お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
12:00
ONLINE オンライン開催 深層展開に基づく分散型MIMO信号検出法に関する検討
熊谷雅也中井彩乃和田山 正名工大IT2021-113 ISEC2021-78 WBS2021-81 RCC2021-88
本稿では,MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) 通信路における信号検出法として,
... [more]
IT2021-113 ISEC2021-78 WBS2021-81 RCC2021-88
pp.174-179
NS, IN
(併催)
2022-03-11
11:00
ONLINE オンライン開催 持続可能なリアルタイム情報共有モーバイルネットワーク
田中 晶東京高専)・丸山 充神奈川工科大)・漆谷重雄NII)・辻井利昭阪府大NS2021-147
筆者らはこれまでに,身近な端末や機器から構成される多数のマルチホップネットワークを用い,リアルタイムな情報共有システムを... [more] NS2021-147
pp.146-151
PN 2022-03-02
11:00
ONLINE オンライン開催 リアルタイム動画像処理における計算資源の利用可能確率に基づく実効レート期待値保証型分散処理割り当て手法
村松航希村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-73
我々はAMec (Access Metro Edge Computing)という,アクセスメトロ網内におけるネットワーク... [more] PN2021-73
pp.110-116
IN, NS
(併催)
2021-03-05
15:50
ONLINE オンライン開催 自律拡張共有メモリによるリアルタイム情報ネットワーク ~ 防災への応用を目指して ~
田中 晶東京高専)・丸山 充神奈川工科大)・漆谷重雄NIINS2020-173
広く普及している小型ボードコンピュータやマイコン,さらには,近年特に異種デバイスの混在環境のコアとしても注目されている再... [more] NS2020-173
pp.299-304
NS, RCS
(併催)
2020-12-17
12:15
ONLINE オンライン開催 無線センサネットワークにおける分散深層学習のための処理割り当てアルゴリズム
梅田果凜西辻 崇朝香卓也都立大)・三好 匠芝浦工大NS2020-90
無線センサネットワークの利用が拡大するにつれて,通信量や取得したデータを処理するサーバの負荷増加が考えられる.エッジコン... [more] NS2020-90
pp.17-22
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
15:20
ONLINE オンライン開催 無線センサネットワークを用いた照明の予測的制御手法の検討
高山悠希横田裕介日本女子大SeMI2020-14
建物や道路の照明管理は, 安全性, セキュリティ, 快適性の面で重要である. 一方で, 人のいないときに照明を点灯するこ... [more] SeMI2020-14
pp.63-68
NS, IN
(併催)
2020-03-06
09:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
リアルタイム配信に向けた分割自由視点映像のパイプラインベース分散生成手法
福元真哉村上正樹岡本 聡山中直明慶大NS2019-217
スポーツ観戦などにおける新たな価値体験を提供する技術として,ユーザが特定のカメラからの視点に捉われず,様々な角度から視聴... [more] NS2019-217
pp.215-220
PN 2019-11-14
17:20
神奈川 慶應義塾大学 再構成可能通信処理プロセッサを用いたネットワークベースのDDoS防御手法
住田直人村上正樹西尾 優岡本 聡山中直明慶大PN2019-26
トラフィックの増加とサービスの多様性に対処するために,フォトニックネットワークプロセッサ(PNP)が提案されている.PN... [more] PN2019-26
pp.15-22
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
15:45
愛媛 愛媛県男女共同参画センター エッジ,クラウド間の分散処理に向けたポーズデータを用いた動作識別手法の調査
高崎智香子お茶の水女子大)・竹房あつ子NII)・中田秀基産総研)・小口正人お茶の水女子大CPSY2019-43
センサの発達やクラウドコンピューティングの普及により,一般家庭で取得,蓄積した動画像が子供やお年寄りの見守りサービスや防... [more] CPSY2019-43
pp.7-12
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
17:05
東京 構造計画研究所(本所新館東京) 無線センサネットワークを用いた予測的照明制御システム
高山悠希横田裕介日本女子大SeMI2019-97
建物や道路の照明管理は, 安全性, セキュリティ, 快適性の面で重要である. 一方で, 人のいないときに照明を点灯するこ... [more] SeMI2019-97
pp.139-144
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]無線センセネットワークにおける通信環境とノード処理能力に応じた深層学習の処理分割方式
梅田果凜西辻 崇朝香卓也首都大東京)・三好 匠芝浦工大
Internet of Things(IoT)の普及により,無線センサネットワークの利用が拡大している.利用の拡大により... [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-26
11:25
北海道 北見市民会館 光ハブによるAccelerator間フルメッシュ接続に向けたDistributed Switchを介したメモリ間通信特性
水谷健二山口博史賣野 豊光電子融合基盤技研CPSY2019-32 DC2019-32
近年のデータ解析の高度化・高精度化への要求はさらに高くなっており、1台のAcceleratorだけでは処理が難しくなって... [more] CPSY2019-32 DC2019-32
pp.171-176
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2019-07-14
10:25
北海道 小樽経済センター 分散処理を用いた自動プログラム修正の高速化
松本淳之介肥後芳樹松尾裕幸有馬 諒柗本真佑楠本真二阪大SS2019-11 KBSE2019-21
GenProg は遺伝的アルゴリズムを利用した自動プログラム修正ツールである.
GenProg はソースコードを 個... [more]
SS2019-11 KBSE2019-21
pp.141-146
ICM 2019-03-08
09:20
沖縄 久米島イーフ情報プラザ Hadoopデータセンタにおけるオークションメカニズムを用いた料金設定と計算資源割当て手法
真鍋 優川原 純笠原正治奈良先端大ICM2018-57
記憶容量の増大や計算性能の上昇といったハードウェアの発展に伴い,アプリケーションの取り扱うデータ量や計算量は日々増大して... [more] ICM2018-57
pp.43-48
MoNA 2019-01-16
13:25
京都 キャンパスプラザ京都(京都駅前) [奨励講演]完全準同型暗号を用いた秘匿データマイニング分散処理システムのデータベース更新時の高速化
山本百合小口正人お茶の水女子大MoNA2018-62
昨今,データ所有者が外部機関にデータマイニングによる調査を委託することが一般的であるが,データのプライバシ保護の観点から... [more] MoNA2018-62
pp.27-32
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]エッジクラウド連携を用いた機械学習によるネットワーク広域異常検知に向けた一検討
田尻兼悟池田泰弘NTT)・川原亮一東洋大)・新熊亮一京大RCC2018-49 NS2018-62 RCS2018-107 SR2018-46 ASN2018-43
安定したサービスの提供やオペレータ負荷の低減に向けて,ネットワーク異常検知技術による障害発生の早期または予見的検知が重要... [more] RCC2018-49 NS2018-62 RCS2018-107 SR2018-46 ASN2018-43
pp.109-110(RCC), pp.115-116(NS), pp.127-128(RCS), pp.119-120(SR), pp.125-126(ASN)
EMD 2018-03-02
15:10
埼玉 日本工業大学 並列サーバー用FDTD解析の高速化に関する研究
栗原和生春日貴志長野高専EMD2017-64
ビッグ・データの高速処理のため,プリント基板の信号周波数はGHz帯が用いられている.信号周波数が高周波化すると,ノイズ放... [more] EMD2017-64
pp.31-35
IN 2018-01-22
16:10
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス [招待講演]NTTドコモにおけるビッグデータ・AIとその活用 ~ ビッグデータ解析の歩みと我々の考えるAI ~
秋永和計NTTドコモIN2017-80
NTTドコモが2007年ごろに着手した今で言うビッグデータ分析の歴史は、今年で10年になる。その間に計算機の進化を中心と... [more] IN2017-80
pp.53-58
MoNA 2017-12-21
14:40
東京 お茶の水女子大学 完全準同型暗号を用いたデータマイニングの分散処理による高速化の検討
山本百合小口正人お茶の水女子大MoNA2017-37
ビッグデータ活用の一環として,各企業が保持する購買履歴などのデータを外部に委託し,第三者がデータマイニング計算を行う委託... [more] MoNA2017-37
pp.49-53
MoNA 2017-12-21
15:05
東京 お茶の水女子大学 完全準同型暗号を用いる秘匿検索の高速化に向けた一検討
山田優輝小口正人お茶の水女子大MoNA2017-38
ヒトゲノムの解析と応用が可能になるに連れて,ゲノムデータ利用の実用化が注目されている.このようなビッグデータを活用する際... [more] MoNA2017-38
pp.55-58
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会