お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
11:30
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 複数拠点ネットワークにおける類似インシデント評価手法の検討
熊崎真仁長谷川皓一山口由紀子嶋田 創名大)・高倉弘喜NIIICSS2020-31
複数拠点で構成される組織ネットワークでは拠点間でセキュリティ強度に差異が存在し、標的型攻撃の防御は困難であることが多い。... [more] ICSS2020-31
pp.31-36
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
11:55
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) インシデント対応策に残存する情報漏洩リスク評価システムの実装
野田朋宏長谷川皓一嶋田 創山口由紀子名大)・高倉弘喜NIIICSS2020-32
近年,標的型攻撃などの巧妙なサイバー攻撃が発生しており,その侵入を完全に防ぐことが難しく,侵入された後の実被害防止が重要... [more] ICSS2020-32
pp.37-42
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
10:25
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 標的端末に保存されたメールアドレスを用いたサンドボックス回避攻撃の概念実証
井上雄太田辺瑠偉横浜国大)・笠間貴弘井上大介NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2020-57
近年,検査対象ファイルをサンドボックス内で検査するセキュリティアプライアンスの導入が進んでいる.しかし,標的マシンでのみ... [more] ICSS2020-57
pp.184-189
ICSS 2020-11-26
15:00
ONLINE オンライン開催 複数拠点におけるインシデント対応支援システムの初期検討
熊崎真仁長谷川皓一山口由紀子嶋田 創名大)・高倉弘喜NIIICSS2020-22
複数拠点で構成される組織ネットワークでは拠点間でセキュリティ強度に差異が存在し、標的型攻撃の防御は困難であることが多い。... [more] ICSS2020-22
pp.17-20
ICSS 2020-11-26
15:25
ONLINE オンライン開催 インシデント対応策に残存する情報漏洩リスク評価システムの初期検討
野田朋宏長谷川皓一名大)・高倉弘喜NIIICSS2020-23
近年,標的型攻撃などの巧妙なサイバー攻撃が発生しており,その侵入を完全に防ぐことが難しく,侵入された後の実被害防止が重要... [more] ICSS2020-23
pp.21-25
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
09:25
ONLINE オンライン開催 新陳代謝型ネットワークを実現するための仮想ネットワーク置換方式
田村 悠宮岡祐太村山純一東海大IN2020-24
将来の標的型攻撃は,ネットワークにマルウェアを感染させ,パケット転送経路を改ざんする恐れがある.このような攻撃への対策と... [more] IN2020-24
pp.13-18
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
09:50
ONLINE オンライン開催 新陳代謝型ネットワークを実現するための仮想エッジルータ置換方式
宮岡祐太田村 悠村山純一東海大IN2020-25
将来のサイバー攻撃では,マルウェアが標的ネットワークのパケット転送経路を改ざんする可能性がある.このような攻撃への対策と... [more] IN2020-25
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
仮想ルータの逐次更新を実現するための動的経路情報の継承方式
田村 悠宮岡祐太村山純一東海大IN2019-93
今後の標的型攻撃では,ルータに感染したマルウェアプログラムがさまざまな問題を引き起こす可能性がある.そこで,我々はルータ... [more] IN2019-93
pp.103-108
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
16:00
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス [招待講演]サイバー攻撃の現状と対策 ~ ネットワークエンジニアのためのサイバーセキュリティ概説 ~
矢野由紀子NECCQ2019-93
昨今、サイバー攻撃が拡大し、公的機関の機微情報、企業や大学の知的財産や最新技術情報、個人情報などの情報流出や、仮想通貨な... [more] CQ2019-93
p.27
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
11:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 DNSトンネリング検知のためのキャッシュ特性に基づく特徴量
石倉直武近藤大嗣戸出英樹阪府大NS2019-93
多くの企業が標的型攻撃による情報漏洩の脅威にさらされており,近年ではその流出ルートにDNSトンネリングが利用されている.... [more] NS2019-93
pp.25-30
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-23
10:20
高知 高知工科大学 擬似的な標的型攻撃の実行に向けた攻撃シナリオ生成方式のアプローチ
髙橋佑典島 成佳内藤厚典NEC)・田辺瑠偉吉岡克成横浜国大ISEC2019-13 SITE2019-7 BioX2019-5 HWS2019-8 ICSS2019-11 EMM2019-16
ますます脅威が増大している標的型攻撃への対策として,対応する人材の育成を目的としたサイバー演習が実施されている.サイバー... [more] ISEC2019-13 SITE2019-7 BioX2019-5 HWS2019-8 ICSS2019-11 EMM2019-16
pp.7-14
AI 2019-07-22
16:30
北海道 函館コミュニティプラザ Gスクエア 部分観測マルコフ決定過程に基づくサイバー攻撃のモデル化
伊神和馬八槇博史東京電機大AI2019-15
サイバー攻撃の一種である標的型攻撃は,個人や組織を標的として定めて高度な技術を駆使して行われるため情報システムにおける大... [more] AI2019-15
pp.77-82
ICSS 2018-11-21
16:05
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) [招待講演]Interop Tokyo 2018 ShowNetにおけるセキュリティの取り組み
橋本賢一郎ラストライン)・神宮真人NICT)・遠峰隆史レピダムICSS2018-59
昨今,サイバー攻撃が高度化し業界を問わず被害が拡大している.今後は,IoT(Internet of Things) デバ... [more] ICSS2018-59
p.37
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-07
15:40
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター システム内活動の紐付けによる悪性活動の定義方式に関する研究
小池拓矢情報セキュリティ大)・大窪巳祐アイネス総研)・辻 秀典橋本正樹情報セキュリティ大ICSS2017-60
近年、情報システムへの攻撃が大規模・複雑化しており、社会への影響も継続的に深刻化し続けているため、これに対抗する様々な研... [more] ICSS2017-60
pp.55-60
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
11:10
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター 教師あり機械学習を用いた重要囮文書の判定手法
肖 遥森島周太横浜国大)・渡辺露文横浜国大/富士ソフト)・吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2017-72
近年の標的型メール攻撃では,文書ファイルを装ったマルウェアや文書閲覧ソフトの脆弱性を突く悪性文書ファイルが添付ファイルと... [more] ICSS2017-72
pp.127-132
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 複数端末の連携による高度な標的型攻撃を阻止するための分散型通信制御方式
前田龍志村山純一東海大IN2017-90
近年,企業を標的としたサイバー攻撃が深刻化している.その被害の多くは情報漏洩である.対策として,セキュリティゲートウェイ... [more] IN2017-90
pp.5-10
RCS, IN, NV
(併催)
2017-05-12
11:10
東京 機械振興会館 イントラネットからの情報漏洩防止のための端末操作分析機能の分散化技術
前田龍志村山純一東海大IN2017-5
近年,標的型攻撃の被害が深刻化している.この攻撃は,企業の情報資産を漏洩させる.対策としては,セキュリティゲートウェイが... [more] IN2017-5
pp.21-24
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
11:20
長崎 長崎県立大学シーボルト校 通信コミュニティ分析に基づく標的型攻撃のLAN内侵入拡大の検知
長山弘樹胡 博小山高明三好 潤NTTICSS2016-65
近年,標的型攻撃による被害が拡大しており対策は急務である.標的型攻撃では,攻撃者が感染端末を踏み台とし,長期に渡って企業... [more] ICSS2016-65
pp.153-158
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
15:40
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) Struggling against New-Born Malwares Attached to Mails
Motoyuki OhmoriNaoki MiyataKiyoyuki NakashimaKenichi TakahashiTottori Univ.SITE2016-70 IA2016-100
We, Tottori University, have been experiencing targeted atta... [more] SITE2016-70 IA2016-100
pp.51-56
IA, IN
(併催)
2016-12-16
13:20
広島 広島市立大学 講堂小ホール 出口対策に向けた耐感染性を有したネットワーク監視並びに防御システムの検討
佐藤康次関谷勇司東大IN2016-82
標的型攻撃によるデータ漏洩が大きな問題となっている.標的型攻撃は,特定のシステムに対して様々な攻撃を繰り返すという特徴を... [more] IN2016-82
pp.91-96
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会