電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
11:45
高知 高知工科大学 欧州SATORIプロジェクトにおける研究開発倫理ガイドライン開発(1) ~ 背景と概要 ~
大谷卓史吉備国際大)・大澤博隆筑波大)・久木田水生名大)・西條玲奈京大ISEC2019-51 SITE2019-45 BioX2019-43 HWS2019-46 ICSS2019-49 EMM2019-54
本稿は、欧州SATORIプロジェクトの背景と概要を紹介し、インターネット研究および情報技術の研究・イノベーションにおける... [more] ISEC2019-51 SITE2019-45 BioX2019-43 HWS2019-46 ICSS2019-49 EMM2019-54
pp.333-340
SITE, IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(連催)
2017-12-09
09:45
愛媛 松山大学 共同行為としての生育情報取得支援 ~ ライフストーリーワーク開始時の合意形成はどのようなものか ~
壁谷彰慶千葉大SITE2017-60
ライフストーリーワーク開始時の児童との合意形成過程を、インフォームド・コンセントの「理解」条件を参考に検討することで、「... [more] SITE2017-60
pp.35-38
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
10:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム 学校教育に求められる著作権教育に関する研究
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・我妻潤子臼井洋子シュヴァン)・大谷卓史吉備国際大)・小野永貴日大)・鈴木二正慶應幼稚舎)・高瀬浩之和名ケ谷中)・塚本初恵ICT情報工房)・豊福晋平国際大)・中駄康博富士ソフト)・西尾琢郎桜台小)・森棟隆一白百合中高)・三輪吉和学習開発研)・工藤紗貴子文理)・渡辺光輝お茶の水女子大附属中ISEC2017-28 SITE2017-20 ICSS2017-27 EMM2017-31
昨今の著作権を巡る状況は激変している。時代に適した法やライセンシング体制等の整備は急務の課題である。初中等教育においても... [more] ISEC2017-28 SITE2017-20 ICSS2017-27 EMM2017-31
pp.205-210
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-07
13:25
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 社会的養護記録の本人開示と保存に関する制度と問題 ~ ケアリーバーに有益な記録管理のためのいくつかの課題 ~
壁谷彰慶千葉大ISEC2016-51 SITE2016-41 LOIS2016-29
社会的養護を経た児童が、養護を終えたあとになって、出生や成育に関する自己情報の取得を望む場合があるが、現状では、開示請求... [more] ISEC2016-51 SITE2016-41 LOIS2016-29
pp.5-8
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-03
16:40
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) ライフストーリーワーク・自己情報・アイデンティティ ~ 出生情報は児童のアイデンティティにどう関係するか ~
壁谷彰慶千葉大SITE2015-66 IA2015-98
ライフストーリーワークは、表面的には、児童の出生情報に関するやりとり(提示と受け入れ)と見なしうる。そこで、このワークの... [more] SITE2015-66 IA2015-98
pp.133-138
ET, SITE
(共催)
IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(併催)
(連催) [詳細]
2015-12-04
15:10
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA6階 601(ABC)研修室 大学におけるソーシャルネットワークキングサービス(SNS)利用ガイドラインの大学基盤教育への導入可能性の検討
高木秀明佐藤 匡大谷卓史吉備国際大)・芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・豊福晋平国際大SITE2015-48 ET2015-76
われわれの研究グループでは,大学におけるSNS利用ガイドラインのあり方を調査してきた.各大学で提示されているガイドライン... [more] SITE2015-48 ET2015-76
pp.41-46
ET, SITE
(共催)
IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(併催)
(連催) [詳細]
2015-12-05
16:40
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA6階 601(ABC)研修室 教育における情報フィルタリング再考
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・大谷卓史吉備国際大SITE2015-55 ET2015-83
教育におけるインターネットの情報フィルタリングについては、ウェブサイトの利用が劇的に普及した1990年代後半から2000... [more] SITE2015-55 ET2015-83
pp.143-148
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-06
09:00
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 アイデンティティ操作としての自己情報コントロール ~ 「アイデンティティ」をめぐる実践的諸問題と情報倫理学とのつながり ~
壁谷彰慶千葉大ISEC2015-36 SITE2015-23 LOIS2015-30
自身の「アイデンティティ」に対して個人がとる操作には、能動的なあり方と受動的なあり方とがある。それぞれの典型として、イン... [more] ISEC2015-36 SITE2015-23 LOIS2015-30
pp.1-6
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2015-05-28
14:50
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 電子的想起と<忘れられること>の情報倫理 ~ Schoenberger, Delete: The Virtue of Forgetting in the Digital Age (2009) を中心に ~
壁谷彰慶千葉大SITE2015-3
インターネットによって可能になった電子的記録を介した想起(電子的想起)は、利便性だけでなく、自然な忘却を阻み、想起可能性... [more] SITE2015-3
pp.11-16
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
15:45
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) 児童・生徒の保護者及び社会人を対象とする情報リテラシー・情報倫理地域社会教育の実行可能性調査とその実践の報告
高木秀明吉備国際大)・池畑陽介岡山高梁高)・芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・長尾憲宏岡山高梁高)・佐藤 匡吉備国際大)・山根信二岡山理科大)・大谷卓史吉備国際大SITE2014-82 IA2014-114
保護者・教師と児童・生徒がインターネットや情報機器の利用について日常的に話し合うことで,児童・生徒のインターネット利用リ... [more] SITE2014-82 IA2014-114
pp.261-266
SITE 2014-10-14
14:50
東京 日本大学駿河台キャンパス理工学部1号館 初等・中等教育の「情報モラル教育」のあり方を再考する ~ 「情報安全リテラシー」教育と倫理・哲学教育の再整理 ~
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・大谷卓史吉備国際大)・上村 崇福山平成大SITE2014-44
子供がネットトラブルに巻き込まれる事件報道が目につく中、初中等教育での「情報モラル」育成の要望が高まっている。しかし、次... [more] SITE2014-44
pp.11-16
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
15:20
北海道 サン・リフレ函館 「ディジタルパーソン」概念とプライバシー侵害 ~ 情報倫理学とドラマトゥルギー理論による理解 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2014-28 SITE2014-23 ICSS2014-32 EMM2014-28
本稿においては、ディジタル社会において今後さらに深刻さが増すであろう「ディジタルパーソン」(“digital perso... [more] ISEC2014-28 SITE2014-23 ICSS2014-32 EMM2014-28
pp.205-212
SITE, IPSJ-EIP, IPSJ-DCC
(連催)
2014-05-14
14:25
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 学校授業の録音・録画とそのデータ利用に係る著作権問題
大谷卓史吉備国際大)・芳賀高洋岐阜聖徳学園大SITE2014-2
学校教育や社会教育、教育政策の立案など公益増進に役立つ可能性が大きいものの、学校授業の録音・録画とそのデータ利用には、未... [more] SITE2014-2
pp.41-46
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2014-02-28
09:55
石川 山代温泉 瑠璃光(石川県) ストリームデータの利用とプライバシー保護に関する倫理的考察 ~ 「気持ち悪さ」と健康見守りサービス ~
川口嘉奈子千葉大SITE2013-66 IA2013-91
近年、ビッグデータを利用するサービスが広く展開されてきている。また、そうしたデータを分析することで初めて明らかになるさま... [more] SITE2013-66 IA2013-91
pp.109-114
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-18
14:10
北海道 札幌コンベンションセンター 情報時代における「集団プライバシー」概念の検討 ~ ソーシャルメディア利用との関連からの考察 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2013-17 SITE2013-12 ICSS2013-22 EMM2013-19
本発表は、ソーシャルメディアによる会合や催事の情報公開の制限・禁止が、集団プライバシーの概念によってどのように正当化され... [more] ISEC2013-17 SITE2013-12 ICSS2013-22 EMM2013-19
pp.47-52
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-15
13:00
奈良 東大寺総合文化センター インターネット倫理国際シンポジウムISIE2012に参加して
江澤義典関西大SITE2012-65 IA2012-103
国際シンポジウム ISIE2012 は,韓国インターネット倫理学会および韓国インターネット・セキュリティ機関によって企画... [more] SITE2012-65 IA2012-103
pp.197-200
SITE 2012-12-12
15:50
大阪 常翔学園大阪センター 情報倫理教育におけるジレンマの導入と、大学の授業改革
辰己丈夫東京農工大)・中野由章阪電通大SITE2012-48
筆者らは、現代の情報社会で現実に直面するジレンマを授業で取り上げ、議論を通して一面的な知識ではない情報倫理を学ぶことがで... [more] SITE2012-48
pp.31-36
SITE, IPSJ-CE
(連催)
2011-12-17
15:45
島根 島根大総合理工学部 情報処理技術向上に伴う個人に由来するデータの匿名性の変化に関する一考察
森下壮一郎東大)・横井浩史電通大SITE2011-29
情報処理技術の向上に伴って,従来は個人情報とは見なされなかったデータが個人情報としての性質を帯びるようになる.具体的には... [more] SITE2011-29
pp.25-28
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2011-03-01
10:10
高知 高知市文化プラザ かるぽーと (高知県) [招待講演]倫倫姫プロジェクト:日英中情報倫理eラーニングコンテンツの開発
上田 浩ベアリー キース牧原 功キョク ルル久米原 栄群馬大SITE2010-59 IA2010-95
群馬大学における,情報倫理e ラーニングコンテンツの開発ならびに多言語化について報告する.本コンテンツによる情報倫理教育... [more] SITE2010-59 IA2010-95
pp.135-138
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-01
11:20
青森 弘前大学 プライバシー論におけるコントロール理論の限界 ~ 自己アイデンティティと提示とプライバシーの文脈依存性 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2010-12 SITE2010-8 ICSS2010-18
歴史的に見ると,技術や社会の変化に伴って,プライバシー概念は拡張してきた。情報技術の発達した1960年代以降,情報プライ... [more] ISEC2010-12 SITE2010-8 ICSS2010-18
pp.13-19
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会