電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2019-10-31
14:10
京都 京都テルサ カードゲームにおける報酬期待の眼球情報への影響に関する一検討
中山 実正田孝平東工大
報酬期待を喚起するカードゲームで報酬期待を計測し,報酬期待による眼球情報への影響を分析した.そ の結果,瞳孔径は報酬期待... [more] HIP2019-60
pp.61-66
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 対戦型カードゲーム中に喚起された報酬期待が瞳孔情報に及ぼす影響
正田孝平中山 実東工大
報酬期待を制御するポーカーを用いた対戦型ゲームでプレイヤーの報酬期待度と瞳孔径変化を時系列に 計測する実験システ... [more] HCS2019-5 HIP2019-5
pp.23-28
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
13:00
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 マルチエージェントゲームにおける深層強化学習の報酬配分
渡邉 慧橘 俊宏湘南工科大
本稿では,複数のエージェントが協力し合うマルチエージェントシステムに深層強化学習を適用する.我々は,このようなシステムに... [more] CAS2018-107 ICD2018-91 CPSY2018-73
pp.109-114
HIP 2017-03-10
12:40
大阪 脳情報通信融合研究センター 3次元回転運動を伴う呈示が対象の評価及び脳活動に及ぼす影響
甲原春花井形元彦桂 信太郎繁桝博昭高知工科大
画面上における商品の呈示手法として,商品を回転させることで3次元構造の知覚を可能にする手法が用いられるようになった.3D... [more] HIP2016-88
pp.79-83
MBE, BioX, NC
(共催)
2015-10-25
09:40
大阪 大阪電気通信大学 金銭的動機が反応促進に与える効果の検討 ~ 課題成績と脳波の分析 ~
木村拓哉奥田次郎京都産大
本研究では、ヒトの脳内報酬系の活動を評価するために開発された金銭報酬遅延反応課題を用いて、金銭的動機が課題の成績と脳波に... [more] BioX2015-24 MBE2015-35 NC2015-19
pp.13-18
SP 2015-10-16
10:00
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 状態空間の分割と状態遷移の学習に基づくParallel POMDPの評価
山田燿司滝口哲也有木康雄神戸大
部分観測マルコフ決定過程 (POMDP)を対話システムに適用する際の問題点として、状態数の増加に伴い、計算量が指数的に増... [more] SP2015-66
pp.39-43
NS 2015-05-22
09:30
東京 東京大学 石橋信夫記念ホール インセンティブ付与型すれ違い通信におけるユーザ情報を用いた不正抑制法
島田直人橘 拓至福井大
現在,地域活性化を実現するために,近距離無線通信を利用したすれ違い通信システムが提案されている.このシステムでは,すれ違... [more] NS2015-24
pp.53-58
R 2014-08-01
13:55
北海道 スマイルホテル函館 報酬構造を考慮したテストケース自動生成の改良について
今富政喜・○土肥 正広島大
本稿では, マルコフ使用モデル (Markov Usage Model) とシステムの運用プロファイル (Operati... [more] R2014-15
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
13:40
東京 玉川大学 行動価値に集約状態の価値を利用した環境変化に柔軟なShaping強化学習
岡 晋之介村越一支豊橋技科大
Shaping強化学習は,目標行動に向けて容易な行動から複雑な行動へと誘導的にShaping報酬という強化信号を与えるこ... [more] NC2013-138
pp.287-292
NC, MBE
(併催)
2013-07-20
09:30
徳島 徳島大学 相手の非協調性に関わる脳活動により変化する報酬系領野間の情報伝達
鹿内 学ATR)・水原啓暁京大
私たちは日常的に多くの人と関わり、共同で作業することも多い。時に、わがままな相手との共同作業を強いられるが、嫌々ながらも... [more] NC2013-19
pp.23-28
R 2013-05-17
11:30
広島 グリーンヒルホテル尾道 Toward Quantification of System Resiliency based on Markov Models
Chao LuoJungang GuanHiroyuki OkamuraTadashi DohiHiroshima Univ.
システム弾力性(System Resiliency)はシステムの耐性を測る上で重要な指標と考えられている.システム弾力性... [more] R2013-4
pp.19-23
NC, MBE
(併催)
2012-12-12
09:00
愛知 豊橋技術科学大学 遷移した状態の集約によって適切なShaping報酬を提示する強化学習
岡 晋之介村越一支豊橋技科大
Shapingの概念が取り入れられた強化学習は,容易な行動から複雑な行動へと誘導的にShaping報酬という強化信号を与... [more] NC2012-74
pp.1-6
PRMU, HIP
(共催)
2012-03-30
14:10
兵庫 神戸大学 顔の主観的魅力評価における絶対的価値と相対的価値の脳内表象
中村航洋川畑秀明慶大
近年,報酬の価値判断や選好形成において,脳の報酬系領域が重要な役割を持つことが示唆されてきた。しかし,報酬価値の情報がど... [more] PRMU2011-274 HIP2011-102
pp.211-216
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
15:10
東京 玉川大学 他者の協調性によっておこる脳の報酬系の変調: fMRI研究
鹿内 学水原啓暁京大
脳の報酬関連の領野は様々な刺激によって活動することが知られおり,お金を報酬として得た時と同様に,「ほめられる」といった社... [more] NC2011-170
pp.287-292
AI 2012-02-28
13:30
東京 京都大学 東京オフィス クラウドソーシングを用いたPOI情報収集
東田圭介櫻木伸幸SCSK
昨今、インターネットやモバイルデバイスの普及がグローバルで急速に進み、オンライン上でエンドユーザーによるコミュニケーショ... [more] AI2011-37
pp.17-19
NS 2011-01-21
13:25
香川 香川大学 [奨励講演]SNSを活性化させるインセンティブ報酬付与メカニズム
與語一史新熊亮一京大)・小西 琢板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大
コンテンツアップロードとリンク形成の2つの要素で構成される,SNS(Social Networking Services... [more] NS2010-157
pp.85-90
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-19
14:45
京都 京都大学 桂キャンパス ソーシャルネットワーク上の情報伝播における人の特性と行動の関係
高田善規新熊亮一京大)・吉永直生板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大
有用な情報を伝える手段として,人をノード,友人関係のつながりをリンクとしたソーシャルグラフを経路として情報を伝えるクチコ... [more] CQ2010-62
pp.79-84
US 2010-10-19
15:45
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館2階121会議室 強化学習による超音波アレーセンサの指向性設計
小谷直樹谷口研二阪大
強化学習を用いたアレーセンサの指向性設計法を提案する.強化学習は,学習者であるエージェントが環境から得られる報酬が最大と... [more] US2010-75
pp.29-32
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
15:00
東京 玉川大学 強化学習を用いた変動環境下の最短経路探索
甲斐孝史石川眞澄九工大
エージェント自身に環境認識を行わせ、環境変化を認識するとMapの再学習を行わせることで変動環境下においてゴールまでの最適... [more] NC2009-108
pp.119-124
NC, MBE
(併催)
2009-03-12
16:05
東京 玉川大学 不確実な報酬予測におけるドーパミン活動の計算論的モデル
朝比奈亜貴代奈良先端大/京大)・平山淳一郎京大)・石井 信京大/奈良先端大
動物にとって,不確かな環境で生存するためには,未来に与えられる報酬をできるだけ正確に予測することが重要である.霊長類の中... [more] NC2008-148
pp.267-271
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会