お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2018-02-27
14:30
大阪 近畿大学 東大阪キャンパス 3号館 3階 回答候補の自動提示を可能とした多言語対話シート作成システムの開発
松本 尚福島 拓阪工大)・重野亜久里多文化共生センターきょうとAI2017-38
近年,世界的なグローバル化により,多言語間でのコミュニケーションや情報共有の機会が増加傾向にある.そこで,多言語間対話支... [more] AI2017-38
pp.19-24
AI 2017-02-27
13:00
京都 京都大学 吉田キャンパス 医療現場を想定した会話文におけるクラウドソーシングを用いた用例対訳作成手法の効果
山本里美和歌山大)・福島 拓阪工大)・吉野 孝和歌山大AI2016-34
現在,グローバル化によって多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報の共有は困難であ... [more] AI2016-34
pp.1-5
AI 2017-02-27
13:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 穴あき用例を活用した対訳作成手法の比較
福島 拓阪工大)・吉野 孝和歌山大AI2016-35
世界的なグローバル化により多言語間コミュニケーションの機会が増加しているが,
多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more]
AI2016-35
pp.7-12
AI 2016-02-29
13:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 音声入力を用いた用例対訳検索における拡張コーパスの利用
福島 拓甲斐充彦静岡大AI2015-57
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more] AI2015-57
pp.29-34
AI 2015-02-23
13:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 文化差検出手法を用いた異文化間チャットコミュニケーションシステムの開発と評価
諏訪智大和歌山大)・宮部真衣京大)・吉野 孝和歌山大AI2014-35
近年,情報技術の進歩発展により,世界中の人と簡単にやりとりすることが可能になり,文化の異なる人とのコミュニケーションの重... [more] AI2014-35
pp.1-6
AI 2015-02-23
15:30
京都 京都大学 吉田キャンパス クラウドソーシングを用いた単言語話者による用例対訳作成手法の多言語への適用
山本里美和歌山大)・福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2014-38
現在,グローバル化によって多言語間コミュニケーションの機会が増加している.多言語間コミュニケーション支援のために,機械翻... [more] AI2014-38
pp.17-22
AI 2015-02-23
16:00
京都 京都大学 吉田キャンパス 多言語用例対訳共有システムにおける穴あき用例の利用可能性
福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2014-39
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more] AI2014-39
pp.23-28
AI 2014-02-26
10:30
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス クラウドソーシング上における使用者の属性情報を用いた用例対訳生成手法の提案
山本里美和歌山大)・福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2013-37
現在,グローバル化によって多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報の共有は困難であ... [more] AI2013-37
pp.7-12
AI 2014-02-26
14:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 円滑な多言語間対話支援のための音声入力を用いた用例対訳検索手法の提案
福島 拓甲斐充彦静岡大AI2013-42
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more] AI2013-42
pp.29-34
AI 2013-02-18
10:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス Wikipediaを用いた文化差検出における誤検出語句の分析
諏訪智大和歌山大)・宮部真衣東大)・吉野 孝和歌山大AI2012-23
多言語間コミュニケーションにおいて,同一の単語を用いて会話をしている場合でも,相手の文化について十分に理解していないため... [more] AI2012-23
pp.11-16
AI 2013-02-18
11:50
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 多言語用例対訳の収集および利用システムの構築
福島 拓吉野 孝和歌山大AI2012-28
現在,在日外国人数は年々増加しており,多言語によるコミュニケーションの機会は増加している.しかし,多言語間での正確な情報... [more] AI2012-28
pp.39-44
AI 2013-02-18
12:10
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 多言語対話支援システムの用例検索ログを利用した用例作成手法の提案
尾崎 俊福島 拓吉野 孝和歌山大AI2012-29
現在,在日外国人数は年々増加しており,多言語によるコミュニケーションの機会は増加している.
コミュニケーションを行う際... [more]
AI2012-29
pp.45-50
NLC 2012-12-19
10:25
東京 東京工業大学・大岡山キャンパス クラウドソーシングを用いた文化差判定コーパス構築手法の提案
吉野 孝和歌山大)・宮部真衣東大NLC2012-33
多言語間コミュニケーションにおいて,同一の単語を用いて会話をしている場合でも,相手の文化について十分に理解していないため... [more] NLC2012-33
pp.1-6
NLC 2012-02-02
13:30
新潟 朱鷺メッセ(新潟市) 日本語版Wikipediaにおける執筆者の意図に着目した日中間の文化差検出手法の検討
吉野 孝和歌山大)・宮部真衣東大NLC2011-58
多言語間コミュニケーションにおいて,同一の単語を用いて会話をしている場合でも,相手の文化について十分に理解していないため... [more] NLC2011-58
pp.13-18
AI 2010-02-23
17:00
京都 京都大学吉田キャンパス 機械翻訳を介したコミュニケーションのための折り返し翻訳の妥当性の検証
宮部真衣和歌山大)・吉野 孝和歌山大/NICTAI2009-41
機械翻訳を介したコミュニケーションでは,翻訳精度が低い場合,十分な相互理解ができない可能性が高い.現在,母語のみを用いて... [more] AI2009-41
pp.65-70
AI, IPSJ-DC
(共催)
2008-11-28
10:00
沖縄 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 多言語医療受付支援システムの構築と医療機関への導入
宮部真衣吉野 孝和歌山大)・重野亜久里多文化共生センターきょうとAI2008-35
医療の現場では,外国人診療時における患者との対話に大きな課題を抱えている.現在は,医療通訳者同行による対応を行っているも... [more] AI2008-35
pp.65-70
AI, IPSJ-DC
(共催)
2008-11-28
14:10
沖縄 琉球大学 工学部大会議室(工学部2号館2階) 翻訳リペア支援のためのWeb日本語Nグラムを用いた類義語フィルタリング
宮部真衣吉野 孝和歌山大AI2008-38
機械翻訳を用いたコミュニケーションにおいて,翻訳リペアは不適切な翻訳箇所を減少させるための方法として重要な役割を果たす.... [more] AI2008-38
pp.85-90
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会