お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-06
16:55
東京 成蹊大学 短文に対する補助文脈を考慮した語義曖昧性解消
佐々木 稔茨城大NLC2018-18
本稿では,文脈を捉えにくい短文に対して補助文脈を追加する語義曖昧性解消手法について述べる.語義曖昧性解消を解く際,一般的... [more] NLC2018-18
pp.47-50
NLC 2016-02-04
15:30
京都 キャンパスプラザ京都 ノイズの海から評判情報を集める ~ 適合性フィードバックを用いたSNS検索語句の曖昧性解消と評判分析 ~
赤部晃一奈良先端大)・那須川哲哉吉川克正石井 旬日本IBMNLC2015-46
SNS を用いた評判分析において、検索語句の曖昧性が分析の妨げとなる場合がある。例えばある商品の分析を行おうとした場合に... [more] NLC2015-46
pp.13-17
NLC 2015-09-10
11:25
東京 コンベンションルーム AP渋谷道玄坂 日本語解析システム「雪だるま」 ~ 単語解析部の設計思想 ~
山本和英宮西由貴高橋寛治猪俣慶樹須戸悠太三上侑城長岡技科大NLC2015-19
現在我々が構築している日本語解析システム「雪だるま」のうち、単語解析部について述べる。既存の形態素解析器は十分な精度と速... [more] NLC2015-19
pp.13-18
NLC, TL
(共催) [詳細]
2015-06-04
14:35
徳島 徳島大学 格解析とオントロジーを融合した意味解析の語意味検出
賀 夢佳西出 俊任 福継徳島大TL2015-2 NLC2015-2
チャールズ・フィルモアによって提唱された格文法は、意味解析に莫大な影響を与えた。動詞を中心に、表層格と深層格の組み合わせ... [more] TL2015-2 NLC2015-2
pp.7-12
TL 2014-08-12
17:15
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール [ポスター講演]中国人日本語学習者の関係節付加の曖昧性解消における先行文脈の影響 ~ 文完成課題に基づいて ~
申 嬌輝中野陽子池本 優関西学院大TL2014-27
本研究は日本語母語話者と中国人日本語学習者が関係節付加曖昧構文を処理する時,先行文脈が関係節の先行詞の選択に影響するかど... [more] TL2014-27
pp.89-93
TL 2014-08-13
16:05
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール 日本語における関係節修飾のコーパス頻度
山田敏幸Douglas Roland新井 学広瀬友紀東大TL2014-35
例えば「[医師が触診している]患者の兄」のような日本語における関係節修飾曖昧性([RC] N1-GEN N2)の処理に関... [more] TL2014-35
pp.127-132
TL 2013-08-03
15:35
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス [ポスター講演]第二言語としての日本語における関係節付加曖昧構文の処理 ~ トルコ人日本語学習者と日本語母語話者において ~
中野陽子関西学院大)・カフラマン バルシュ東大TL2013-19
(事前公開アブストラクト) トルコ人学習者と日本語母語話者が関係節付加曖昧構文の処理において関係節の先行詞を選択する際、... [more] TL2013-19
pp.29-32
TL 2013-08-04
10:30
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 日本語の関係節修飾曖昧性における任意の再分析
山田敏幸広瀬友紀東大TL2013-30
本研究は、日本語の関係節修飾曖昧性(「関係節 N1の N2」(前者を近修飾、後者を遠修飾と呼ぶ))の処理において、文末の... [more] TL2013-30
pp.93-98
IE, MVE
(共催)
2012-03-12
15:00
富山 富山大学 能動的動作が二義的運動知覚に及ぼす影響
中村大志富山大)・石井雅博札幌市大IE2011-143 MVE2011-105
平面に投影された影から三次元物体の立体形状を知覚することは出来ないが,物体を回転させると立体形状を知覚できる(KDE).... [more] IE2011-143 MVE2011-105
pp.59-63
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
17:30
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 3次元運動パラメータ推定におけるホモグラフィ分解法による解の曖昧性のメカニズムとその改善法
劉 賀長谷博行東海彰吾福井大PRMU2011-181 MVE2011-90
本研究では、3次元運動パラメータ推定におけるホモグラフィ分解法による解の曖昧性のメカニズムについて検討した。二枚画像のみ... [more] PRMU2011-181 MVE2011-90
pp.353-358
NLC, TL
(共催)
2011-10-11
10:40
岡山 岡山大学大学院自然科学研究科棟 網羅的な検出を重視した異形パターンに基づく日本語慣用句同定システム
守屋将人竹内孔一岡山大TL2011-33 NLC2011-30
文中の慣用句を同定することは文章の構造化に必要不可欠であり,とりわけ動詞語義の同定には欠かせない技術である.
これは慣... [more]
TL2011-33 NLC2011-30
pp.45-50
TL 2011-08-05
14:45
広島 広島大学 VOS言語において有生性が語順に与える影響 ~ カクチケル語における線画描写課題での検討 ~
久保琢也広島大)・小野 創近畿大)・田中幹大昭和大)・小泉政利東北大)・酒井 弘広島大TL2011-11
これまでの研究によって有生性は文中の要素の産出順序に影響し、有生物は無生物よりも先に産出されやすいという結果が報告されて... [more] TL2011-11
pp.19-24
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2010-11-19
10:40
福井 フェニックスプラザ(福井県福井市) ホモグラフィ行列分解による唯一解に関する考察
劉 賀長谷博行東海彰吾福井大PRMU2010-120
3次元運動パラメータ推定のための解析的手法は、特にホモグラフィ分解法が広く多くの研究で使われている。しかし、よく知られた... [more] PRMU2010-120
pp.79-84
TL 2009-07-18
14:45
福岡 九大箱崎21世紀プラザII 日本語の形容詞句付加における構成素の長さ効果 ~ 事象関連電位を用いた検証 ~
楠部与誠小林由紀広瀬友紀東大TL2009-14
日本語の「形容詞句+NP1+の+NP2」という構造は,形容詞句をNP1に付加するのか,あるいはNP2に付加するのかという... [more] TL2009-14
pp.33-38
SIP, EA
(共催)
2008-05-29
10:30
大阪 関西大学 Ambiguity in Exact Unconditional ML Criterion for DOA Estimation
Haihua ChenMasakiyo SuzukiKitami Inst. of Tech.EA2008-6 SIP2008-15
本論文では,センサアレイを用いる方位推定について,
確率信号モデルに基づく厳密な最大尤度推定法 (exact Unco... [more]
EA2008-6 SIP2008-15
pp.1-6
NLC 2008-02-07
15:00
新潟 湯沢カルチャーセンター マルチプルアライメントによる放送に対する反響の抽出
小早川 健NHK/東大)・加藤直人NHK)・辻井潤一東大NLC2007-91
放送局に寄せられる電子的な意見を計算機によって分類する研究を行っている。放送に対する意見の分析に特徴的な事は、意見が述べ... [more] NLC2007-91
pp.25-30
AI 2007-05-31
15:00
東京 機械振興会館 軽量のテキスト処理による部分類似単語列検出方法
竹田隆治総研大)・高須淳宏NIIAI2007-7
同一の話題に関して書かれた文書中には類似した表現や文字列が頻出する。完全に同一の文字列であ
れば、検索用インデックス作... [more]
AI2007-7
pp.33-38
NLC 2006-07-27
13:30
北海道 はこだて未来大学 組織情報を用いた人名の曖昧性解消方式
相薗敏子日立
人名文字列とそれに対応する実体としての「人」には同姓同名による曖昧性がある。本研究ではまず,テキストに出現する人名の曖昧... [more] NLC2006-1
pp.1-6
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会