お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2020-11-18
11:15
ONLINE オンライン開催 深層学習(ResNet)を利用したCNNの変調方式識別の一検討
井手輝二鹿児島高専)・Rozeha A. RashidLeon ChinM A SarijariRubita Sudirmanマレーシア工科大SR2020-25
In this study, we investigate and present a deep residual le... [more] SR2020-25
pp.17-21
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]補助情報にSN比を用いる深層学習型変調方式識別法の初期評価
山下靖貴内田 繁有賀 博三菱電機
受信信号の変調方式識別は,コグニティブ無線や電波監視といった分野において,無線通信の状況を分析する要素技術として重要であ... [more]
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
14:05
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 2種の振幅モーメントを用いたQAM識別における誤り率解析
大野倫明岡 育生阿多信吾阪市大IT2014-70 ISEC2014-83 WBS2014-62
時間変化する無線通信路の高度利用を図るコグニティブ無線や電波監視においては,信号の検出と識別をはじめ,無線環境を認知する... [more] IT2014-70 ISEC2014-83 WBS2014-62
pp.53-57
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
14:35
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 2種の振幅モーメントを用いたシンボルタイミング誤差を含むQAM識別
松村康弘岡 育生阿多信吾阪市大IT2013-84 ISEC2013-113 WBS2013-73
近年,同一周波数帯において複数の無線システムが共存するシステムとしてコグニティブ無線が注目を集めている.
コグニティブ... [more]
IT2013-84 ISEC2013-113 WBS2013-73
pp.187-192
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-03
11:40
東京 早稲田大学 最適な中心値を用いたIQ成分のモーメントに基づく多値変調識別手法の特性評価
宮内良輔落合秀樹横浜国大RCS2013-313
未知の信号から変調方式を特定する変調方式識別技術は,コグニティブ無線や,電波監視業務等において今後重要な役割を担うと考え... [more] RCS2013-313
pp.43-48
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-04
11:30
東京 早稲田大学 未知受信信号解析のための変調方式識別法の検討
淺原 隆相川秀斗三菱電機SRW2013-50
コグニティブ無線では周囲の無線環境を認識する技術,無線LANでは周囲からの干渉波を解析し回避する技術,電波監視システムで... [more] SRW2013-50
pp.37-42
SIP, RCS
(共催)
2013-01-31
09:55
広島 ビューポートくれ(呉) 可変中心値を用いた瞬時電力モーメントに基づくQAM変調方式識別に関する検討
宮内良輔落合秀樹横浜国大SIP2012-91 RCS2012-248
電波環境をセンシングして送信の可否を決定するコグニティブ無線や不法無線局を取り締まる電波監視業務においては,未知の信号か... [more] SIP2012-91 RCS2012-248
pp.61-66
SR 2010-07-30
09:00
京都 ATR (京都) ブロック直交変調の推定とその誤り率解析
衣笠隆文岡 育生阿多信吾阪市大SR2010-27
近年,周辺の電波状況を認知・認識し,それに応じて利用する周波数や変調方式を選択するコグニティブ無線が注目されている.コグ... [more] SR2010-27
pp.63-67
SR 2010-01-21
11:05
東京 電気通信大学 複数の信号が存在する場合の変調方式識別
王 暁敏岡 育生阿多信吾阪市大SR2009-76
近年,通信路環境を効率的に利用できるコグニティブ無線通信技術が重要視されてきている.コグニティブ無線通信を実現するために... [more] SR2009-76
pp.15-20
SR 2009-07-30
09:55
東京 東工大 CDMA無線通信システムにおける平均電力の分散を用いた変調方式識別法
杉本成正田久 修楳田洋太郎東京理科大)・藤井威生電通大)・中川正雄慶大SR2009-39
コグニティブ無線は,無線端末が周囲の無線環境を自動的に認識し,その環境に最適な通信方式を選択して時間的・空間的に空いた周... [more] SR2009-39
pp.107-112
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-09
10:15
北海道 公立はこだて未来大学(函館) 振幅モーメントおよび余弦モーメントを用いた変調識別法
大原慎司喜田雅人岡 育生阿多信吾阪市大IT2008-60 ISEC2008-118 WBS2008-73
近年, 通信路環境を認知して高能率な無線システム配置を実現するコグニティブ
無線が注目されている.コグニティブ無線で... [more]
IT2008-60 ISEC2008-118 WBS2008-73
pp.105-108
IT 2008-05-16
14:25
和歌山 和歌山大学 小信号を用いない余弦モーメントによる直交振幅変調方式の識別
喜田雅人岡 育生阿多信吾阪市大IT2008-2
近年,通信路環境を有効に利用できるコグニティブ無線技術が重要となってきており,それに伴って信頼性の高い変調識別方式の開発... [more] IT2008-2
pp.7-10
SR 2008-01-25
10:30
長野 立山プリンスホテル(長野県大町市) 信号配置を制限した余弦モーメントによる直交振幅変調方式の識別
喜田雅人岡 育生阿多信吾阪市大SR2007-75
近年,通信路環境を有効に利用するため適応変調がますます重要となっており,信頼性の高い変調識別方式の開発が必要となっている... [more] SR2007-75
pp.55-60
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会