お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
10:55
ONLINE オンライン開催 ラプラシアン行列の固有値を用いたテンポラルネットワークの異常検出に対する改良方法の提案
瀬川絵里子谷口豊明作元雄輔関西学院大CQ2021-40
現実の多くのネットワークはノード間の関係性が時間とともに変化するテンポラルネットワークであり,テンポラルネット... [more] CQ2021-40
pp.17-22
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-16
14:20
香川 高松センタービル [招待講演]環境や挙動にあわせた柔軟なネットワーキングの実現に向けた取り組み
奥田將人山田亜紀子山下真司村上雅彦堀尾健一引地謙治篠原昌子小牧大治郞富士通研NS2017-119 CQ2017-71 ICM2017-22
光通信や無線通信技術の発達に加え,クラウド技術の発達により,多様なデバイスがネットワークにつながり,様々なアプリケーショ... [more] NS2017-119 CQ2017-71 ICM2017-22
pp.45-50(NS), pp.7-12(CQ), pp.7-12(ICM)
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2017-11-17
13:50
東京 日立中央研究所 ノード故障を考慮した動的コンパクトルーティング方式の提案
高橋勇輝山田敏規埼玉大CAS2017-56 MSS2017-40
バックボーンや基地局などのインフラを必要とせず, 無線端末のみで構築可能な無線アドホックネットワークが近年注目されている... [more] CAS2017-56 MSS2017-40
pp.111-116
COMP 2017-10-27
15:50
東京 成蹊大学 移動エージェントによる動的トーラスの探索
五島 剛首藤裕一阪大)・大下福仁奈良先端大)・角川裕次増澤利光阪大COMP2017-25
モバイルエージェント(エージェント) とは,ネットワーク内を自由に移動できるソフトウェアのことを指す.エージェントにおけ... [more] COMP2017-25
pp.37-44
MSS 2015-03-05
13:50
石川 ITビジネスプラザ武蔵 構造変化を伴う大規模建造物における経路探索アルゴリズムについて
清水智広梅野 健京大)・岡部亜梨子榎本敦子野中洋一日立MSS2014-93
近年,産業システムを高効率化する Internet of Things に関連する動きが世界て&#124... [more] MSS2014-93
pp.13-18
COMP 2013-12-21
13:45
沖縄 沖縄産業支援センター 動的パスネットワークにおけるk-避難所配置問題
東川雄哉京大)・Mordecai J. GolinHKUST)・加藤直樹京大COMP2013-54
本論文では, 動的パスネットワークにおける$k$-施設配置問題を扱う.
本モデルにおいて動的パスネットワークは, 正の... [more]
COMP2013-54
pp.93-97
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
MoNA, AN
(併催) [詳細]
2013-03-14
13:55
東京 東京大学 駒場リサーチキャンパス 移動センサネットワークにおけるクラスタリングを考慮した位置情報利用型トポロジ
池田一樹塩川茂樹神奈川工科大AN2012-72
これまでに様々な無線センサネットワーク向け通信プロトコルが提案されているが,動的ネットワークトポロジに適用できるものは少... [more] AN2012-72
pp.125-130
AI 2012-06-21
17:15
東京 京都大学 東京オフィス 社会ネットワークの成長を考慮したインフルエンスノード抽出手法
大野将樹電通大AI2012-7
本論文では,社会ネットワーク上の影響力が高いノード群(ターゲット集合)を発見するターゲット集合選択問題について述べる.タ... [more] AI2012-7
pp.33-37
DE 2011-12-16
16:25
京都 京都産業大学 社会ネットワークの時間変化を考慮した情報拡散モデルの検討
大野将樹電通大DE2011-48
社会ネットワーク上で影響力の高いノード群を発見する影響度最大化問題について検討する.影響度最大化問題の高性能な近似解法と... [more] DE2011-48
pp.49-52
NS, IN
(併催)
2010-03-05
08:30
宮崎 宮崎シーガイア 動的ネットワークパスプロビジョニングの相互運用技術 ~ G-lambdaシステムとGLIF Feniusの連携 ~
高野了成工藤知宏岡崎史裕竹房あつ子中田秀基産総研NS2009-224
G-lambdaプロジェクトでは、グリッド・クラウドミドルウェアがネットワークパス、計算機、ストレージといった分散資源を... [more] NS2009-224
pp.345-350
COMP 2006-04-26
14:15
京都 京都大学 An Efficient Algorithm for Evacuation Problem in Dynamic Network Flows with Uniform Arc Capacity
Naoyuki KamiyamaNaoki KatohAtsushi TakizawaKyoto Univ.
本論文では,辺に容量と移動時間の与えられたグラフで構成されるネットワーク
における最速フロー問題を扱う。与えられるネ... [more]
COMP2006-6
pp.41-48
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会