お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 125件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 高指向性テラヘルツ波を用いた高セキュリティ無線通信の原理確認 ~ ホモダイン検波及びヘテロダイン検波によるアンド演算の実現 ~
河合優佑山内健太加藤和利九大OPE2020-55 LQE2020-35
我々は無線通信における物理層でのセキュリティ向上を目指した暗号化方式を検討している。その一手法として、指向性が高いテラヘ... [more] OPE2020-55 LQE2020-35
pp.53-57
OPE, OCS, LQE
(共催)
2020-10-23
09:05
ONLINE オンライン開催 Kramers-Kronig受信器における標本化によるペナルティの低減に関する一検討
鳥羽健太郎藤田高羽津久井エンツォカーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大OCS2020-8 OPE2020-31 LQE2020-11
Kramers-Kronig (KK) 関係を用いて位相情報を復元する直接検波方式は, 次世代のデータセンタ内・間向けの... [more] OCS2020-8 OPE2020-31 LQE2020-11
pp.1-6
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2020-08-28
16:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]テラヘルツ波検出素子の新展開:フェルミレベル制御バリアダイオード
伊藤 弘北里大)・石橋忠夫NELテクノR2020-18 EMD2020-17 CPM2020-10 OPE2020-30 LQE2020-10
広帯域で低雑音な動作を実現するための新たなテラヘルツ波検出器,「フェルミレベル制御バリア(FMB)ダイオード」を開発した... [more] R2020-18 EMD2020-17 CPM2020-10 OPE2020-30 LQE2020-10
pp.43-46
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
15:35
ONLINE オンライン開催 厳しい2重選択性環境のための伝送路予測多重遅延検波を用いた差動トレリス符号化OFDM
岩本航汰久保哲朗久保博嗣立命館大RCS2020-89
本報告では,時間選択性と周波数選択性が厳しい2重選択性環境に有効な差動トレリス符号化OFDM (OFDM : ortho... [more] RCS2020-89
pp.55-60
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
16:00
ONLINE オンライン開催 予測形判定帰還多重遅延検波を用いた差動OFDMの基本特性
長舩大陽久保博嗣立命館大RCS2020-90
OFDM (orthogonal frequency division multiplexing) は,周波数選択性に有... [more] RCS2020-90
pp.61-67
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2020-02-27
15:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館 偏波間位相差シフト変調光の直接検波回路
岡田悠平高橋 浩上智大OCS2019-80 OFT2019-64 OPE2019-103
本論では、光波の直交する2つの偏波間の位相差(Retardation)を用いた変調方式である偏波間位相差シフト変調方式(... [more] OCS2019-80 OFT2019-64 OPE2019-103
pp.13-16(OCS), pp.25-28(OFT), pp.25-28(OPE)
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
09:55
広島 広島市青少年センター 伝送路予測多重遅延検波を用いたマルチキャリア差動トレリス符号化変復調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
本報告では,優れた2重選択性耐性と受信感度を両立する,マルチキャリア (MC : multi-carrier) 差動トレ... [more] IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
pp.143-148
CS, OCS
(併催)
2020-01-16
10:00
大分 別府豊泉荘(大分) トレリスパス制限MLSE適用による255-Gbps PAM8 O帯 SMF 10-km伝送の実証
谷口寛樹山本秀人中村政則木坂由明NTTOCS2019-65
近年のデータセンタネットワークのトラフィック増大に伴い、短距離向け光伝送システムの大容量化が期待されている。大容量化に伴... [more] OCS2019-65
pp.1-6
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-12-06
11:35
岩手 アイーナ いわて県民情報交流センター [依頼講演]FM一括変換方式を用いた光映像配信技術
下羽利明吉田智暁寺田 純NTTCS2019-84 IE2019-64
映像配信事業者からの地上デジタル信号,BS /CS信号などの多チャンネルの映像信号をFTTH 網によって各ユーザ宅まで伝... [more] CS2019-84 IE2019-64
pp.97-101
OPE, LQE, OCS
(共催)
2019-11-11
16:45
東京 機械振興会館 [特別招待講演]位相変調及び単側波帯変調/直接検波を用いたSSBI抑圧高品質アナログモバイルフロントホール伝送方式
石村昇太カオ シュン ユン田中和樹西村公佐鈴木正敏KDDI総合研究所OCS2019-59 OPE2019-97 LQE2019-75
本特別招待論文では、ECOC2019ポストデッドライン論文にて提案した、従来、直接検波システムにおいて問題であった信号光... [more] OCS2019-59 OPE2019-97 LQE2019-75
pp.37-41
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-18
09:30
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) 光OFDM信号のホモダイン検波
水鳥 明末次雄喜片山健夫大分大OCS2019-40 OPE2019-78 LQE2019-56
ガードバンドを設定した光直交周波数多重(OFDM)信号に対しパイロット光なしで局発光をCOSTASループによりターゲット... [more] OCS2019-40 OPE2019-78 LQE2019-56
pp.69-72
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2019-10-18
13:45
福岡 九州大学 (西新プラザ) CoFeB/Al界面におけるスピン伝導の評価
大日方初良宮崎圭司伊藤大樹大西紘平木村 崇九大MRIS2019-35
スピントロニクスデバイスの発展において、スピン流生成効率を向上させていくことは不可欠である。スピン流生成方法はいくつかあ... [more] MRIS2019-35
p.115
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
14:15
大阪 I-Siteなんば(大阪) 送信ダイバーシチを適用したFSK用狭帯域パイロットレス同期検波方式
山口歌奈子東中雅嗣佐野裕康岡村 敦三菱電機)・大鐘武雄西村寿彦北大RCS2019-144
本稿では,更なる長距離高信頼通信の実現に向け,位相回転送信ダイバーシチを適用したFSK(Frequency Shift ... [more] RCS2019-144
pp.211-216
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
15:35
岩手 MALIOS(盛岡) 非線形チャネル推定に基づくMLSEを用いた20-GHz帯域制限環境下におけるO帯255-Gb/s PAM-8光伝送の実証
谷口寛樹山本秀人中村政則木坂由明NTTOCS2019-18
近年のデータセンタネットワークのトラフィック増大に伴い、短距離向け光伝送システムの大容量化が期待されている。非線形応答を... [more] OCS2019-18
pp.43-46
RCS 2019-06-21
10:10
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 伝送路予測多重遅延検波を用いた差動トレリス符号化変調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大RCS2019-86
本報告では,高速時変伝送路下において良好な追随特性と受信感度を両立する通信方式について論じる.
移動に伴う高速フェージ... [more]
RCS2019-86
pp.285-290
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
11:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 衛星搭載AISにおける衝突パケットの逐次分離検出
清水星哉張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXARCS2018-316
AIS (Automatic Identification System) 信号は,衛星を用いることにより公海等遠洋にお... [more] RCS2018-316
pp.181-186
EMD, R
(共催)
2019-02-15
14:30
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 同一周波数の強電界環境下における中波送信アンテナインピーダンス測定に関する一手法 ~ システムの信頼性向上に向けて ~
有田 渉清水一馬野崎和彦内海俊人NHK)・白窪大司矢野史也NHKアイテック)・金森香子山添雅彦NHKR2018-55 EMD2018-56
中波送信システムの信頼性を確保するためには、送信アンテナを含めた保全が重要である。
しかし、保全にあたり、同一周波数... [more]
R2018-55 EMD2018-56
pp.19-24
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-17
16:20
大阪 大阪大学中之島センター [招待講演]直接検波を用いた複素変調光信号の復調方式
松本正行和歌山大PN2018-42 EMT2018-76 OPE2018-151 LQE2018-161 EST2018-89 MWP2018-60
周波数利用効率が高い信号伝送を低コストで実現するために,強度と位相が変調された信号を直接検波のみで復調する方式への期待が... [more] PN2018-42 EMT2018-76 OPE2018-151 LQE2018-161 EST2018-89 MWP2018-60
pp.59-63
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
12:05
大阪 大阪大学中之島センター 電気光学効果を用いた光位相変調によるRFパラメータ計測の提案と実証
須長祐介千葉明人高田和正群馬大PN2018-71 EMT2018-105 OPE2018-180 LQE2018-190 EST2018-118 MWP2018-89
高周波(RF)信号は通信や測距技術など様々な応用がされており,その基盤技術として RF信号パラメータ計測は非常に重要であ... [more] PN2018-71 EMT2018-105 OPE2018-180 LQE2018-190 EST2018-118 MWP2018-89
pp.219-223
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
14:10
岡山 倉敷市芸文館 標準シングルモードファイバにおける短パルスを用いた光信号伝送の非線形耐性
加納颯人三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大OFT2018-54
長距離光ファイバ伝送では受光電力が小さいため、自然放出光雑音による信号対雑音電力比の劣化が生じる。受信電力を高くする方法... [more] OFT2018-54
pp.11-14
 125件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会