お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2018-10-11
14:30
福島 いわき産業創造館(いわき市) 深層学習を用いた音紋による船種同定の試み
西村竜一天間克宏NICT)・服部聖彦埼玉工大)・金子健司東北マリン)・伊藤彰則東北大)・藤井豊展東北マリン)・木島明博東北大EA2018-54
近年,食文化のグローバル化による需要の高まりとそれに伴う価格高騰から,密漁が問題となっている.乱獲による生態系への将来的... [more] EA2018-54
pp.1-6
SS 2018-03-06
12:00
沖縄 南大東島 凍結クロックを持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンの到達可能性のための記号ゾーン解析手法について
結縁祥治平岡 祥名大SS2017-65
本研究では、稠密時間クロックをスタック上にプッシュすることのできる計算モ
デルであるDTPDAに対してスタック上でク... [more]
SS2017-65
pp.7-12
SS 2015-05-11
13:00
熊本 熊本大学 小規模組み込みシステムにおけるFRPの応用に向けて
澤田賢祐鈴木康平渡部卓雄東工大SS2015-1
関数リアクティブプログラミング(FRP)は,入力に対する出力を宣言的に記述したモジュールを高階関数等を用いて組み合わせる... [more] SS2015-1
pp.1-5
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-10
10:00
北海道 富良野文化会館 値付きタスクオートマトンに基づくコストを意識した実時間タスクスケジューリング
結縁祥治亀井達朗名大SS2014-11 KBSE2014-14
本研究では、Fersmanらによって提案されたタスク生成とスケジュール可能性を時間オートマトンにもとづいて拡張したタスク... [more] SS2014-11 KBSE2014-14
pp.37-42
PRMU 2014-03-14
11:45
東京 早稲田大学 顔画像検索を用いたリアルタイム人物記憶補助システム
加藤祐也内海ゆづ子Kai Kunze岩村雅一黄瀬浩一阪府大PRMU2013-203
以前どこかで会った人に再会した場合に,誰であるかを思い出せず困惑し,会話が困難だった経験がある人が多いであろう.
そこ... [more]
PRMU2013-203
pp.209-214
KBSE, SS
(共催)
2011-07-30
11:15
北海道 北海道情報大学 実行時検査を伴う実時間プログラムの生成について ~ 時間オートマトンから非実時間実行環境上の実時間プログラムへ ~
Ilankaikone SenthooranJulian Prokay・○渡部卓雄東工大SS2011-25 KBSE2011-22
検証済みのモデルから実時間プログラムを生成する手法を提案する.本手法では,時間制約を実行時に検査するために,それに伴うオ... [more] SS2011-25 KBSE2011-22
pp.75-80
SS 2009-03-02
17:00
佐賀 佐賀大学本庄キャンパス [招待講演]時間オートマトンのモデル検査
中田明夫広島市大SS2008-53
実時間システムの検証技術の一分野である時間オートマトンのモデル検査技術について,到達可能性解析に焦点を絞り概説する.まず... [more] SS2008-53
pp.29-34
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-28
14:45
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 再構成オーバヘッドを考慮した動的再構成可能プロセッサへの実時間タスク群分割実装アルゴリズムの提案
西 圭祐阪大)・木谷友哉奈良先端大)・中田明夫広島市大)・東野輝夫阪大DC2007-114 CPSY2007-110
ネットワークのユビキタス化に伴い,多種多様な組み込みシステムの開発・生産が行われている.そのような組み込みシステムは製造... [more] DC2007-114 CPSY2007-110
pp.179-184
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会