お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-14
11:20
ONLINE オンライン開催 MQTTによるデータ収集システムにおける効率的な通信手順の提案 ~ トンネル化による転送 ~
青木楓弥石橋孝一横谷哲也金沢工大NS2021-34
近年,IoTの展開において重要な通信手段としてMQTTが注目されており,IoTサービスの実現に向けて,各所で研究開発が進... [more] NS2021-34
pp.13-18
IN, NS
(併催)
2019-03-04
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター アナログメーターのデータ収集システムにおける画像解析方式の検討
古川貴仁迫水和仁福井 潔OKIIN2018-98
画像解析を用いた、アナログメーター(以下、計器)のデータ収集システムにおいて、省電力な組込み機器でも動作する画像解析方式... [more] IN2018-98
pp.85-90
EE 2017-01-26
14:45
長崎 長崎大学(文教キャンパス) [ポスター講演]次世代粒子検出器に向けた高帯域幅かつ高電力効率なデータ収集システムの設計
荻野雅紀竹内遥祐大山 健長崎総合科学大EE2016-65
より複雑かつ稀な物理現象を探求するため,高エネルギー物理実験では粒子検出器の性能向上が求められている.しかし,検出部の精... [more] EE2016-65
pp.89-92
ASN 2016-11-18
11:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]アクティブRFIDを用いた小型魚類の河川におけるモニタリングの検討
藤原孝洋佐久間正太後藤 等函館高専)・白川北斗北大)・津田裕一水産研究・教育機構)・宮下和士北大ASN2016-60
動物の行動をモニタリングするため,電波や音響の発信機と受信機を組み合わせたテレメトリやバイオロギング技術が活用されている... [more] ASN2016-60
pp.105-108
IA 2016-11-09
17:30
北海道 大沼国際セミナーハウス センサデータストリーム収集システムにおける中継ノードを用いた負荷均等化手法の検討
川上朋也奈良先端大)・石 芳正義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大IA2016-62
本研究では,周期的なセンサデータ収集システムにおける,中継ノードを用いた負荷均等化手法ついて検討する.一般的にセンサデー... [more] IA2016-62
pp.35-39
NS 2012-04-19
15:20
高知 高知県立大学 隠れ端末の影響を考慮したデータ収集システムの容量解析
温 允藤田裕志吉田 誠富士通研NS2012-6
データ収集システムは多くの分野で重要な役割を果たしている。マルチホップ伝送を利用する自律分散ネットワークが、ネットワーク... [more] NS2012-6
pp.31-36
ET 2012-03-10
14:30
香川 香川高等専門学校(詫間キャンパス) iPadを用いた英語学習支援システムの開発
山下祐樹高城秀之森 和憲香川高専ET2011-122
本研究では,iPadを端末とした英語学習支援システムを開発した.現在,タブレット型コンピュータが急速に普及し,現行のパー... [more] ET2011-122
pp.125-130
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-26
15:05
東京 上智大 マルチホップ型データ収集システムにおけるシステム容量解析
藤田裕志温 允吉田 誠富士通研RCS2011-152 SR2011-55 AN2011-30 USN2011-32
CSMA/CAを用いた無線マルチホップネットワークは自律的にネットワークを構築できるため,センサーからの情報を収集するデ... [more] RCS2011-152 SR2011-55 AN2011-30 USN2011-32
pp.75-80(RCS), pp.77-82(SR), pp.57-62(AN), pp.57-62(USN)
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会