お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 157件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
15:25
沖縄 宮古島マリンターミナル 非線形結合振動子におけるエネルギー分布を用いた局在振動検出手法の一検討
古田 耀木村真之土居伸仁京大NLP2019-108
非線形結合振動子系において, ゾーン境界モードの変調不安定性により多数の移動型 ILM (intrinsic local... [more] NLP2019-108
pp.117-120
ED 2019-11-21
13:50
東京 機械振興会館 Si抵抗一体型フィールドエミッタアレイの製作
新谷英世村田英一六田英治下山 宏名城大)・長尾昌善村上勝久産総研ED2019-61
フィールドエミッタは陰極表面のマイグレーションやガス分子の吸着脱離によって電流特性が常に変化し続ける。そのため、微小なフ... [more] ED2019-61
pp.9-12
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
09:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 単発DCストレス測定による負バイアス温度不安定性のAC特性を再現可能なモデル
保坂 巧埼玉大)・西澤真一福岡大)・岸田 亮東京理科大)・松本高士東大)・小林和淑京都工繊大VLD2019-35 DC2019-59
本論文ではコンパクトな負バイアス温度不安定性(NBTI)モデルを提案する.提案モデルは反応拡散(tn)およびホールトラッ... [more] VLD2019-35 DC2019-59
pp.57-62
MBE, NC
(共催)
2019-10-12
10:00
宮城 東北大学 3層動的バイナリーニューラルネットの周期軌道の安定性
小山誠太郎斎藤利通法政大MBE2019-39 NC2019-30
3層動的バイナリーニューラルネットワーク(3-DBNN)は,シグナム活性化関数と3値結合パラメータによって特徴づけられる... [more] MBE2019-39 NC2019-30
p.51
MBE, NC
(共催)
2019-10-12
11:20
宮城 東北大学 SOMに基づくデジタルスパイクマップの合成
澤野悠哉斎藤利通法政大MBE2019-42 NC2019-33
デジタルスパイクマップ(Dmap) は点の集合上で定義されるデジタル力学系である.Dmap の定常状態は
必ず周期軌道... [more]
MBE2019-42 NC2019-33
p.65
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
13:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 自己組織的に合成されたデジタルマップの呈する周期軌道の解析
澤野悠哉斎藤利通法政大NC2019-2
多彩な周期軌道を生成するデジタルマップの自己組織化的学習について考察する.
デジタルマップは点の集合上で定義されるデ... [more]
NC2019-2
pp.3-7
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-17
10:30
神奈川 慶應義塾大学 構造的不確かさをもつ環境における分散送信電力制御アルゴリズムのロバスト安定化
八木聖太小蔵正輝奈良先端大)・岸田昌子NII)・杉本謙二奈良先端大)・林 和則阪市大RCS2019-30
分散送信電力制御アルゴリズムの1つにFoschini-Miljanicアルゴリズムがある.このアルゴリズムによって,複数... [more] RCS2019-30
pp.43-46
CCS 2019-03-26
13:30
東京 NICT(小金井) デジタルスパイキングニューラネットの様々な同期現象について
大石侑弥内田厚研斉藤利通法政大CCS2018-47
デジタルスパイキングニューラルネットの呈する様々な同期現象について考察する.
デジタルスパイキングニューロンは様々な... [more]
CCS2018-47
pp.7-10
CCS 2019-03-26
13:50
東京 NICT(小金井) デジタル力学系の自己組織化学習について
澤野悠哉斎藤利通法政大CCS2018-48
簡素なデジタル力学系の自己組織化的学習について考察する.
デジタルマップ(Dmap)は点の集合上で定義されるデジタル... [more]
CCS2018-48
pp.11-14
NLP, MSS
(併催)
2019-03-15
14:05
福井 福井大学 文京キャンパス 二次多項式近似による臨界遷移確率の推定
奥 牧人富山大NLP2018-135
生態系,気候システム,金融市場などの様々な複雑系で時折発生する大規模な状態遷移のことを臨界遷移と呼び,その事前予測に役立... [more] NLP2018-135
pp.57-62
NC, MBE
(併催)
2019-03-04
16:35
東京 電気通信大学 動的バイナリーニューラルネットの中枢パターン生成器への応用
安西翔太青木俊祐小山誠太郎斎藤利通法政大NC2018-61
簡素な動的バイナリーニューラルネットを導入し, 2つの2値周期軌道の生成と, その周期軌道のスイッチについて考察する.
... [more]
NC2018-61
pp.95-98
IA 2019-01-25
16:20
東京 首都大秋葉原サテライトキャンパス PI制御器を用いたIEEE 1588-2008 時刻同期機構のモデル化
前川龍一郎松井大樹山崎康広大崎博之関西学院大IA2018-58
インターネット上で広く用いられている時刻同期プロトコル NTP (Network Time
Protocol) よ... [more]
IA2018-58
pp.25-30
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-25
14:20
東京 機械振興会館 電力市場において需要家の節電傾向変化がネガワットの不安定性に与える影響について
田村優人橘 直博篠宮紀彦創価大CAS2018-134 ICTSSL2018-53
電力市場において需要家が節電した電力であるネガワットが取引されることにより,ピーク時の電力需要の抑制が期待されている.し... [more] CAS2018-134 ICTSSL2018-53
pp.87-90
MSS, SS
(共催)
2019-01-15
10:25
沖縄 沖縄県青年会館 電力市場におけるネガワットの不安定性低減と需要家間の不平等解消手法の提案
橘 直博長谷 亮篠宮紀彦創価大MSS2018-54 SS2018-25
自由化が進む電力市場において,需要家が節電した電力であるネガワットが取引されることで,ピーク時の電力消費が抑制され,発電... [more] MSS2018-54 SS2018-25
pp.1-6
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
09:50
広島 サテライトキャンパスひろしま レプリカセンサを用いたNBTIによる回路特性変動予測に関する検討
大島國弘辺 松廣本正之佐藤高史京大VLD2018-67 DC2018-53
集積回路の主要な信頼性問題である NBTI (Negative bias temperature instability... [more] VLD2018-67 DC2018-53
pp.195-200
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
10:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 遅延ジッタにロバストな状態予測制御手法
吉田裕志安田真也熊谷太一NECIN2018-36
通信ネットワークを介した遠隔制御システムでは,通信遅延がむだ時間要素となり,システムの安定性を損なわせる問題がある.これ... [more] IN2018-36
pp.83-88
NLP 2018-08-08
13:45
香川 香川大学 幸町キャンパス 船舶転覆問題にみられる分岐現象
美井野 優上田哲史川上 博徳島大)・牧 敦夫梅田直哉阪大NLP2018-55
船舶の運動安定性の分野においては,船舶転覆問題を議論するために軟化型 Duffing 方程式が用いられる. しかしなか... [more] NLP2018-55
pp.15-19
NLP 2018-08-08
16:40
香川 香川大学 幸町キャンパス 並列化Buckコンバータの故障耐性に関する基礎解析
神崎大飛斎藤利通法政大NLP2018-62
本論文では, Winner-Take-Allスイッチングルールを用いた並列化Buckコンバータの故障耐性について考察する... [more] NLP2018-62
pp.47-50
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2018-08-09
13:45
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 M棟M151 SRAMの安定性自己修復手法における複数回ストレス印加の効果
水谷朋子竹内 潔更屋拓哉小林正治平本俊郎東大SDM2018-49 ICD2018-36
ランダムしきい値電圧 (VTH) ばらつきにより劣化したSRAMセルの安定性を向上させる「安定性自己修復技術」において,... [more] SDM2018-49 ICD2018-36
pp.121-126
SDM 2018-06-25
15:15
愛知 名古屋大学 VBL3F リモートプラズマ支援CVDにより形成したSiO2/GaN界面の化学結合状態および熱的安定性評価
松田亮平大田晃生名大)・田岡紀之産総研)・池田弥央牧原克典名大)・清水三聡産総研)・宮崎誠一名大SDM2018-22
n型GaN(0001)基板上に、リモートプラズマ支援CVDにより厚さ~6.2nmのSiO2を堆積し、X線光電子分光法(X... [more] SDM2018-22
pp.29-32
 157件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会