電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 153件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, EMD
(共催)
WPT, PEM
(併催) [詳細]
2019-07-19
09:55
東京 機械振興会館 金接点の初期的接触現象についての研究
吉田喜郎
電気接点において通常は物理的な接触と電気的な接続が同時に始まり安定接触に至る。しかし接続の初期段階に生じている現象につい... [more] EMCJ2019-32 EMD2019-13
pp.13-17
EMD 2019-05-17
15:50
宮城 東北大学 サイバーサイエンスセンタ 交流電源における電磁コンタクタのアーク継続時間とエネルギーに及ぼす周囲気体の影響
吉田 清澤 孝一郎日本工大)・鈴木健司富士電機機器制御
電磁コンタクタを大気中と水素中で開離時アーク放電を発生させた。開離時アーク放電時のアーク継続時間ta,アークエネルギーE... [more] EMD2019-6
pp.29-34
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
15:50
東京 機械振興会館 脳波計測システムのためのノイズ評価手法
稲岡美咲和泉慎太郎吉本秀輔根津俊一野田祐樹荒木徹平植村隆文関谷 毅阪大
本研究では,脳波センサの接触抵抗とノイズ量評価を行うことができる装置を開発した.脳波はごく微弱であるため,接触抵抗由来の... [more] MICT2018-72
pp.23-26
EMD 2019-03-01
14:00
東京 電通大附属図書館306室 電磁コンタクタの連続開閉試験による電気接点の接触信頼性の評価
五十嵐正成大垣飛鳥澤 孝一郎吉田 清日本工大
本研究では、接点を微小負荷条件(DC5V3mA)の回路で500万回の開閉実験を行い、実験中の接触抵抗の変化を測定した。接... [more] EMD2018-67
pp.41-46
EMD 2019-03-01
14:15
東京 電通大附属図書館306室 交流電源での電磁コンタクタに対する開離時アークの諸特性への周囲気体の影響
五十嵐隆仁熊谷風馬吉田 清澤 孝一郎日本工大
電磁コンタクタを大気中と水素中で開離時アーク放電を発生させた。開離時アーク放電時のアーク継続時間ta,アークエネルギーE... [more] EMD2018-68
pp.47-52
EMD 2019-03-01
15:00
東京 電通大附属図書館306室 電磁コンタクタ連続開閉時のアーク継続時間などの諸特性への影響
竹内大貴澤 孝一郎吉田 清日本工大
接点部を密閉構造とすることで、アークの火花が外部に噴出することを防ぐができる。密閉した接点部に遮断性能を高めるガスを封入... [more] EMD2018-70
pp.59-62
EMD 2018-06-15
15:05
東京 機械振興会館 電磁コンタクタ用補助接点の溶融金属ブリッジとアーク放電等の諸特性に与える回路条件の影響
吉田 清澤 孝一郎日本工大)・鈴木健司富士電機機器制御
電磁コンタクタの補助接点に対して、DC10V,1Aの回路条件で10万回の開閉実験を行った。補助接点の接触抵抗Rc、アーク... [more] EMD2018-11
pp.19-23
ED 2018-04-19
13:55
山形 山形大学 凸版反転印刷電極を用いた有機トランジスタの四端子測定
圓岡 岳松井弘之竹田泰典山形大)・岡本朋子田邉弘介DIC)・時任静士山形大
有機トランジスタの電極形成法として、高精細な印刷が可能な凸版反転印刷法を用いることで、電極間距離(チャネル長)を短くする... [more] ED2018-2
pp.5-8
EMD 2018-03-02
13:05
埼玉 日本工業大学 電磁コンタクタのアーク継続時間に対する封入気体と圧力の影響
金子凌也船田広輝澤 孝一郎吉田 清日本工大
磁石付きの直流電磁コンタクタを水素,ヘリウム,クリーンエアの封入気体中で開離時アーク放電を発生させた。アーク継続時間ta... [more] EMD2017-57
pp.1-4
EMD 2018-03-02
13:20
埼玉 日本工業大学 電磁コンタクタの補助接点の接触信頼性に関する基礎実験
石和初良高橋一樹澤 孝一郎吉田 清日本工大
電磁コンタクタの補助接点に対して、DC10V,1Aの回路条件で10万回の開閉実験を行った。補助接点の接触抵抗Rc、アーク... [more] EMD2017-58
pp.5-8
EMD 2018-03-02
15:25
埼玉 日本工業大学 接触抵抗に及ぼすオイルの粘度の影響
上岡広樹青木裕介飯田和生三重大
現在、車載用のコネクタには挿入力の低減が要求されており、コンタクトオイルは解決手段の一つである。しかし、コンタクトオイル... [more] EMD2017-65
pp.37-40
EMD, R
(共催)
2018-02-16
14:35
三重 住友電装株式会社 低挿入力を実現した多極コネクタ用端子めっき
加藤暁博オートネットワーク技研)・渡邉 玄住友電装)・坂 喜文古川欣吾齋藤 寧オートネットワーク技研)・坂田知之住友電装
近年、自動車の電子制御化による性能向上は著しく、電子制御ユニットの数及び回路数は増加し、そこに使用されるコネクタの増加や... [more] R2017-63 EMD2017-55
pp.13-18
EMD 2017-05-19
14:30
北海道 千歳アルカディア・プラザ 最小アーク電圧以下で連続開閉した時の電磁コンタクタの諸特性
吉田 清澤 孝一郎日本工大)・鈴木健司高谷幸悦富士電機機器制御
小型の電磁コンタクタ(2対のAgNi合金の接点を有する)に対して、最小アーク電圧以下の電源電圧DC3Vを印加し、10,2... [more] EMD2017-2
pp.7-11
EMD 2017-03-03
13:05
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 6号館612講義室 電磁コンタクタの電極質量変化量への開離時アークの影響 ~ 電源電圧が最小アーク電圧以下の場合 ~
田中秀和山中雄登澤 孝一郎吉田 清日本工大
本研究では2対のAgとNi合金の接点を有する電磁コンタクタに対して、最小アーク電圧以下の電源電圧DC3Vを印加し、閉成時... [more] EMD2016-99
pp.1-4
EMD 2017-03-03
14:30
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 6号館612講義室 微摺動摩耗によるスズめっき接点の接触抵抗の変化
澤井泰宏飯田和生三重大)・明石隆文旭鍍金
現在,車載用のコネクタにはウィスカ対策からリフロー処理されたスズめっきが用いられている.
しかし,リフロー処理は,技術... [more]
EMD2016-104
pp.21-24
EMD, R
(共催)
2017-02-17
13:00
滋賀 オムロン草津事業所 コンタクトオイルの高温度特性と接触抵抗
玉井輝雄エルコンテック)・山川真弘テトラ
薄い金めっきを施された接触部は形状の小型と共に耐食性や摩耗、摩擦特性等で接触信頼性が劣化する。この問題を解決するためにコ... [more] R2016-60 EMD2016-87
pp.1-7
EMD, R
(共催)
2017-02-17
14:00
滋賀 オムロン草津事業所 銅合金上銀めっきの摩耗・摩擦に対する硬度の影響
澤田 滋住友電工)・呉 松竹中川梨絵小笠原 徹八代 仁岩手大)・齋藤 寧オートネットワーク技研
現在、車載用のコネクタでは、HEV/EVの進展、Auめっきの代替としてAgめっきが増加している。Agは導電率がもっとも高... [more] R2016-63 EMD2016-90
pp.19-24
EMD 2016-10-21
15:15
神奈川 レンタルホール湘南平塚 リレー接点における接点被膜生成現象とその表面分析法
青木 武前 TANAKA HD
電気接点が最初に本格導入されたのは1890年、米の自動交換機からであるが、その後、1970年代ディジタルシステムに置き換... [more] EMD2016-48
pp.13-17
EMD 2016-03-04
15:15
埼玉 日本工業大学 (学友会館) 電磁コンタクタの諸特性と電極質量変化量への閉成時アークの影響
高橋祐嘉日向野佑太澤 孝一郎吉田 清日本工大
AgNi合金を使用した接点を有する電磁コンタクタで実験を行い、アーク放電を閉成時のみに発生させる実験を行った。閉成時電流... [more] EMD2015-105
pp.25-28
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
11:40
愛知 豊田中央研究所 高シールド材の接合部から生じる漏洩磁界に関する実験的検討
矢矧宗一郎須賀良介上野伴希橋本 修青学大
一般的に筐体は接合部を有することが多く,
その接合部に生じる間隙等による接触抵抗に起因する漏洩磁界が
筐体本来のシー... [more]
EMCJ2015-94
pp.25-28
 153件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会