お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2019-11-28
14:35
大阪 中央電気倶楽部 デバッギング難易度を考慮したプロセス指向型ソフトウェア信頼性モデリング
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2019-45
ソフトウェア故障発生の観測からその原因解析およびフォールトの修正に至るまでのデバッギングプロセスとテスト実施に伴い観測さ... [more] R2019-45
pp.13-18
NS 2019-10-10
16:10
愛知 名古屋工業大学 [招待講演]二分決定グラフを用いたネットワーク信頼性計算の最近の動向
川原 純京大NS2019-113
ネットワーク信頼性評価とは,ネットワークの各リンクに静的な故障確率が与えられた際に,指定された2点間が通信可能となる確率... [more] NS2019-113
pp.59-62
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 ベイズ的深層学習を用いた画像テキスト検索における信頼性評価
濱 健太松原 崇上原邦昭神戸大IBISML2019-1
深層ニューラルネットワークを含む, 多くの機械学習アルゴリズムで出力結果の信頼性をいかにして評価 するかは大きな課... [more] IBISML2019-1
pp.1-8
R 2018-05-25
15:30
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス 離散化NHPPモデルに基づくベイズ理論を用いたソフトウェアの最適リリース時刻の区間推定
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2018-4
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2018-4
pp.19-24
R 2017-07-28
16:50
北海道 稚内サンホテル ベイズ理論による離散化モデルに基づいたソフトウェア信頼性評価
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2017-23
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2017-23
pp.55-60
R 2017-05-26
16:20
岡山 ピュアリティまきび [招待講演]ソフトウェア信頼性モデルの基礎
山田 茂鳥取大R2017-9
「信頼性」はソフトウェア品質の中でも最も重要な品質特性である.また,ソフトウェアライフサイクルにおける信頼性の計測および... [more] R2017-9
pp.49-56
R 2016-07-29
13:30
北海道 小樽経済センター(4階Aホール) チェンジポイントを考慮したハザードレートモデルに基づく最適リリース問題に関する考察
井上真二山田 茂鳥取大R2016-13
ソフトウェアのテスト工程では,フォールトターゲットの変更やモジュール間のフォールト混入率の違い等により,ソフトウェア故障... [more] R2016-13
pp.1-6
PN 2015-11-17
14:55
東京 日本女子大学 目白キャンパス 機能ごとのり障規模と配備数を考慮した光トランスポート網の冗長資源設計法
山本 宏伊達拓紀鎌村星平林 理恵濱野貴文源田浩一植松芳彦NTTPN2015-25
光トランスポート網は、収容トラヒック量や信頼性、配備数の異なる様々な機能部品で構成される。そのため、冗長設計では、機能ご... [more] PN2015-25
pp.15-18
DC 2014-12-19
15:10
富山 高岡テクノドーム レジスタ三重化回路の信頼性評価手法に関する検討
緑川直樹中村宗幸サイサナソンカム アロムハック酒井和哉福本 聡首都大東京DC2014-72
本稿では,著者らの研究グループが提案しているレジスタ三重化回路の信頼性評価手法について報告する.はじめに,レジスタ三重化... [more] DC2014-72
pp.29-32
R 2013-11-14
14:00
大阪 中央電気倶楽部 故障解析をサポートする最新のエックス線技術 ~ エックス線検査の基礎から応用まで、革新技術による観察応用事例 ~
夏原正仁島津製作所R2013-74
X線検査の基礎から応用まで、革新技術による観察応用事例を豊富に取り上げ解説致します。はんだ接合部の検査や、熱サイクル評価... [more] R2013-74
pp.1-3
DC, CPSY
(併催)
2013-08-01
18:00
福岡 北九州国際会議場 レジスタ多重化による耐過渡故障高信頼プロセッサの評価
緑川直樹小山善史首都大東京)・新井雅之日大)・福本 聡首都大東京DC2013-20
近年,様々なアーキテクチャを前提に過渡故障に対するプロセッサの高信頼設計手法が提案されている.本研究では,そのような過渡... [more] DC2013-20
pp.21-25
R 2013-07-26
13:30
北海道 ホテルオホーツクパレス紋別 離散化NHPPモデルに基づいたソフトウェア信頼性評価尺度のブートストラップ区間推定
井上真二山田 茂鳥取大R2013-20
実際のソフトウェアテストでは,納期やテスト期間の制約を受け,従来から多く行われている点推定に基づいたソフトウェア信頼度成... [more] R2013-20
pp.1-6
R 2012-11-15
14:50
大阪 中央電気倶楽部 プリント基板絶縁劣化のスクリーニング技術
黒川博志菱電化成)・松岡敏成八木 超三菱電機R2012-62
プリント基板では高温高湿試験等での絶縁劣化に対する信頼性試験が実施される。この信頼性試験には長時間を要するという課題があ... [more] R2012-62
pp.11-16
R 2012-05-25
16:30
島根 出雲グリーンホテルモーリス チェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデルに関する一考察
井上真二林田志保山田 茂鳥取大R2012-8
観測されるソフトウェア故障発生現象を把握しながら定量的なソフトウェア信頼性評価を実現する上で,ソフトウェアハザードレート... [more] R2012-8
pp.41-46
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-08
16:35
長崎 やすらぎ伊王島 通信ネットワークの信頼性評価尺度の検討
林 正博NTTCQ2010-84
不稼働率は、障害発生回数の多さを表す故障頻度と、障害復旧に要する時間の長さを表すMTTRを乗算した値であり、通信ネットワ... [more] CQ2010-84
pp.99-104
R 2010-05-28
13:55
鳥取 放送大学鳥取学習センター(鳥取市) 組込みOSS移植工程に対するコンポーネント重要度を考慮した信頼性評価法と最適リリース問題への応用
田村慶信山口大)・山田 茂鳥取大R2010-10
OSS(open source software, 以下OSSと略す)は,世界中の誰もが開発に参加でき,ソースコードが公... [more] R2010-10
pp.19-24
R 2010-05-28
15:10
鳥取 放送大学鳥取学習センター(鳥取市) 動的なテスト環境要因を考慮したソフトウェア信頼性評価に関する一考察
恵谷勇介岡村寛之土肥 正広島大R2010-13
本稿では,ロジスティック回帰を応用したソフトウェア信頼性モデルの構築およ
びその推定手法の構築を行う.これは,複数のテ... [more]
R2010-13
pp.37-42
R 2009-11-20
15:35
大阪 大阪:中央電気倶楽部 ソフトウェア信頼性評価のための環境係数を用いたチェンジポイントモデル
井上真二山田 茂鳥取大R2009-45
チェンジポイント(CP)とは,ソフトウェアのテスト期間中における環境の変化によってソフトウェア故障発生時間間隔の確率的性... [more] R2009-45
pp.23-28
R 2009-07-31
14:30
北海道 藤田観光旭川ワシントンホテル 組込みOSSに対する信頼性評価へのハザードレートモデルの適用に関する一考察
田村慶信山口大)・山田 茂鳥取大R2009-26
現在,OSS(オープンソースソフトウェア)は,数多くの企業,自治体,教育機関,政府関係機関などにおいて,様々な分野で使用... [more] R2009-26
pp.23-28
R 2009-05-29
13:20
広島 広島修道大学 組込みオープンソースソフトウェアに対する移植性評価法に関する一考察
田村慶信山口大)・竹原英秀山田 茂鳥取大R2009-10
オープンソースソフトウェア(open source software, 以下OSSと略す)の普及の動きが活発である.特に... [more] R2009-10
pp.13-17
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会