お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2021-10-14
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]四光波混合による波長変換と経路差を用いた光可変遅延線におけるNRZ-DPSK信号の伝搬特性評価
岡本萌力都小林瑞貴來住直人電通大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2021-08-27
10:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]微小光共振器による光周波数コム光源の開発とその応用
田邉孝純慶大R2021-21 EMD2021-2 CPM2021-11 OPE2021-22 LQE2021-1
微小光共振器は小さな入力光でも効率的に非線形光学効果を得ることができる.縦モードがほぼ等間隔な微小光共振器中で四光波混合... [more] R2021-21 EMD2021-2 CPM2021-11 OPE2021-22 LQE2021-1
pp.1-3
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2021-02-19
09:50
ONLINE オンライン開催 波長変換に対応した光フーリエ変換を用いた歪補償可変遅延線
畑山進丸來住直人電通大OFT2020-63 OPE2020-84
相互位相変調を用いた光フーリエ変換及び四光波混合を用いた波長変換によって構成された光可変遅延線の特性検証を行った.先行研... [more] OFT2020-63 OPE2020-84
pp.34-37(OFT), pp.39-42(OPE)
OFT 2020-10-08
09:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]四光波混合による波長変換と経路調査を用いた光可変遅延線におけるNRZ-OOK信号の遅延特性評価
小川拓海小林瑞貴來住直人電通大OFT2020-10
全光信号処理を実現するにあたって光可変遅延線が必要とされている.本報告ではNRZ-OOK信号に対して四光波混合により波長... [more] OFT2020-10
pp.4-7
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2019-11-22
10:20
山口 海峡メッセ下関 四光波混合による波長変換と経路長差を用いた低歪み光可変遅延線
小林瑞貴來住直人電通大OFT2019-41
全光信号処理を行う上で必要な光可変遅延線が求められている。本報告ではRZ-DPSK 信号に対して四光波混合により波長変換... [more] OFT2019-41
pp.29-32
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]同時計数測定によるオンチップリング共振器のQ値の推定
杉浦健太岡本 亮京大)・Sai T. Chu香港城市大)・Brent E. Little中国科学院)・竹内繁樹京大
近年,光導波路を用いたオンチップ光子対源が盛んに研究されている.中でも,高いQ値をもつリング共振器は,高い光子対発生量を... [more]
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2018-08-24
14:05
北海道 小樽経済センター 多重量子井戸半導体光増幅器を用いた全光論理ゲートデバイスと10Gbps排他的論理和動作
赤石陽太松井信衞伊澤昌平早大)・松本 敦NICT)・松島裕一石川 浩宇高勝之早大R2018-32 EMD2018-35 CPM2018-35 OPE2018-62 LQE2018-51
我々は光パケット交換システムのラベルマッチングデバイスとして、多重量子井戸半導体光増幅器(MQW-SOA)とマイクロリン... [more] R2018-32 EMD2018-35 CPM2018-35 OPE2018-62 LQE2018-51
pp.79-82
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]オンチップリング共振器により発生した光子対の多周波数モード間相関
杉浦健太岡本 亮京大)・Labao ZhangLin KangJian ChenPeiheng Wu南京大)・Sai T. Chu香港城市大)・竹内繁樹京大
広帯域周波数もつれ光子対は,量子OCTなどの量子計測や,高次元量子もつれ状態生成などへの応用が期待されている.
我々は... [more]

OFT 2017-10-12
15:45
高知 高知県立県民文化ホール NRZ-OOK信号に対する波形変換及びWDM-to-OTDM変換
張 インイ來住直人電通大OFT2017-39
異なる多重方式を採用するネットワーク同士を接続する場合,多重方式変換を行う必要がある.本報告では,光ファイバの四光波混合... [more] OFT2017-39
pp.7-10
OFT 2017-10-12
16:10
高知 高知県立県民文化ホール 高次の四光波混合を用いたNRZ-to-RZ変換及び波長マルチキャスト
松本浩希來住直人電通大OFT2017-40
光ファイバの非線形光学効果のみを用いた、NRZ-to-RZ変換と波長マルチキャストを一括で実現する手法の検証を行った。
... [more]
OFT2017-40
pp.11-14
OME, OPE
(共催)
2016-11-24
15:50
宮城 東北大学片平キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 四光波混合および干渉を用いた偏波多重QPSK信号から偏波多重BPSK信号への変調フォーマット変換
岸川博紀後藤信夫徳島大OME2016-50 OPE2016-100
波長資源を有効活用し周波数利用効率を向上させ,柔軟かつ高効率なネットワークを実現するためには,所望の伝送容量や伝送距離に... [more] OME2016-50 OPE2016-100
pp.11-16
OFT 2016-05-27
09:55
岡山 岡山国際交流センター 量子ドット半導体光増幅器を用いた光クロック抽出型時分割多重分離
楊 亮谷津智也松浦基晴電通大OFT2016-8
超高速光時分割多重伝送では、受信側で光信号の多重分離を行う際にクロック信号を必要とする。本研究では、データ信号と重複する... [more] OFT2016-8
pp.29-32
PN 2016-04-25
14:30
東京 機械振興会館 [招待講演]量子ドット半導体光増幅器を用いた光信号処理技術
松浦基晴電通大PN2016-1
量子ドット半導体光増幅器は,半導体光増幅器の活性層に量子ドット構造を組み込んだ光増幅器である.近年,その優れた利得特性だ... [more] PN2016-1
pp.1-8
LQE, EST, OPE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT, PEM
(連催) [詳細]
2016-01-29
12:50
兵庫 神戸市産業振興センター 四光波混合を用いた1系列QPSKから2系列BPSKへの全光変調フォーマット変換
安藤りな岸川博紀後藤信夫柳谷伸一郎徳島大PN2015-92 EMT2015-143 OPE2015-205 LQE2015-192 EST2015-149 MWP2015-118
多値変調を含めた変調フォーマット間の変換は、光ファイバ伝送におけるスペクトル利用効率向上をめざした柔軟なネットワーキング... [more] PN2015-92 EMT2015-143 OPE2015-205 LQE2015-192 EST2015-149 MWP2015-118
pp.359-362
LQE, EST, OPE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT, PEM
(連催) [詳細]
2016-01-29
13:15
兵庫 神戸市産業振興センター 四光波混合を用いたQPSKからBPSKへの偏波ダイバーシティを用いた全光変調フォーマット変換
吉岡奈保安藤りな岸川博紀後藤信夫徳島大PN2015-93 EMT2015-144 OPE2015-206 LQE2015-193 EST2015-150 MWP2015-119
光ファイバ通信の容量と周波数効率の向上を図る多値変調が用いられるネットワークにおいて,リソースの有効利用と低消費電力化の... [more] PN2015-93 EMT2015-144 OPE2015-206 LQE2015-193 EST2015-150 MWP2015-119
pp.363-366
PN, NS, OCS
(併催)
2014-06-26
11:15
大分 ビーコンプラザ(別府) 搬送波位相同期WDM信号伝送における四光波混合光
水鳥 明古賀正文大分大OCS2014-13
WDM信号伝送において発生する四光波混合光(FWM)は,搬送波非同期系では無相関雑音として信号光Q値劣化をもたらすが,位... [more] OCS2014-13
pp.5-8
OFT 2013-10-24
13:25
奈良 エルトピア奈良 チャープを伴わない光フーリエ変換を用いた低歪み光可変遅延線
堀込亮平來住直人電通大OFT2013-23
光信号処理の課題の一つに,信号のタイミング制御が挙げられる.本稿では,全光信号処理においてタイミング制御のための光可変遅... [more] OFT2013-23
pp.5-10
OFT 2013-10-24
14:15
奈良 エルトピア奈良 非線形光ループミラーと縮退四光波混合を用いた光サンプリング方式の時間分解能に関する検討
渡辺真也三好悠司大橋正治久保田寛和阪府大OFT2013-25
非線形光ループミラーおよび縮退四光波混合を用いた2つの光サンプリング方式について,サンプリングパルスの必要電力と時間分解... [more] OFT2013-25
pp.15-19
LQE, OCS, OPE
(共催)
2013-10-25
16:45
福岡 門司港・海峡ロマンホール 偏波ダイバーシティ・ガードバンドレス波長変換器の検討
井上 崇谷澤 健並木 周産総研OCS2013-79 OPE2013-125 LQE2013-95
本報告では実用的な波長変換器の実現を目的として,光ファイバ中の四光波混合にもとづき,広帯域でガードバンドが存在せず,さら... [more] OCS2013-79 OPE2013-125 LQE2013-95
pp.147-151
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
13:45
東京 玉川大学 位相共役光によるタイムリバース法を用いた散乱体イメージングの実験的検討
横田 峻浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2012-121
位相共役光を用いて散乱プロセスを逆伝搬させる技術と集束超音波による局所的な変調を利用し,生体内部特定位置の吸光度を計測す... [more] MBE2012-121
pp.173-177
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会