お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(連催)
2021-12-03
10:00
ONLINE オンライン開催 有害コンテンツ対策としてのプラットフォーム規制 ~ 英国オンライン安全法案を題材に ~
橘 雄介福岡工大SITE2021-42
現在、米Meta(旧Facebook)の元従業員フランシス・ホーゲン氏による内部告発に世界の耳目が集まっている。そこで問... [more] SITE2021-42
pp.1-8
HCS 2020-01-26
16:40
大分 J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) 子どもは音声のみの情報から感情をどのくらい読み取れるのか ~ 感情音声理解研究の課題と展望 ~
渡邊直美小林哲生NTTHCS2019-82
感情を読み取り理解する際に、表情、言葉、音声情報(言い方/話し方)、ボディーランゲージ、文脈など複数の感情シグナルがヒン... [more] HCS2019-82
pp.163-166
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy Concept of Children's Observation System with Enhanced Security
Mikiko Sode TanakaKIC)・Takahiro katouKazuo IshidaNESSR2017-91 SRW2017-41
n Japan, the introduction of children’s observation using su... [more] SR2017-91 SRW2017-41
pp.67-70(SR), pp.61-64(SRW)
HCS 2017-01-27
17:50
福岡 なみきスクウェア 乳幼児の保護者の「子どもに対する想い」 ~ インタビューを基にした構成要素の抽出 ~
中根 愛片桐有理佳小林哲生井原雅行NTTHCS2016-76
本研究では,子育てのツールとして広く利用されている絵本をどう選んでいるかについて,保護者の絵本選びに影響を与える要因を明... [more] HCS2016-76
pp.97-102
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-03
16:40
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) ライフストーリーワーク・自己情報・アイデンティティ ~ 出生情報は児童のアイデンティティにどう関係するか ~
壁谷彰慶千葉大SITE2015-66 IA2015-98
ライフストーリーワークは、表面的には、児童の出生情報に関するやりとり(提示と受け入れ)と見なしうる。そこで、このワークの... [more] SITE2015-66 IA2015-98
pp.133-138
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-06
09:00
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 アイデンティティ操作としての自己情報コントロール ~ 「アイデンティティ」をめぐる実践的諸問題と情報倫理学とのつながり ~
壁谷彰慶千葉大ISEC2015-36 SITE2015-23 LOIS2015-30
自身の「アイデンティティ」に対して個人がとる操作には、能動的なあり方と受動的なあり方とがある。それぞれの典型として、イン... [more] ISEC2015-36 SITE2015-23 LOIS2015-30
pp.1-6
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
16:05
沖縄 沖縄産業支援センター 子どもの興味・好みに合った絵本を見つけるための類似探索の試み
服部正嗣小林哲生藤田早苗奥村優子NTTHCS2015-36 HIP2015-36
絵本を幼児が読むあるいは親が読み聞かせるという行為は、幼児の語彙獲得に重要な役割
を果たす。より高い効果をあげるために... [more]
HCS2015-36 HIP2015-36
pp.237-242
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
15:45
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) 児童・生徒の保護者及び社会人を対象とする情報リテラシー・情報倫理地域社会教育の実行可能性調査とその実践の報告
高木秀明吉備国際大)・池畑陽介岡山高梁高)・芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・長尾憲宏岡山高梁高)・佐藤 匡吉備国際大)・山根信二岡山理科大)・大谷卓史吉備国際大SITE2014-82 IA2014-114
保護者・教師と児童・生徒がインターネットや情報機器の利用について日常的に話し合うことで,児童・生徒のインターネット利用リ... [more] SITE2014-82 IA2014-114
pp.261-266
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 視覚障がいをもつ親に向けた絵本読み聞かせ支援アプリケーション開発の試み
浅井 愛谷 賢太朗新潟大)・伊藤 尚富山高専)・前田義信新潟大
絵本は子どもの心・情緒の発達において欠かすことのできない保育内容のひとつである.また,親による絵本の読み聞かせは子どもの... [more]
TL 2013-02-23
09:00
東京 明治大学国際総合研究所 荒川修作の意味のメカニズムを解読する(5) ~ 山本陽子の詩「遥るかする,するするながらIII」における即興の美 ~
得丸公明システムエンジニアTL2012-59
筆者はヒト言語がデジタル通信であることを検討してきた.デジタル通信では,符号語は情報源で記憶に翻訳されて意味を生む.言語... [more] TL2012-59
pp.55-60
ET 2009-05-23
13:35
東京 電気通信大 子供向けひらがなWebブラウザの開発
塙 真人拓殖大)・三澤 亮JR東日本)・浅井智也Mozilla Japan)・佐々木 整拓殖大ET2009-5
近年,小学校でコンピュータを使用した授業が行われており,
授業の中でWebブラウザを使用する事がお絵描きソフトや学習ソ... [more]
ET2009-5
pp.25-29
USN, MoNA
(併催)
2009-01-23
14:50
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) 高精度位置検知システムを適用した子ども見守りシステムの開発
武内保憲中国電力USN2008-87
2.4GHz帯無線IEEE802.15.4を用いた高精度位置検知システム(当社がH18に開発済み)を適用した子ども見守り... [more] USN2008-87
pp.145-148
MBE 2007-10-11
13:25
大阪 大阪電気通信大学 性格傾向と情緒刺激下での脳機能変化との関連性
水野(松本)由子林 拓世岡本永佳兵庫県立大)・石井良平阪大)・鵜飼 聡篠崎和弘和歌山県立医科大)・稲田 紘兵庫県立大MBE2007-55
個人のパーソナリティの特徴が、幼少期における両親の養育姿勢によって影響を受けることは、以前より指摘されている。本研究では... [more] MBE2007-55
pp.21-22
ICD, SIP, IE, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-10-26
13:10
宮城 宮城県・作並温泉・一の坊 [招待講演]日常系の科学技術:子どもの事故予防のための日常行動センシングとモデリング
西田佳史本村陽一産総研
量子論や宇宙論といった自然科学分野には,大抵の現象をうまく説明し,再現できるような「標準モデル」が存在しているが,日常生... [more] SIP2006-92 ICD2006-118 IE2006-70
pp.51-56
PRMU, MI
(共催)
2006-05-25
15:25
愛知 愛知県立大 [特別講演]Webセンサとユビキタスセンサによる乳幼児行動のセンシングとモデリング
西田佳史本村陽一産総研
我々は,日常生活を営む上で,さまざまな行動をとっている.量子論や宇宙論といった自然科学分野には,大抵の現象をうまく説明し... [more] PRMU2006-18 MI2006-18
pp.101-106
KBSE 2005-07-26
10:40
愛媛 愛媛大学総合情報メディアセンター会議室 保育者の「気づき」を喚起する行動量に視点をおいた観察手法の提案
三木紀佳同志社大)・九門さほ武庫川女子大)・糠野亜紀新谷公朗常磐会短大)・金田重郎同志社大
近年,幼稚園・保育所における「気になる子ども」が注目されている.気になる子どもについては,早期に見つけ出して対応すれば,... [more] KBSE2005-13
pp.13-18
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会