お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 話者特徴量の操作によりシームレスに話者性を制御できるEnd-to-End音声合成方式の検討
青谷直樹原 直阿部匡伸岡山大SP2022-14
本報告では,話者固有の声質や平均的な声の高さなどの情報を表現した話者特徴量を補助情報として,シームレスに話者性を制御でき... [more] SP2022-14
pp.55-60
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
10:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Crazy vocoderは砕けない ~ でもちょっとくだけた未来の話を ~
森勢将雅明大SP2022-15
現在の音声合成研究者が論文にVocoderと記載するとき,その多くはDeep neural network (DNN)を... [more] SP2022-15
pp.61-66
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2022-03-08
10:55
ONLINE オンライン開催 健常音声からの声質変換と多数話者ボコーダによる構音障害話者の明瞭な音声合成の検討
高野哲朗HTS)・能勢 隆金垣 葵東北大)・渡辺 聡HTSWIT2021-46
健常話者の音声から構音障害話者の音声へと声質変換することにより,障害話者の声色を維持しつつ聞き取りやすい合成音声を生成す... [more] WIT2021-46
pp.18-23
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-02
11:35
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
口唇特徴量を利用した知識蒸留による舌亜全摘出者の音韻明瞭度改善法の検討
高島和嗣阿部匡伸原 直岡山大EA2021-81 SIP2021-108 SP2021-66
本報告では舌亜全摘出者が発声する音声の音韻明瞭度改善を目的とした声質変換方式を提案する.舌亜全摘出者は癌治療などにより手... [more] EA2021-81 SIP2021-108 SP2021-66
pp.108-113
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-03
10:30
ONLINE オンライン開催 感情次元の操作を目的とした声質変換手法の提案
向田圭汰森 大毅宇都宮大NLC2021-25 SP2021-46
感情次元による連続的な感情表記法に基づいた声質変換手法を提案する.一般的な離散的な感情表記法に基づく感情の声質変換は,変... [more] NLC2021-25 SP2021-46
pp.39-41
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 防音用イヤーマフと骨導マイクを用いた体内音の模擬と自己聴取音の合成
陳 瑞彦西村多寿子峯松信明齋藤大輔東大SP2021-15
自分自身の録音音声を初めて聞いたとき,その違和感に驚く人は少なくないだろう.心理学では,この現象をvoice confr... [more] SP2021-15
pp.63-68
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 聴取によって心が和む音声の合成に向けた基礎検討 ~ 認識・想起した感情および音響特徴量の観点から ~
渡邊悠希坂本修一東北大)・星 貴之長谷芳樹中野 学ピクシーダストテクノロジーズSP2021-19
聴取により心が和む音声の合成を最終的な目的として,様々な感情を想定して発話された音声から認識・想起した感情を評価するとと... [more] SP2021-19
pp.85-90
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 話者特徴抽出器を加えたFaderNetVCによる未知話者声質変換
井硲 巧岸田拓也中鹿 亘電通大SP2021-20
近年,Deep Neural Network(以下,DNNとする)を用いた声質変換モデルが数多く提案されており,その... [more] SP2021-20
pp.91-96
WIT 2020-06-12
13:30
ONLINE オンライン開催(大阪産業大学から変更) CycleGANに基づく構音障害音声の明瞭性改善
今井柊平能勢 隆金垣 葵東北大)・渡辺 聡ヒューマンテクノシステム)・伊藤彰則東北大WIT2020-1
本稿では非ペア声質変換のタスクで有効性が示されているCycleGAN-VC2を使用して構音障害音声から複数話者の健常音声... [more] WIT2020-1
pp.1-6
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
朗読音声を用いたノンパラレル声質変換による変換音声の話者性と表現の評価
永瀬亮太郎井本桂右山西良典山下洋一立命館大EA2019-138 SIP2019-140 SP2019-87
現在の声質変換の技術において, 感情や抑揚,間の取り方などの多様な表現の再現は課題の1つとして研究されている.しかしなが... [more] EA2019-138 SIP2019-140 SP2019-87
pp.213-218
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
CycleVAEを用いたクロスリンガル声質変換
中谷 輝Patrick Lumban Tobing武田一哉戸田智基名大EA2019-139 SIP2019-141 SP2019-88
本報告では,循環型変分自己符号化器(Cyclic Variational Auto-encoder: CycleVAE)... [more] EA2019-139 SIP2019-141 SP2019-88
pp.219-224
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]波形加工に基づく統計的声質変換の外部雑音に対する頑健性
栗田優佑小林和弘武田一哉名大)・戸田智基名大/JSTさきがけEA2018-153 SIP2018-159 SP2018-115
本報告では,雑音環境下における統計的声質変換(VC: Voice Conversion)の頑健性に関する調査を行う. V... [more] EA2018-153 SIP2018-159 SP2018-115
pp.317-322
SP 2018-08-27
11:35
京都 京都大学 [ポスター講演]GANによる音声を対象とした感情変換の実験的評価
安田研二折原良平清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大SP2018-26
ドメイン変換タスクは深層学習の発展によって,より自然で高精度な出力を生成することを可能としている.特にGAN(Gener... [more] SP2018-26
pp.19-22
AI 2018-07-02
15:50
北海道 札幌市教育文化会館 CycleGANによる音声の感情変換
安田研二折原良平清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2018-11
ドメイン変換タスクは深層学習の発展によって,より自然で高精度な出力を生成することを可能としている.特にGAN(Gener... [more] AI2018-11
pp.61-66
PRMU, SP
(共催)
2018-06-28
14:40
長野 信州大学 音声と口唇形状を用いた声質変換による舌亜全摘出者の音韻明瞭度改善の検討
荻野聖也村上博紀原 直阿部匡伸岡山大PRMU2018-23 SP2018-3
本報告では舌亜全摘出者が発声する音声の音韻明瞭度改善を目的として,音響情報と口唇情報を用いたマルチモーダル声質変換方式を... [more] PRMU2018-23 SP2018-3
pp.7-12
PRMU, SP
(共催)
2018-06-28
15:10
長野 信州大学 深層ボトルネック特徴と深層正準相関分析を用いたマルチモーダル声質変換
田村哲嗣堀尾健斗遠藤 肇速水 悟岐阜大)・戸田智基名大PRMU2018-24 SP2018-4
本論文では,雑音下における声質変換の音質向上を目標に,音声と口唇画像を用いるマルチモーダルな統計的声質変換の改善を行った... [more] PRMU2018-24 SP2018-4
pp.13-18
SP, ASJ-H
(共催)
2018-01-20
13:50
東京 東京大学 複数のネットワークの出力を考慮したDNNベース声質変換手法
藤岡拓也孫 慶華日立SP2017-68
従来の統計ベース声質変換手法は,ソース話者・ターゲット話者音声パラメータ対の関係を全てのフレームについて単一のモデルによ... [more] SP2017-68
pp.11-15
SP, ASJ-H
(共催)
2018-01-21
16:00
東京 東京大学 WaveNetに基づく声質変換の検討
丹羽純平吉村建慶橋本 佳大浦圭一郎南角吉彦徳田恵一名工大SP2017-84
本研究では,元話者の音響特徴量から目標話者の音声波形を直接生成する,WaveNet に基づく声質変換手法を提案する.統計... [more] SP2017-84
pp.99-104
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2017-07-27
14:30
宮城 秋保リゾート ホテルクレセント [招待講演]深層学習を利用した多様な音声の合成・認識・変換と応用
能勢 隆東北大SP2017-16
本稿では,ここ数年で急速に加速している深層学習を利用した音声情報処理研究のうち,多様な音声の合成・認識・変換に焦点を当て... [more] SP2017-16
pp.3-8
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
12:45
沖縄 沖縄産業支援センター 無矛盾逐次変換ネットワークと敵対的生成ネットワークを用いた非母語話者音声変換
小山田圭佑筑波大)・亀岡弘和金子卓弘NTT)・安東弘泰筑波大)・平松 薫柏野邦夫NTTEA2016-139 SIP2016-194 SP2016-134
本稿では,非母語話者音声を母語話者らしい発音の音声に自動変換する問題を扱う.
非母語話者の発音の癖や傾向は前後の文脈(... [more]
EA2016-139 SIP2016-194 SP2016-134
pp.315-320
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会