電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 147件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, IEE-SPC
(連催)
2019-07-24
13:00
広島 広島工業大学 LLC電流共振コンバータのPFM制御及び位相シフト制御における安定性解析について
広瀬正侑庄山正仁九大)・西川幸廣鷁頭政和富士電機
LLC電流共振コンバータは一般的にスイッチング周波数を変調するPFM制御により出力電圧を制御するが、ZVSが実現できる出... [more] EE2019-20
pp.19-24
EE, IEE-SPC
(連催)
2019-07-24
14:30
広島 広島工業大学 送電距離の大きな変化を伴う非接触給電実用回路でのk推定精度評価 ~ S-SP型磁気結合給電での負荷電圧の変化抑制と送電側k推定精度の試作実証 ~
安倍秀明
非接触給電の研究が多様な視点で行われている.筆者は,磁気結合を利用した非接触給電の新たなしくみや利用法を研究してきた.磁... [more] EE2019-23
pp.37-42
WPT 2019-06-11
11:45
北海道 北海道大学 百年記念会館 インバータの電流/電圧情報から得られた周波数応答情報に基づくS/S方式非接触給電回路の素子推定手法の提案
武田広大大西 亘古関隆章東大
本稿では非接触給電(WPT)システムの周波数応答データに基づく回路素子の同定方法について提案する。この提案手法ではインバ... [more] WPT2019-20
pp.51-56
EE, IEE-HCA
(連催)
2019-05-17
13:00
東京 機械振興会館 地下三階 B3-1, B3-2 送電距離と負荷の大きな変化を許容するS-SP型非接触給電の出力特性 ~ k表記ブロック線図から導いた受電電圧変動抑制のしくみと試作実証 ~
安倍秀明
非接触給電の研究が多様な視点で行われている.筆者は,磁気結合を利用した非接触給電の継続した取り組みとして,送電距離の大き... [more] EE2019-12
pp.77-82
EE, IEE-HCA
(連催)
2019-05-17
13:30
東京 機械振興会館 地下三階 B3-1, B3-2 給電中のk推定を送電側で行うS-SP型非接触給電のしくみと精度評価 ~ ブロック線図で導いた負荷影響のない送電電圧単独でのk推定法と試作検証 ~
安倍秀明
非接触給電の研究が多様な視点で行われている.筆者は,磁気結合を利用した非接触給電の新たなしくみや利用法を研究してきた.磁... [more] EE2019-13
pp.83-88
WPT 2019-03-07
10:10
京都 京都大学宇治キャンパス 往復密接フラットケーブル巻線による非接触給電の有用性評価 ~ ブロック線図による多重磁気結合での2つの負荷の相互影響考察と試作検証 ~
安倍秀明
非接触給電の研究が多様な視点で行われている.筆者は,磁気結合を利用した非接触給電の新たなしくみや利用法を研究してきた.そ... [more] WPT2018-66
pp.11-16
EE, WPT, IEE-SPC
(連催)
2018-07-02
10:15
北海道 北海道大学 フロンティア応用科学研究棟 数値計算を用いたLLC電流共振形コンバータの伝達関数導出の自動化に関する研究
相良卓馬庄山正仁九大)・米澤 遊中島善康富士通研
著者らは以前, 数値計算を用いたLLC電流共振形コンバータの伝達関数の導出方法を提案したが, 導出過程を手作業で行ってい... [more] EE2018-11
pp.17-22
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]複数種録音端末を用いた会議の想定における伝達関数ゲイン基底NMFによる遠方音源抑圧の性能評価
松井裕太郎牧野昭二筑波大)・小野順貴首都大東京)・山田武志筑波大
非同期マイクロホンアレイを用いた会話や会議などの録音において,不特定多数の音源からなる拡散雑音を効果的に抑圧できる手法と... [more] EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
pp.335-340
EE 2018-01-29
09:10
大分 サテライトキャンパスおおいた (大分市) 回路パラメータがLLCコンバータの小信号特性に与える影響
村上裕亮佐藤輝被西嶋仁浩大分大
本稿では,LLC電流共振形コンバータの小信号伝達関数に対する回路パラメータの影響を示す.小信号解析には等価電源モデルを用... [more] EE2017-42
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-09
15:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 [招待講演]バイノーラル音空間収音再生手法SENZIの252chリアルタイム実現
坂本修一東北大)・本郷 哲仙台高専)・岡本拓磨NICT)・岩谷幸雄東北学院大)・鈴木陽一東北大
聴取者の周囲を取り巻く音空間情報の高精度再現技術は,マルチメディアシステムの高度化につながる重要な技術である.我々は,球... [more] EA2017-33
pp.39-40
EE, WPT
(共催)
IEE-SPC
(連催) [詳細]
2017-07-27
13:50
東京 機械振興会館 磁界共振結合を用いたワイヤレス電力伝送の低結合時における過渡解析とソフトスタート応用
畑 勝裕居村岳広藤本博志堀 洋一東大
本研究ではワイヤレス電力伝送システムを送電部および受電部,これらの結合部,負荷部といった各要素に分けてブロック線図で表す... [more] EE2017-16 WPT2017-21
pp.43-48
EMM 2017-03-07
10:50
沖縄 宮古島マリンターミナルビル(沖縄) [招待講演]球状マイクロホンアレイを用いたバイノーラル3次元音空間創成手法
坂本修一サルバドル セザルトレビーニョ ホルヘ鈴木陽一東北大
聴取者の周囲を取り巻く音空間情報の高精度再現は,マルチメディアシステムの高度化,高付加価値化につながる重要な要素である.... [more] EMM2016-101
pp.85-90
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]従来の室内伝達関数における適応ARMAフィッティングモデルの比較研究
知花賢吾ブルーノ センジオ サヴィノ バーゼル琉球大
本稿では,ARMAモデルによる音響エコーキャンセラを行い,様々な室内伝達関数,簡単な白色雑音から指数関数的な雑音エコー経... [more] EA2016-128 SIP2016-183 SP2016-123
pp.261-265
CAS, CS
(共催)
2017-02-23
14:10
滋賀 彦根勤労福祉会館 高速応答と高安定特性を有する10 Gbps光バースト受信部の構成法 ~ 2つの伝達関数の自動切り替え制御方式と回路構成法 ~
アディバ ビンティ マズワ栗山宜巳上田裕巳東京工科大
PON (Passive Optical Network)やOSAN (Optical Switched Access ... [more] CAS2016-121 CS2016-82
pp.35-42
MSS, SS
(共催)
2017-01-27
15:20
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 マルチエージェントシステムのピニング合意における零点の影響についての一考察
坂口聡範潮 俊光阪大
本報告では,マルチエージェントシステムに対する単一エージェントのピニング制御を考える.全域木を持つグラフに対して,ピニン... [more] MSS2016-77 SS2016-56
pp.117-122
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
11:35
大分 コンパルホール (大分) 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討
鵜木祐史石川大介柏原佑太小林まおり赤木正人北陸先端大
統計的室内インパルス応答(RIR)モデルは,実測のRIR のパラメータ表現化や室内音響指標の算出に広く利用されている.代... [more] EA2016-61 EMM2016-67
pp.79-84
ASJ-H
(共催)
EA, IPSJ-MUS
(連催) [詳細]
2016-10-14
14:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) 主成分分析に基づく多チャネル受音信号圧縮法の一検討
佐藤広則Arif Herusetyo Wicaksono坂本修一Cesar Daniel SalvadorJorge Trevino鈴木陽一東北大
3次元音空間を高精度に収音するためには数十,数百,あるいは数千にも及ぶマイクロホンを備えたマイクロホンアレイの使用が求め... [more] EA2016-32
pp.7-11
ASJ-H
(共催)
EA, IPSJ-MUS
(連催) [詳細]
2016-10-14
14:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) 変調伝達関数モデルを利用した音声伝送指標の検討
柏原佑太鵜木祐史北陸先端大
室内インパルス応答(RIR)は,直接音,初期反射,後部残響の三つの成分で構成される.
その中でも後部残響が音声伝送... [more]
EA2016-33
pp.13-18
SIP 2016-08-25
13:30
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 2次元最大平たんダイヤモンド型ハーフバンドFIRディジタルフィルタの閉じた伝達関数の一設計法
篠原大樹吉田 嵩相川直幸東京理科大
2次元最大平たんディジタルフィルタは,フィルタ次数の制約をすべて通過域および阻止域における平たん特性に用いたものをいう.... [more] SIP2016-72
pp.1-6
EA 2016-05-20
13:00
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 頭部伝達関数の第2ピークが正中面上方の音像定位に及ぼす影響
飯田一博石井要次千葉工大
4kHz付近の最も周波数の低いピーク(P1)とP1より高い周波数で最も周波数の低い2つのノッチ(N1, N2)だけで再構... [more] EA2016-1
pp.1-12
 147件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会