お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-01-25
11:10
鹿児島 鹿児島大学 稲盛会館 不均一UV照射リバースモード液晶素子の特性改善
内堀拓哉佐々木亮輔山口留美子秋田大EID2018-20
液晶と反応性メソゲン(Reacti Ve Mesogen:RM)の複合系により,電圧無印加場合に透明状態,電圧印加場合に... [more] EID2018-20
pp.125-128
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2016-01-28
13:46
富山 富山大学 原子間力顕微鏡を用いた偏析界面の液晶中観察
小林勇樹高橋成也木村宗弘長岡技科大EID2015-27
スリットコータを用いた配向印刷法をこれまで報告してきた。反応性メソゲン添加液晶をガラス基板上に塗工し、配向を固定する際に... [more] EID2015-27
pp.9-12
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
2012-01-28
09:46
秋田 秋田大学 手形キャンパス リバースモード液晶素子における液晶材料依存性
後藤広一朗山口留美子西村宗仁秋田大EID2011-24
反応性メソゲン(RM)とネマチック液晶を混合し,ねじれ配列を有するリバースモード液晶素子を作製した。この素子は,電圧無印... [more] EID2011-24
pp.49-52
EID, ITE-IDY
(連催)
2011-07-22
13:40
東京 機械振興会館 リバースモード液晶素子の表示特性における低電圧駆動化
後藤広一朗山口留美子秋田大)・Oleg Yaroshchukウクライナ国立科学アカデミーEID2011-7
反応性メソゲン(RM)とネマチック液晶を混合し,ねじれ配列を有するリバースモード液晶素子を作製した。この素子は,電圧無印... [more] EID2011-7
pp.5-8
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会