お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMT, IEE-EMT
(連催)
2018-05-25
14:10
東京 機械振興会館 多偏波干渉合成開口レーダによる高精度ディジタル地形図生成のための位相特異点生成機序の解明
大塚優太島田智大夏秋 嶺廣瀬 明東大EMT2018-4
我々は多偏波干渉合成開口レーダにおける位相歪みと偏波状態との関係を調べることにより位相特異点の生成機序を解明する。解析の... [more] EMT2018-4
pp.33-38
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
10:25
東京 機械振興会館 フェーザ四元数ニューラルネットワークによる位相特異点の補正
大山晃平廣瀬 明東大NC2016-79
干渉型合成開口レーダが取得する干渉位相画像には,正確な地形図作成を困難にする位相特異点(SP)が多数存在する.我々はSP... [more] NC2016-79
pp.91-96
SANE 2015-11-26
13:00
宮城 東北大学(片平さくらホール) [特別講演]InSARおよびPolSARイメージングにおけるニューロ適応処理
廣瀬 明東大SANE2015-64
本講演は、干渉合成開口レーダ(interferometric synthetic aperture radar: InS... [more] SANE2015-64
pp.1-6
SANE 2011-06-23
11:45
茨城 JAXA筑波宇宙センター 振幅からの位相差推定と位相特異点を利用したSAR干渉画像の修正
夏秋 嶺廣瀬 明東大SANE2011-23
干渉合成開口レーダー(InSAR)は地形情報を測定するための有用な技術である。しかし、SAR干渉画像には、位相特異点(S... [more] SANE2011-23
pp.35-40
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会