お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2016-09-14
13:00
兵庫 甲南大学 非線形ODEを用いた配電電圧分布の計算機シミュレーション
薄 良彦阪府大/JST)・白 成哲京大)・太田 豊東京都市大/JST)・引原隆士京大NLP2016-47
本報告では,非線形常微分方程式(ODE)による配電網の電圧空間分布---配電電圧分布---の計算機シミュレーションについ... [more] NLP2016-47
pp.15-20
LQE, EST, OPE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT, PEM
(連催) [詳細]
2016-01-28
09:05
兵庫 神戸市産業振興センター 反復法によるSIR共振器と平行結合三線路を組み合わせた超広帯域BPFの合成
陳 春平加藤紀樹穴田哲夫神奈川大)・武田重喜アンテナ技研)・馬 哲旺埼玉大PN2015-59 EMT2015-110 OPE2015-172 LQE2015-159 EST2015-116 MWP2015-85
平行結合3線路構造は平行結合2線路より結合が強いため,超広帯域フィルタの設計に良く使用されている.しかし,従来の合成理論... [more] PN2015-59 EMT2015-110 OPE2015-172 LQE2015-159 EST2015-116 MWP2015-85
pp.159-164
IBISML 2014-11-18
15:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]対数線形モデル高速学習のための基底関数
高畠一哉赤穂昭太郎産総研IBISML2014-76
離散変数対数線形モデルに対して以下の優れた特徴を持つ基底関数の組とそれを用いた高速学習アルゴリズムを提案する.
1) ... [more]
IBISML2014-76
pp.307-312
AP, MW
(併催)
2014-09-18
12:45
東京 東工大 大岡山キャンパス Gerchberg-Papoulis反復法を用いたラジアルラインスロットアンテナの波源分布推定
佐野 誠東工大)・マヌエル シエラ-カスタネールマドリッド工科大)・広川二郎安藤 真東工大AP2014-95
スロットアレーアンテナの近傍界からアンテナ開口面上の電界分布を復元する波源分布推定法を提案する.補外手法の一つであるGe... [more] AP2014-95
pp.19-22
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-23
10:30
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) 飛び越し結合を考慮した平行結合3線路を用いた広帯域フィルタの理論合成
陳 春平小田純矢加藤丈政鎌田克洋加藤紀樹穴田哲夫神奈川大PN2013-37 OPE2013-151 LQE2013-137 EST2013-86 MWP2013-57
平行結合3線路構造に対する飛び越し結合を含めた新たしい等価回路を導出し,それを用いた広帯域フィルタを設計するための反復法... [more] PN2013-37 OPE2013-151 LQE2013-137 EST2013-86 MWP2013-57
pp.17-22
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-28
15:10
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 ブロック反復法による電源回路網解析の高速化
森下拓海筒井 弘越智裕之佐藤高史京大VLD2011-63 DC2011-39
半導体プロセスの微細化が進み,電源回路網の解析が重要になっている.また,電源回路網それ自体の規模も大きく,今後のさらなる... [more] VLD2011-63 DC2011-39
pp.67-71
NLP, CAS
(共催)
2010-08-02
09:25
徳島 鳴門教育大学 連続CT画像再構成法の離散化に基づく反復法の性質
上田知佳藤本憲市吉永哲哉徳島大CAS2010-33 NLP2010-49
高品質な医用CT画像の再構成を高速に演算する方法の開発を目的とし,連続法およびその離散化による反復法を提案している.本報... [more] CAS2010-33 NLP2010-49
pp.5-9
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会