが望まれる. これまでに筆者らは, 光変調時の非... [more] OCS2017-67
pp.1-6
CS, OCS
(併催)
2018-01-30
13:25
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター 直接検波システムにおける帯域制限耐力及び波長分散耐力の向上に向けた符号化PAM方式の検討
増田 陽山本秀人河合伸悟福徳光師NTTOCS2017-77
次世代のデータセンタネットワークでは1波長当たり100Gb/s級の高速且つ経済的な光伝送システムが要求されると考えられ、... [more] OCS2017-77
pp.59-62
SIS 2017-12-14
16:10
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館) [招待講演]無線通信用送受信機の不完全性補償技術の研究開発
中川匡夫鳥取大SIS2017-44
無線通信の高周波化や広帯域化は送受信機の高周波アナログ回路である発振器の位相雑音や直交変復調器の位相振幅誤差などの不完全... [more] SIS2017-44
pp.63-67
MWP 2017-11-09
15:10
東京 機械振興会館 波長分散フェージングの影響を回避する並列型IM/PM送信器を用いた超大容量モバイルフロントホール向けIF-over-Fiber伝送方式
石村昇太KDDI総合研究所)・Byung Gon KimKAIST)・田中和樹西村公佐KDDI総合研究所)・Hoon KimYun C. ChungKAIST)・鈴木正敏KDDI総合研究所MWP2017-47
本稿では、波長分散フェージングの影響を簡易に回避できる、並列型IM/PM送信器を用いた大容量モバイルフロントホール向けI... [more] MWP2017-47
pp.13-17
R, EMD, CPM, LQE, OPE
(共催)
2017-08-31
14:20
青森 弘前文化センター 波長掃引帯域の変動への適応によるSS-OCT膜厚計測値変動の抑制
上野雅浩坂本 尊豊田誠治佐々木雄三山口城治阪本 匡NTT)・藤本正俊山田真広浜松ホトニクス)・菅井栄一小平 徹NTT-ATR2017-26 EMD2017-20 CPM2017-41 OPE2017-50 LQE2017-23
層画像を高速に撮像する技術である。SS-OCTを用いた膜厚計測においては、波長掃引光源から出力された波長掃引光を観察対象... [more] R2017-26 EMD2017-20 CPM2017-41 OPE2017-50 LQE2017-23
pp.11-16
OFT 2017-05-25
15:40
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]モード変換器と干渉法を用いたフューモードファイバの波長分散測定
宮崎竜気大橋正治久保田寛和三好悠司阪府大)・柴田 宣日大OFT2017-9
フューモードファイバ(FMF)は光ファイバ通信における伝送容量拡大の手段として注目されている。FMFにおいてモード間の群... [more] OFT2017-9
pp.41-44
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-17
09:55
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) フォトニックバンドギャップファイバの表面モードの分散特性に及ぼす影響
小酒信昭久保田寛和三好悠司大橋正治阪府大OFT2016-50 OPE2016-167
中空コアフォトニックバンドギャップファイバ(PBGF)は光の伝搬媒質を空気とすることによって低損失,低分散な光ファイバの... [more] OFT2016-50 OPE2016-167
pp.29-32(OFT), pp.39-42(OPE)
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-17
13:20
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) 層状の屈折率分布を持つシリカコア光ファイバの伝送特性
南 良樹山下貴久古川慎一日大EMT2016-42
本研究では,層状の屈折率分布を持つ4重クラッド型シリカコア光ファイバについて,広波長域で波長分散を一定値に保つように設計... [more] EMT2016-42
pp.19-22
MWP 2016-11-14
15:20
東京 機械振興会館 Radio-over-Fiber技術とフォトダイオード集積型アレーアンテナモジュールを用いたミリ波帯におけるビーム制御
古屋琴子長山竜也秋葉重幸広川二郎安藤 真東工大MWP2016-50
無線基地局の省電力化や基地局間の電波干渉の低減を目的として, Radio-over-Fiber(RoF)技術を用いた遠隔... [more] MWP2016-50
pp.41-46
MWP 2016-11-14
16:10
東京 機械振興会館 光導波路型デバイスの波長分散測定法の検討と波長分散変化を用いたテラヘルツ波位相調整
山中友輔坂野豪紀春木 隼久保木 猛加藤和利九大MWP2016-52
近年、周波数0.1~10THzの電磁波であるテラヘルツ波に対して、近距離無線通信やイメージング等の分野での応用が期待され... [more] MWP2016-52
pp.51-55
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-23
10:50
北海道 北海道大学 マイクロ波帯光ファイバ無線システムにおける光変調歪の波長分散による補償 ~ OFDM信号のRoF伝送に関する検討 ~
遠藤 駿榊 悠示宮内正敦前田譲治東京理科大OCS2016-10
光ファイバ無線においては, 信号対雑音比確保のために光変調を深くすることが望まれる. これまでに筆者らは, 変調度が高い... [more] OCS2016-10
pp.5-9
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-24
13:15
北海道 北海道大学 パイロット系列を用いた帯域狭窄化および波長分散の適応前置補償
岡本聖司吉田光輝濱岡福太郎平野 章NTTOCS2016-18
前置補償を実ネットワークに適用することを指向して,パイロット系列を用いて送受信器間で帯域狭窄化および波長分散の推定量を通... [more] OCS2016-18
pp.49-54
LQE, EST, OPE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT, PEM
(連催) [詳細]
2016-01-29
09:00
兵庫 神戸市産業振興センター ラットレース回路一体型電気光学変調器による波長チャープ光変調と光ファイバ伝送特性の評価
中村亮太山本勝之河合 正榎原 晃兵庫県立大)・山本直克NICT)・川西哲也早大PN2015-86 EMT2015-137 OPE2015-199 LQE2015-186 EST2015-143 MWP2015-112
180°ハイブリッドとして動作するラットレース回路を一体化した電気光学光変調器による波長チャープ光変調を検討した.実際に... [more] PN2015-86 EMT2015-137 OPE2015-199 LQE2015-186 EST2015-143 MWP2015-112
pp.325-330
CS, OCS
(併催)
2016-01-22
10:15
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) Radio-over-Fiberを用いた60GHz帯集積型フォトニックアレーアンテナのビーム制御
平澤崇佳古屋琴子大石将之秋葉重幸広川二郎安藤 真東工大OCS2015-96
本稿では, Radio-over-Fiber (RoF) 技術を用いた無線基地局構成におけるフォトダイオードとアンテナの... [more] OCS2015-96
pp.47-50
CS, OCS
(併催)
2016-01-22
13:05
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 参照光時間インターリーブ16QAM伝送における参照光振幅拡大による分散耐性の改善
石村直敬岡村康弘徳島大)・塙 雅典山梨大)・高田 篤徳島大OCS2015-97
参照光時間インターリーブ16値直交振幅変調(16QAM)信号伝送における波長分散耐性改善を目指し,インターリーブ信号の信... [more] OCS2015-97
pp.51-56
 67件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会