お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2020-05-21
10:05
ONLINE オンライン開催 スイッチ型撹拌機の設置角度及び位置が反射箱内の電磁界に与える影響
小杉 舜濱本将太郎須賀良介青学大)・滝沢幸治TDK)・橋本 修青学大EST2020-1
我々はこれまでに一列に並べた金属平板間をスイッチで接続した電磁界撹拌機を提案しており,スイッチのON/OFFにより反射箱... [more] EST2020-1
pp.1-5
EMCJ, MICT
(併催)
2020-03-13
15:40
東京 機械振興会館 地下3階-2
(開催中止,技報発行あり)
2次元リバブレーションチャンバーにおける円筒波展開によるDe-embedding手法の数値誤差に関する検討
谷口晃大青柳貴洋東工大EMCJ2019-94
円筒波展開を用いたDe-embedding 手法は,リバブレーションチャンバー内におけるスターラーの電磁界への影響を分離... [more] EMCJ2019-94
pp.11-14
MW, EST, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2019-07-18
12:50
北海道 函館市中央図書館 スイッチ付き金属平板による反射箱内電磁界の攪拌に関する検討
濱本将太郎須賀良介青学大)・滝沢幸治TDK)・橋本 修青学大EMT2019-11 MW2019-24 OPE2019-15 EST2019-13 MWP2019-11
本研究では,一列に並べた金属平板間をスイッチで接続した電磁界攪拌機を提案し,スイッチのON/OFFで反射箱内電磁界を攪拌... [more] EMT2019-11 MW2019-24 OPE2019-15 EST2019-13 MWP2019-11
pp.29-33
MW, EMCJ, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2017-10-19
16:00
秋田 あきた芸術村 温泉ゆぽぽ バンケットホール紫苑 Vibrating Intrinsic Reverberation Chamberの諸特性
原 誠高橋康夫川崎重工)・Robert Vogt-ArdatjewFrank LeferinkUniv. of TwenteEMCJ2017-39 MW2017-91 EST2017-54
ランダムな電磁界分布を発生させる反射箱の一形態であるVIRCを試作し、その諸特性(電界均一性、電界分布等)について評価し... [more] EMCJ2017-39 MW2017-91 EST2017-54
pp.73-77
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-06
09:55
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 マルチパスリッチ環境における環境適応型低電力密度ベースバンド無線の伝送特性評価
中里 仁Uyanga Galbadrakh森本勇樹唐沢好男電通大RCS2015-226
既存システム(一次利用者:PU)に影響を与えることなく二次利用者として通信を行う方法として,低電力密度の通信が考えられる... [more] RCS2015-226
pp.215-220
EMCJ 2013-09-13
13:25
北海道 北大 炭素繊維強化プラスチック積層板を用いた構造体内部におけるマイクロ波帯電磁界特性 ~ 直方体電波反射箱内の構造体Q値の特性評価 ~
二ッ森俊一森岡和行河村暁子米本成人電子航法研EMCJ2013-53
炭素繊維強化プラスチック(Carbon fiber reinforced plastics, CFRP)等の樹脂系複合材... [more] EMCJ2013-53
pp.25-30
AP
(第二種研究会)
2012-12-21
14:15
沖縄 KDDI那覇ビル6F 大会議室 簡単なマルチパスモデルによる反射箱の電界均一性評価
張間勝茂NICT
反射箱の電界均一性を推定するための簡単な計算手法を提案する.提案法は,移動体の多重波伝搬環境のレイリーフェージングモデル... [more]
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2012-12-14
09:05
岐阜 岐阜大学 反射箱内の小動物に対する数値ドシメトリ
チャカロタイ ジェドヴィスノプ王 建青藤原 修名工大)・和氣加奈子渡辺聡一NICTEMCJ2012-86
小動物を用いたばく露実験のために開発された反射箱型ばく露装置内での生体に対する比吸収率の算出法として, これまで実験と数... [more] EMCJ2012-86
pp.1-6
AP, RCS
(併催)
2012-11-16
15:15
東京 東京電機大学(東京千住キャンパス) マルチパスリッチ環境を実現する電波反射箱 [IV] ~ 反射箱内伝搬特性の周波数依存性 ~
ファタフッディン タムリン電通大)・大島一郎電気興業)・唐沢好男電通大AP2012-113
遅延波の遅延量が1μsを超えるマルチパス環境を実現し、かつ、屋内への設置性、内部での作業性を考慮して、4m×2m×2mの... [more] AP2012-113
pp.115-120
EMCJ 2012-05-31
13:30
東京 首都大学東京秋葉原サテライト 電波影響試験用反射箱内電界強度分布の実験的検証
チャカロタイ ジェドヴィスノプ王 建青藤原 修名工大)・和氣加奈子渡辺聡一NICTEMCJ2012-10
携帯電話の基地局からの微弱電波が引き起こす人体影響を調べるために,それを模擬した小動物に対する全身ばく露実験が計画されて... [more] EMCJ2012-10
pp.7-12
AP 2012-04-19
13:25
宮城 東北大学(片平さくらホール) 不均質物体を含む複合モデル解析のためのハイブリッドMoM-FDTD法に関する検討
チャカロタイ ジェドヴィスノプ王 建青藤原 修名工大)・和氣加奈子渡辺聡一NICTAP2012-7
時間領域有限差分 (Finite-difference time-domain, FDTD) 法は,不均質な媒質を含むモ... [more] AP2012-7
pp.33-38
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2011-12-09
13:45
愛知 名古屋工業大学 反射箱を用いたヒトの吸収電力の推定
張間勝茂NICTEMCJ2011-105
反射箱を用いたヒトの全身吸収電力の推定手法を提案する。提案手法は、ネットワークアナライザによるSパラメータ測定値で表した... [more] EMCJ2011-105
pp.65-70
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2011-12-09
15:55
愛知 名古屋工業大学 反射箱内の電磁ばく露を想定した小児モデルに対するGHz帯全身平均SARの計算
鈴木登季夫王 建青藤原 修名工大EMCJ2011-109
電波の人体影響は,全身平均SARで評価される.近年の計算機環境の発達に伴い妊婦・乳幼児を含む種々の人体数値モデルに対する... [more] EMCJ2011-109
pp.99-102
AP, RCS
(併催)
2011-11-17
13:30
愛知 名古屋国際会議場 [依頼講演]電波反射箱型MIMO-OTA測定環境 ~ その実力と可能性 ~
大島一郎電気興業)・唐沢好男電通大AP2011-108 RCS2011-212
MIMO通信端末を実利用環境で評価したい場合には,OTA(Over-the-Air)状態での測定評価環境が必要になる。
... [more]
AP2011-108 RCS2011-212
pp.109-114(AP), pp.139-144(RCS)
AP, ITE-BCT
(連催)
2011-02-09
15:05
東京 NHK放送技術研究所 マルチパスリッチ環境を実現する電波反射箱 [III] ~ 電波吸収シートを用いた環境制御:その2 ~
アリフ リズワン篠沢政宏大島一郎唐沢好男電通大AP2010-164
MIMO通信端末を模擬電波環境で評価したい場合には、OTA (Over-the-Air)状態での測定評価環境が必要になる... [more] AP2010-164
pp.19-23
ACT
(第二種研究会)
2010-12-22
14:20
沖縄 沖縄ホテル 小形無線端末の各種TRP測定法の比較 ~ 3D積分法、反射箱法、楕円鏡結合器法 ~
河村尚志山本 綾佐久間 徹名古康彦手代木 扶アンリツ)・斎藤博治テレコムエンジニアリングセンター)・張間勝茂杉山 功NICT
小形無線端末の評価を空間でのTRP測定で行うことはますます重要になっている。TRP測定法もさまざまな方法が提案されており... [more]
AP 2010-06-10
14:20
東京 機械振興会館 任意ドップラースプレッドのマルチパス環境を実現するMIMO端末特性評価用電波反射箱
篠沢政宏パシシンギ サハルルアリフ リズワン唐沢好男電通大AP2010-36
MIMO通信端末を模擬電波環境で評価したい場合には、OTA (Over-the-Air)状態での評価環境が必要になる。具... [more] AP2010-36
pp.25-30
AP 2010-02-19
16:15
東京 東芝 MIMO端末特性評価のための電波環境構築法に関する考察 [IV] ~ 動的フェージング環境を実現する電波反射箱におけるチャネル特性評価 ~
パシシンギ サハルルアリフ リズワン篠澤政宏唐沢好男電通大AP2009-204
MIMO通信端末を模擬電波環境で評価したい場合には、OTA (Over-the-Air)状態での評価環境が必要になる。具... [more] AP2009-204
pp.119-124
RCS 2009-08-03
10:55
宮城 東北大学 MIMO端末特性評価のための電波環境構築法に関する考察 [II] ~ 動的フェージング環境を実現する電波反射箱の構成法 ~
唐沢好男電通大RCS2009-82
MIMO通信端末を実環境で評価したい場合には、その評価環境が必要になる。具体的な構築法には、電波反射箱型(Reverbe... [more] RCS2009-82
pp.25-30
AP 2009-01-23
14:50
福岡 福岡大学 MIMO端末特性評価のための電波環境構築法に関する考察
唐沢好男電通大)・清水昌彦富士通研AP2008-185
MIMO通信端末を実環境で評価したい場合には、その評価環境が必要になる。具体的な構築法には、電波反射箱型(Reverbe... [more] AP2008-185
pp.203-208
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会