お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 78件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-01-24
13:40
鹿児島 鹿児島大学 稲盛会館 3辺シームレス透明PM駆動有機ELディスプレイの作製
宮原奨平沈 昌勲九大)・石代 宏コニカミノルタ)・服部励治九大EID2018-8
液晶パネルはバックライトを除くと半透過であるため、透明ディスプレイになりうるが、非発光であるため限られた場所でしか使用で... [more] EID2018-8
pp.9-12
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-01-22
13:45
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) Charge Transfer発光観察による有機薄膜太陽電池特性の解析
安田 剛物質・材料研究機構OME2018-37
有機薄膜太陽電池(OPV)は、現在においても絶え間ない材料開発が行われ、エネルギー変換効率(PCE)が向上し、共役高分子... [more] OME2018-37
pp.5-8
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-01-22
16:55
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) ポリエチレンイミンを用いたAlq3ベース逆構造型有機EL素子の特性と評価
青山 悟清家善之森 竜雄愛知工大OME2018-39
電子注入層にポリエチレンイミン(PEI)、発光層にAlq3を用いて、逆構造型有機EL素子を作製し、発光・電導機構の検討を... [more] OME2018-39
pp.33-36
OME, IEE-DEI
(連催)
2018-07-20
13:15
新潟 [19日](株)コロナ 本社 会議室, [20日]まちなかキャンパス長岡301会議室 [招待講演]多機能化を目指した有機光デバイスの作製
中 茂樹森本勝大岡田裕之富山大OME2018-12
有機材料のストークスシフトによる異なる発光・吸収波長帯を利用して、発光と受光の両機能を持つ複合デバイスができる。ここでは... [more] OME2018-12
pp.37-40
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-01-26
10:00
静岡 静岡大学 浜松キャンパス Rubrene/PTCDI-C13積層構造を持つマルチファンクションダイオードの特性改善
山田雅弘森本勝大中 茂樹岡田裕之富山大EID2017-42
有機材料のストークスシフトや異なる発光・吸収波長帯を利用して、発光とセンシングの両機能を持つ複合デバイスができる。これま... [more] EID2017-42
pp.69-72
OME, IEE-DEI
(連催)
2017-07-28
13:00
富山 富山大学 [招待講演]有機EL素子における正孔注入材料・輸送材料の開発指針と現状
森 竜雄愛知工大OME2017-17
有機EL素子では有機薄膜の多層構造を利用して効率よくキャリア注入・輸送を実現してキャリア再結合ができる。キャリア注入を促... [more] OME2017-17
pp.1-6
CPM 2017-07-22
11:33
北海道 北見工業大学第一総合研究棟2F多目的講義室 [招待講演]薄膜電子材料開発のための低ダメージスパッタ成膜技術開発の歩み
星 陽一東京工芸大CPM2017-38
著者は43年前に、始めてスパッタ法を用いてYIG膜の作製を試みる機会が与えられた。酸素負イオンや2次電子衝撃のために所望... [more] CPM2017-38
pp.89-94
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
13:10
広島 みやじま杜の宿(広島) 光EFISHG法による有機EL素子の非破壊寿命推定
田口 大間中孝彰岩本光正東工大EMD2016-81 MR2016-53 SCE2016-59 EID2016-60 ED2016-124 CPM2016-125 SDM2016-124 ICD2016-112 OME2016-93
電界誘起光第2次高調波発生法(光EFISHG法)は、有機材料・デバイス内部のキャリア挙動を光学的にプローブできる測定手法... [more] EMD2016-81 MR2016-53 SCE2016-59 EID2016-60 ED2016-124 CPM2016-125 SDM2016-124 ICD2016-112 OME2016-93
pp.59-64
OME, IEE-DEI
(連催)
2017-01-19
11:45
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) 振動するOLED照明の生理学的効果
湯田恵美小笠原宏樹吉田 豊早野順一郎名古屋市大
10秒周期の呼吸や心拍変動の0.1 Hz付近のゆらぎの増加をリラクセーションの誘導に利用する試みがなされている。そこで、... [more]
OME 2016-10-28
15:20
東京 機械振興会館 [招待講演]変位電流測定の基礎と有機発光素子の動作機構解析
野口 裕明大)・石井久夫千葉大OME2016-43
変位電流評価法(DCM)は,有機半導体素子に三角波電圧を印加し,その応答電流特性を解析することにより電荷注入・蓄積・トラ... [more] OME2016-43
pp.21-24
OME, IEE-DEI
(連催)
2016-07-14
15:30
石川 金沢大学 (7/14),しいのき迎賓館 (7/15) ラミネート法を用いた半透明ポリマーEL素子の作製
西岡酉樹・○中 茂樹岡田裕之富山大OME2016-29
ラミネート法による半透明ポリマーELデバイスの作製について検討した.陽極と陰極の両電極としてindium-tin-oxi... [more] OME2016-29
pp.19-22
EID, SID-JC
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2015-07-30
17:00
東京 機械振興会館 [依頼講演]有機ELディスプレイの時間アパーチャー適応制御駆動検討
薄井武順佐藤弘人高野善道石井啓二山本敏裕NHKEID2015-5
ホールド発光型ディスプレイの動画質を改善するために,1フレームの時間開口率を短くする手法が提案されている.しかし,有機E... [more] EID2015-5
pp.39-42
OME 2015-05-29
13:30
東京 機械振興会館 白金錯体を発光層に有する近赤外燐光発光有機EL素子の劣化解析
梶井博武上田達也大森 裕阪大OME2015-18
有機EL素子の素子寿命を改善するためには,素子の劣化機構を明らかにする必要がある.白金錯体であるPt tetraphen... [more] OME2015-18
pp.1-4
OME 2015-05-29
14:45
東京 機械振興会館 デバイスシミュレータを利用した正孔注入層/ナフチル置換ジアミン誘導体の電導解析
坂井田雅人光崎茂松古橋秀夫森 竜雄愛知工大OME2015-21
本研究の目的は,有機EL素子において正孔輸送材料として使用されるNPD(ナフチル置換トリフェニルジアミン誘導体)と,正孔... [more] OME2015-21
pp.15-19
OME 2015-03-17
13:00
東京 東工大南4号館S421講義室 [特別招待講演]有機光エレクトロニクスの40年:過去から未来へ
雀部博之千歳科技大OME2014-82
高分子などの有機材料がパッシブな電気材料からアクティブな電子材料、さらに光材料に展開され始めたのは1970年代後半からで... [more] OME2014-82
pp.1-6
OME 2015-03-17
16:50
東京 東工大南4号館S421講義室 針状電極を用いた噴霧液滴のイオン化効率の向上と有機ELへの応用
福田武司佐藤 新埼玉大OME2014-88
有機ELはディスプレイや照明用途での応用が期待されており、次世代の製造技術として各種塗布法が検討されている。我々は超音波... [more] OME2014-88
pp.33-36
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2015-01-23
09:48
京都 龍谷大学響都ホール校友会館 有機ELディスプレイのアパーチャー制御駆動における画質改善手法の検討
薄井武順佐藤弘人高野善道山本敏裕石井啓二NHK
ホールド発光型ディスプレイの動画質を改善するために,1フレームの時間開口率を短くする手法が提案されている.しかし,有機E... [more]
OME 2014-11-29
11:30
鹿児島 奄美大島商工会議所会議室 [招待講演]反応性末端を持つ自己組織化膜を用いた有機/無機界面制御
臼井博明東京農工大OME2014-64
有機デバイスでは有機/無機電極の接合形成が必須となるが,両者では材料の性質が大きく異なるため,異種界面の制御は容易でなく... [more] OME2014-64
pp.25-30
EID, SID-JC
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2014-07-29
14:30
東京 機械振興会館 [依頼講演]塗布型有機トランジスタ駆動によるフレキシブル有機ELディスプレイの開発
水上 誠奥 慎也時任静士山形大
フレキシブル有機ELディスプレイはフレキシブルの特徴を忠実に実現できるものとして期待されている。本研究では塗布型有機トラ... [more]
IMQ 2014-05-16
13:25
東京 東海大学 高輪キャンパス 計算作業や読書におけるLEDと有機EL照明の生体影響に関する比較評価
稲嶺清弥高橋恭佑中口俊哉川平 洋千葉大IMQ2014-2
これまで室内照明としては蛍光灯や白熱電球が一般的であり,また,近年はLED照明が使用されてきたが,省エネルギー性やデザイ... [more] IMQ2014-2
pp.7-12
 78件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会