お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2018-09-18
10:40
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) 言語処理装置としての脊髄反射回路 ~ 言語情報オートマトン正規化のための工夫(デジタル言語学) ~
得丸久文著述業COMP2018-10
デジタル言語学は,言語処理は脳室内免疫細胞ネットワークであると仮説する.それは脊髄記号反射の回路であるため,デジタル言語... [more] COMP2018-10
pp.9-16
VLD 2016-03-01
09:00
沖縄 沖縄県青年会館 不一致検出とハッシュ探索に基づくパケット検索エンジンLSI
川村嘉郁今村幸祐金沢大)・三浦直樹浦野正美重松智志NTT)・松村哲哉日大)・松田吉雄金沢大VLD2015-118
パケット検索エンジンには高スループット,かつ低消費電力が求められる.以前,我々は一致/不一致検出回路によるパケット検索エ... [more] VLD2015-118
pp.43-48
AI 2014-11-29
10:55
福岡 九州工業大学 サテライト福岡天神11階 動向に関する問いに答えるコンテクスト検索エンジンのデータ市場への応用に関する検討
高間康史Yanjun Zhu桑折章吾山口晃一首都大東京AI2014-26
我々は,動向に関する問いにタスクを限定することで,現在の検索エンジンよりも高度な検索機能を提供するコンテクスト検索エンジ... [more] AI2014-26
pp.5-8
IN 2014-04-18
14:15
京都 京都府中小企業会館 TCAMの並列パイプライン化により検索エンジンの省電力化を実現する多次元TCAMアーキテクチャの提案
奥田兼三・○名和雅実阿多信吾阪市大)・矢野祐二黒田泰斗ルネサス エレクトロニクス)・岩本 久REVSONIC)・井上一成奈良高専/阪大)・岡 育生阪市大IN2014-7
ネットワーク機器において,高速検索を実現するためにTCAM (Ternary Content Addressable M... [more] IN2014-7
pp.67-72
IA 2012-11-19
14:30
福島 かんぽの宿いわき(福島) オープンソース検索エンジンにおけるランキング機能拡張とその性能チューニングに関する一考察
久保田吉徳秋山豊和河合由起子白石優旗京都産大IA2012-54
近年,ソーシャルネットワークをはじめとして,ネットワークグラフ構造分析の必要性が高まっており,大規模グラフ解析の研究が活... [more] IA2012-54
pp.13-18
ET 2011-11-04
15:30
沖縄 琉球大学 調べることで学ぶ ~ 学習理論と実践 ~
殷 成久曾 駿田畑義之廣川佐千男九大ET2011-65
我々は様々な手段によって学習し,知識を獲得している.例えば分からない単語があると,辞書で調べるというのもその一つである.... [more] ET2011-65
pp.55-60
IN, NS
(併催)
2011-03-03
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター リニアサーチを併用した決定木によるフロー検索ハードウェアエンジン
小林栄太山垣則夫竹中 崇神谷聡史本村真人NECNS2010-203
近年,複数のパケットヘッダ情報を用いてデータフローの単位でパケットを識別する高機能なルータやスイッチが出現し,パケットを... [more] NS2010-203
pp.229-234
TL 2011-02-04
16:00
東京 機械振興会館 検索クエリにおける修飾構造の調査
中渡瀬秀一大山敬三NIITL2010-54
本発表では、大規模なWeb検索クエリログを対象にした入力フリーワードの分析結果について報告する。利用者が検索エンジンに入... [more] TL2010-54
pp.49-52
AI 2010-11-19
14:15
福岡 九州大学 観光イベントについての「といえば検索」の提案
殷 成久呉 小斌廣川佐千男中藤哲也九大AI2010-38
Webの発達により,ホテルや交通手段の検索や予約,ブログによる評判情報の検索など,多くの観光情報を利用できるようになった... [more] AI2010-38
pp.43-47
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-01
13:25
青森 弘前大学 検索エンジンによるマルウェア接続先評価手法の提案
青木一史秋山満昭岩村 誠伊藤光恭NTTISEC2010-18 SITE2010-14 ICSS2010-24
マルウェアの動的解析は,インターネットへの接続が可能な環境で行うことで,より多くの解析結果を取得できる.しかしながら,全... [more] ISEC2010-18 SITE2010-14 ICSS2010-24
pp.75-80
ITS, IEE-ITS
(共催)
2010-03-09
15:40
京都 京都大学 都市景観内スポット情報とWeb上の住所情報を用いたポジショニングシステムの性能改善
酒井健多・○永長知孝関東学院大ITS2009-98
本稿では,都市景観内スポット情報とWeb上の住所情報を用いたポジショニングシステムの性能改善手法の検討が行われている.ま... [more] ITS2009-98
pp.77-82
ET 2010-03-05
11:25
高知 高知大 Web検索を利用した9ヶ国語作文支援の改良
古川陽平綱島祐一安藤一秋香川大ET2009-125
近年,英語や中国語など第二言語で読み書きする機会が増加している.第二言語で作文する際に辞書を参照するが,訳語・熟語に対す... [more] ET2009-125
pp.125-130
DE 2009-07-28
11:30
兵庫 神戸ファッションマート 複数キーワードクエリに対する検索ヒット数の信頼性検証
舟橋卓也曽根広哲早大)・山名早人早大/NIIDE2009-4
これまでに検索エンジンのヒット数を利用して自然言語処理やWeb規模の推定を行う研究が行われている.これらの研究において,... [more] DE2009-4
pp.19-24
ET 2009-03-07
11:05
香川 香川大 検索エンジンを利用した9ヶ国語作文支援ツール
古川陽平綱嶋祐一岡田壮史安藤一秋香川大ET2008-96
近年,社会のグローバル化に伴い,母国語以外の言語に接する機会が増加している.母国語以外で作文する場合,辞書や書籍等では,... [more] ET2008-96
pp.17-22
PRMU, DE
(共催)
2008-06-20
11:10
北海道 小樽市民会館 検索エンジンのランキングにおける日本語版ウィキペディアの影響力
曽根広哲吉田泰明平手勇宇早大)・山名早人早大/NIIDE2008-16 PRMU2008-34
検索エンジンはインターネットで情報を探す手段として欠くことができない.また,ユーザは検索エンジンの検索結果から得られる情... [more] DE2008-16 PRMU2008-34
pp.89-94
ET 2008-03-08
09:55
徳島 徳島大学 検索エンジンを利用した多言語作文支援
綱嶋祐一岡田壮史安藤一秋香川大ET2007-97
近年,第二言語で読み書きする機会が増加している.第二言語で作文を行う場合,用例文が非常に有用である.Webには,様々な言... [more] ET2007-97
pp.73-78
DE 2007-07-02
17:10
宮城 秋保温泉(仙台) 検索エンジンを用いた英文冠詞誤りの検出
平野孝佳平手勇宇早大)・山名早人早大/NIIDE2007-48
近年,英語の必要性はますます高くなっており,英作文を書く機会も増えてきている.本稿では,日本人の英作文によく見られる冠詞... [more] DE2007-48
pp.157-162
DE 2007-07-03
15:50
宮城 秋保温泉(仙台) 商用検索エンジンのランキングに関する定量的評価と特徴解析
吉田泰明上田高徳田代 崇平手勇宇早大)・山名早人早大/NIIDE2007-95
現在,Web上の情報は膨大であり,欲しい情報をWeb上から探すために検索エンジンが広く用いられている.このように,検索エ... [more] DE2007-95
pp.441-446
ET 2007-03-09
15:25
高知 高知工科大学 検索エンジンを用いた英作文支援ツール
綱嶋祐一川崎優太安藤一秋香川大
近年,英語の重要性は高まっており,英語の文章を読む,英作文を行う機会が増加した.現在英作文を支援する研究として,検索エン... [more] ET2006-121
pp.87-92
AI 2005-05-31
16:30
東京 機械振興会館 検索隠し味の半自動生成を目的とした訓練データの精製
鈴木悠生・○鍋島英知岩沼宏治山梨大
小久保らによる検索隠し味を用いた専門検索エンジンの構築手法は,高い適合率と再現率を示す非常に優れた手法である.しかしなが... [more] AI2005-6
pp.27-31
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会