お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2010-11-26
15:00
東京 東京工業大学 グループワークを取り入れた演習における学習者間レポート相互添削の実践
藤原康宏岩手県立大)・永岡慶三早大ET2010-60
実践的な課題やグループワープの場面で,学習者間の相互評価を導入した実践がよく行われている.本稿では,グループワークにおけ... [more] ET2010-60
pp.65-70
ET 2008-07-19
09:55
福島 福島大学 街なかブランチ ピア・アセスメント支援システムを利用した紙媒体レポートの相互評価の実践
藤原康宏岩手県立大)・西久保健太永岡慶三早大ET2008-17
実践的な課題やグループワープの場面で,学習者間の相互評価を導入した実践がよく行われている.本稿では,レポートの改善のため... [more] ET2008-17
pp.1-6
ET 2007-06-23
14:30
愛知 名古屋大学 共同活動において即時的に相互評価を行える携帯端末の開発
市丸俊亮山下 淳筑波大)・加藤 浩メディア教育開発センター)・鈴木栄幸茨城大ET2007-12
本研究では、教育現場における評価活動の支援を目的とした評価システム“Sounding Board” の構築を行っている。... [more] ET2007-12
pp.25-30
ET 2006-03-04
14:05
香川 香川大工学部 相互評価のための課題提出評価支援システムの開発
藤原康宏岩手県立大/総研大)・大西 仁加藤 浩メディア教育開発センター/総研大
協調学習における評価では,学習コミュニティを構成する学習者同士が評価を行うことは有用な方法の1つである.しかし,実際に相... [more] ET2005-94
pp.5-10
ET 2006-03-04
10:55
香川 香川大工学部 IRTにおける解析的項目パラメータの推定アルゴリズムの提案
高橋征典植野真臣長岡技科大
近年のe-Learningの普及に伴い,異なるテストを受けても同一尺度上で
評価できる項目応答理論(Item Resp... [more]
ET2005-104
pp.11-16
ET 2005-10-15
16:10
広島 広島市立大 ポートフォリオ評価支援システムのための形式的記述手法の提案
森本康彦富士常葉大/長岡技科大)・喜久川 功東京工芸大)・植野真臣長岡技科大)・横山節雄宮寺庸造学芸大
近年,教育現場においてポートフォリオ評価が注目され,それに伴い電子ポートフォリオを扱うシステムが開発されている.しかしな... [more] ET2005-49
pp.63-68
ET 2005-03-05
10:00
徳島 徳島大学工学部 学習コミュニティメンバーによる相互評価のための評価者選択方法
藤原康宏岩手県立大/メディア教育開発センター)・加藤 浩メディア教育開発センター/総研大
協調学習における評価では、学習コミュニティを構成する学習者同士が評価を行うことは有用な方法の1つである。しかし、実際には... [more] ET2004-118
pp.97-100
ET 2005-01-28
15:20
北海道 拓殖大学 文京キャンパス 学習活動によるポートフォリオの分類と評価支援システムへの適用
森本康彦富士常葉大/長岡技科大)・高橋正行学芸大/行田工業高校)・植野真臣長岡技科大)・横山節雄宮寺庸造学芸大
近年,ポートフォリオ評価が注目され教育現場において用いられるようになってきた.しかしながら,学習活動による収集すべきポー... [more] ET2004-99
pp.25-30
ET 2004-10-16
10:15
岡山 倉敷芸術科学大学 ロジカルフローテスト分析で用いるグラフの差異度の分類と特性比較
竹谷 誠安木伸明拓殖大
学習者の構造的理解を有向グラフの一種であるロジカルフローグラフで表現し,評価する方法としてロジカルフローテスト分析法があ... [more] ET2004-39
pp.15-20
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会