お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-21
16:25
ONLINE オンライン開催 リチウムイオン蓄電池内部インピーダンス推定と機械学習を用いた劣化解析の評価
西村祐一郎伊藤秀晃福井正博立命館大NLP2021-90 MICT2021-65 MBE2021-51
リチウムイオン蓄電池の従来の状態解析技術として,交流インピーダンス解析が有効であることが知られているがその取得には恒温槽... [more] NLP2021-90 MICT2021-65 MBE2021-51
pp.71-76
SANE 2021-12-16
13:45
千葉 千葉大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
飛行試験データによる複数DMEによる測位誤差の検討
田嶋裕久毛塚 敦電子航法研SANE2021-73
複数DMEにおける測位アルゴリズムを検討した。GPSと同様に連立方程式を解くことが基本となるが、DMEでは距離測定値が得... [more] SANE2021-73
pp.58-62
SIS 2021-12-03
14:40
ONLINE オンライン開催 製本原稿に対する単眼カメラ撮影画像の湾曲補正手法
土井 猛辻 裕之木村誠聡神奈川工科大SIS2021-29
書籍をデータ化する際に様々なスキャナやカメラが用いられているが,最も簡便な手法としてはスマートフォンのカメラ機能による撮... [more] SIS2021-29
pp.43-48
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-28
14:55
ONLINE オンライン開催 3機の無人航空機を用いたユーザ三次元位置検出手法の特性評価
深谷泰良石川博康日大SAT2021-22
無人航空機システム(UAS: Unmanned Aircraft System)では,高度150~1,000mの上空を無... [more] SAT2021-22
pp.12-17
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-28
13:50
ONLINE オンライン開催 NMFのための分散HALS法における平均合意アルゴリズムの単純化
林 京寿右田剛史高橋規一岡山大NC2021-3 IBISML2021-3
非負値行列因子分解 (NMF: Nonnegative Matrix Factorization) は与えられた非負値行... [more] NC2021-3 IBISML2021-3
pp.15-22
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-28
14:15
ONLINE オンライン開催 ランダム化NMFにおける最適化問題の修正とHALS法に基づく解法の提案
舛田昂生右田剛史高橋規一岡山大NC2021-4 IBISML2021-4
非負値行列因子分解(Nonnegative Matrix Factorization: NMF)は,与えられた非負値行列... [more] NC2021-4 IBISML2021-4
pp.23-30
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2019-07-31
09:10
岩手 岩手大学 低プレート電圧における三極真空管のモデリングとLTspiceモデルの作成
有村光晴湘南工科大CAS2019-11 VLD2019-17 SIP2019-27 MSS2019-11
20V以下という低いプレート電圧で真空管6AS5のプレート電圧,グリッド電圧,プレート電流の特性を実測した.このデータを... [more] CAS2019-11 VLD2019-17 SIP2019-27 MSS2019-11
pp.43-48
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]反復再重み付け最小二乗法による正則化モード回帰
山崎遼也田中利幸京大IBISML2018-88
モード回帰では,モーダルEM(modal EM; MEM)もしくは反復再重み付け最小二乗法(iteratively re... [more] IBISML2018-88
pp.329-335
SAT 2017-10-26
11:00
沖縄 沖縄セルラー電話株式会社 A Signal Space Theory of Interferences Cancellation Systems
Osamu IchiyoshiHNB21CSAT2017-41
昨年のJSATで筆者は干渉波相殺法の解析法として源の異なる信号の無相関性を直交性として空間表示する信号空間論を提案し、そ... [more] SAT2017-41
pp.17-22
SAT 2017-10-27
09:00
沖縄 沖縄セルラー電話株式会社 無人航空機を用いたドップラーシフトに基づくユーザ位置検出手法
石川博康大貫紘季斉藤祐貴日大SAT2017-48
無人航空機システム(UAS: Unmanned Aircraft System)では,時速40~100km/hで高度15... [more] SAT2017-48
pp.65-70
AP, SAT, SANE
(併催)
2017-07-28
15:15
愛知 名古屋工業大学 衛星搭載大型アンテナのフットプリント計測における精度評価
佐藤正樹藤野義之三浦 周織笠光明秋岡眞樹辻 宏之豊嶋守生NICTSAT2017-17
これまで,大型アンテナを搭載する衛星において,鏡面の熱歪みが要因と考えられるビーム形状の時間変化が報告されている.我々は... [more] SAT2017-17
pp.57-62
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
13:40
北海道 北海道大学 [ポスター講演]同一方向到来音源に対する遠方音源収音のための2つの指向性制御を用いた非線形処理手法の検討
澤藤圭吾羽田陽一電通大EA2017-20
本研究は,同一方向から到来する2つの音源に対して,遠方側に存在する音源のみを収音することを目的としている.遠方音源のみの... [more] EA2017-20
pp.111-116
OFT 2017-05-25
16:50
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]2モードファイバのLP11モードの曲げ損失の評価法
垂野将明久保田寛和大橋正治三好悠司阪府大OFT2017-13
2モードファイバのLP11モードの曲げ損失の曲げ半径依存性の評価法を提案する。曲げを加えない場合のパワーと3種類の異なっ... [more] OFT2017-13
pp.59-62
VLD 2017-03-03
09:25
沖縄 沖縄県青年会館 IoT機器向け一次電池高精度残量推定システムの開発
塩浦裕文吉田直樹林 磊福井正博立命館大VLD2016-123
IoTデバイスの普及により,小型の一次電池の需要が見込まれるが,正確な電池の交換時期の把握が求められる。しかし,電池の残... [more] VLD2016-123
pp.115-120
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]円形アレイを用いた円調和展開モードに基づく3次元指向性制御
佐藤航也羽田陽一電通大EA2016-119 SIP2016-174 SP2016-114
本稿では,円形スピーカアレイを用いた3次元指向性制御を可能とするフィルタ設計について検討する.円形アレイは円筒(円柱)座... [more] EA2016-119 SIP2016-174 SP2016-114
pp.213-218
EA, US
(併催)
2017-01-25
13:00
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]確率的重み付き最小二乗法に基づく指向性制御
田中龍亮羽田陽一電通大EA2016-70
マイクロホンアレイを用いた指向性制御は, テレビ会議での収音時の雑音抑圧などに利用されている. 指向
性制御の手法に関... [more]
EA2016-70
pp.13-18
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-20
10:50
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) スパースさと滑らかさを調整できる非負値行列因子分解の新しい反復計算法と大域収束性
木村 匠高橋規一岡山大IT2016-93 SIP2016-131 RCS2016-283
非負値行列因子分解(Nonnegative Matrix Factorization:NMF)は与えられた非負値行列を二... [more] IT2016-93 SIP2016-131 RCS2016-283
pp.273-278
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-19
14:50
大分 別府 花菱ホテル 非線形推定法を用いた放射線無線モニタリング向け簡易走査型計測手法
中川善継村上知里都立産技研センター)・森 一幸佐藤春彦イングASN2016-74
福島原発事故から5年が経過し,関係省庁が主導する被災地の除染事業は宅地部を中心に一定の成果を遂げた.一方,除染後の放射線... [more] ASN2016-74
pp.31-36
RCS, AP
(併催)
2016-11-25
10:25
京都 京都市国際交流会館 平面アレーアンテナを用いた3次元他地点伝搬特性推定
阿部俊輔岩井誠人笹岡秀一同志社大AP2016-117
マルチパス環境において,フェージングの相関距離以上離れた地点の伝搬特性を推定する他地点伝搬特性推定方式が検討されている.... [more] AP2016-117
pp.59-64
PRMU 2016-10-21
11:40
宮崎 宮崎大学 細胞内の中心体追跡と移動原理推定
杉本 潤九大)・近藤 興木村 暁国立遺伝学研)・内田誠一九大PRMU2016-101
動物細胞を撮像した動画内の中心体を追跡し,移動の定量化と解析を行うバイオイメージ・インフォマティクスに取り組んだ.中心体... [more] PRMU2016-101
pp.61-66
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会