電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, MICT
(共催)
2019-07-16
12:30
茨城 茨城大学 水戸キャンパス ライブラリーホール [ポスター講演]屋内可視光VN-CSKシステムにおける光フィンガープリント測位法の評価
飯塚 暉孫 冉羽渕裕真小澤佑介茨城大WBS2019-12 MICT2019-13
近年、照明器具を利用した屋内照明光通信の研究が盛んに行われている。光無線通信は、照明機能、通信機能、測位機能を同時に達成... [more] WBS2019-12 MICT2019-13
pp.13-16
WBS, MICT
(共催)
2018-07-06
09:45
神奈川 横浜三井ビルディング [ポスター講演]光無線VN-CSKシステムにおける測位性能の検討
飯塚 暉羽渕裕真小澤佑介茨城大WBS2018-9 MICT2018-29
調光制御機能, 隣接照明間干渉に対応できる通信機能, 測位機能を有する屋内可視光通信について検討している. 特に, 各L... [more] WBS2018-9 MICT2018-29
pp.23-27
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
09:30
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 残留磁気を考慮したマルチシナリオ化マップマッチング手法
岩名地良太早大)・石川和明ゼンリンデータコム)・柳澤政生戸川 望早大WBS2017-63 ITS2017-40 RCC2017-79
近年,屋内には駅や地下街など複雑な建物が多く,屋内測位の需要が向上している.
屋内測位精度向上のため,我々は今までにマ... [more]
WBS2017-63 ITS2017-40 RCC2017-79
pp.155-160
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
14:00
北海道 北海道大学 PDRの測位誤差補正のためのマルチシナリオ化マップマッチング手法
岩名地良太早大)・新田知之ゼンリンデータコム)・柳澤政生戸川 望早大ITS2016-71 IE2016-129
PDR (Pedestrian Dead Reckoning)による屋内測位精度を向上する手法の1つとして,
通路や曲... [more]
ITS2016-71 IE2016-129
pp.387-392
ASN 2015-11-06
09:55
東京 NICT小金井本部 BLEタグを用いた屋内位置測位における周波数識別効果の評価
山口修平荒井大輔大岸智彦KDDI研ASN2015-69
O2O(Online to Offline)サービスの伸張に伴い,屋内においてスマートフォンの位置を安価かつ高精度に求め... [more] ASN2015-69
pp.103-108
NS, IN
(併催)
2015-03-03
10:50
沖縄 沖縄コンベンションセンタ BLEタグを用いた屋内位置測位における設置タグ数の影響評価
山口修平荒井大輔大岸智彦KDDI研IN2014-146
スマートフォンの急速な普及に伴い,O2O(Online to Offline)と呼ばれる利用者の購買行動の変化を促すサー... [more] IN2014-146
pp.151-156
HPB
(第二種研究会)
2012-06-05 愛知 名古屋大学 屋内位置測位を用いた移動軌跡取得のための補正手法の検討
吉澤孝行岩本健嗣松本三千人富山県立大
近年,スマートフォンから人物の行動履歴を取得し,応用する手法が注目されている.行動履歴として扱われるデータの中でも,位置... [more]
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会