お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CS
(併催)
2020-06-25
11:20
ONLINE オンライン開催 非同期型なICNサービスファンクションチェイニングの 提案とその実機検証
金井謙治中里秀則早大)・金光永煥東京工科大CS2020-2
本稿では,オンデマンドなIoTデバイス仮想化を実現するThingVisor Factoryの主要な機能である情報指向ネッ... [more] CS2020-2
pp.5-10
KBSE 2020-03-07
12:45
沖縄 てんぶす那覇 Eclipse CheとDockerを用いたクラウドIDEによるプログラミング演習環境の構築
杉野雄大新村正明・○岡野浩三小形真平信州大KBSE2019-57
近年Edutainmentという教育手法が注目されている.ゲームプレイを通じて学習効果を得ようとするEdutainmen... [more] KBSE2019-57
pp.67-72
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 KVM上の仮想マシンを用いた8K映像ストリームサーバの実現
池田哲也瀬林克啓青木弘太丸山 充神奈川工科大)・君山博之大同大)・栗本 崇漆谷重雄NII)・河野 隆NTTテクノクロスNS2019-224
クラウドサービス市場の拡大やネットワーク機能の仮想化が進展している他,SMPTE ST-2110規格の策定により放送コン... [more] NS2019-224
pp.259-264
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-16
10:45
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]スマートシティアプリケーションに拡張性と相互運用性をもたらす仮想IoT-クラウド連携基盤の研究開発 ~ "仮想サイロ"アーキテクチャの検討 ~
中村健一上杉 充パナソニック)・金井謙治中里秀則金光永煥早大)・横谷哲也向井宏明金沢工大IN2019-2 RCS2019-23
スマートシティで展開されるIoTアプリケーションを低コストで連携運用すべく、筆者らはスマートシティアプリケーションに拡張... [more] IN2019-2 RCS2019-23
pp.7-12(IN), pp.19-24(RCS)
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
15:15
広島 尾道市民会館 [依頼講演]異なるIoTプラットフォームの相互運用を実現する仮想IoT-クラウド連携基盤(Fed4IoT)の研究開発プロジェクトの紹介
金井謙治中里秀則金光永煥早大)・田崎 創IIJ)・中村健一上杉 充パナソニック)・横谷哲也向井宏明金沢工大)・甲藤二郎早大NS2018-165 RCS2018-226
現在,IoTデバイスの普及やクラウド技術に発展に伴い,スマートシティビジネスの市場拡大が進んでいる.スマートシティビジネ... [more] NS2018-165 RCS2018-226
pp.41-46(NS), pp.47-52(RCS)
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-11-30
11:10
徳島 徳島大学 工業会館 スマートシティアプリケーションに拡張性と相互運用性をもたらす仮想IoT-クラウド連携基盤の研究開発 ~ 全体構想と今後の展望 ~
金井謙治中里秀則金光永煥早大)・田崎 創IIJ)・中村健一上杉 充パナソニック)・横谷哲也向井宏明金沢工大)・甲藤二郎早大CS2018-81 IE2018-60
多様なIoTデバイスの導入や高度情報処理基盤の整備が進む中,スマートシティのさらなる発展において,より多様な事業者がスマ... [more] CS2018-81 IE2018-60
pp.77-82
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
17:15
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 生化学反応モデルに着想を得たVNF制御手法に関する一検討
黒川稜太長谷川 剛村田正幸阪大IN2018-17
ネットワーク機能仮想化技術(Network Function Virtualization: NFV)では, 様々な仮想... [more] IN2018-17
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート Openstackの仮想マシンを用いた8K超高精細映像配信サーバの実現
池田哲也丸山 充神奈川工科大)・君山博之東京電機大)・漆谷重雄栗本 崇NII)・河野 隆NTTテクノクロスNS2017-176
ネットワークの広帯域化に伴ってクラウドサービスが普及し,個人や企業におけるデータ管理形態は変化を続けている.加えて仮想化... [more] NS2017-176
pp.49-54
NS, IN
(併催)
2017-03-03
11:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル ポテンシャル場を用いた実世界表現に基づいた動的リソース制御方式の提案
神田幸大荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大IN2016-136
センサーデバイスの小型化や低価格化とモバイルデバイスの普及にともない、現実世界の状況をセンシングして分析処理し新たなサー... [more] IN2016-136
pp.233-238
MSS, SS
(共催)
2017-01-27
11:10
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 複数開発支援システムのパッケージ化と配付運用方法の提案
塚本良太佐藤隆佑田村孝之三菱電機MSS2016-71 SS2016-50
企業におけるソフトウェア開発では客先や社内規定のセキュリティ要求などにより,孤立したネットワークで開発する場合がある.近... [more] MSS2016-71 SS2016-50
pp.83-87
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
09:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 高負荷仮想マシンのライブマイグレーション時間削減に向けたCPU制御方式の提案
寺本泰大岸 寿春永渕幸雄小山高明北爪秀雄NTTICSS2013-88
仮想化技術の発展によって,IaaS等の仮想ネットワークサービス提供が広く行われている.仮想ネットワーク環境では,複数の仮... [more] ICSS2013-88
pp.179-184
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
10:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 仮想DC環境におけるユーザ平均遅延削減方式の評価
永渕幸雄寺本泰大岸 寿春小山高明北爪秀雄NTTICSS2013-89
近年,ネットワーク(NW)仮想化技術の発達により,DC間を跨がる論理L2NWの構築が可能となり,その結果,VMのライブマ... [more] ICSS2013-89
pp.185-190
SC 2014-03-14
15:00
東京 国立情報学研究所 インタークラウド仮想インフラ構築システムIrisのプロトタイプシステムの開発
竹房あつ子高野了成中田秀基柳田誠也工藤知宏産総研SC2013-21
クラウドOSソフトウェアの普及により,IaaSクラウドの構築が容易に行えるよ
うになってきた.
しかしながら,Iaa... [more]
SC2013-21
pp.13-18
ICM 2014-03-14
16:20
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) [奨励講演]サーバ仮想化環境における物理サーバ電源制御手法の提案
中里彦俊岡崎勝彦NTTICM2013-76
近年、設備の効率的利用の観点から1物理サーバ上に複数の仮想マシンを集約させるサーバ仮想化技術を用いたシステム運用が注目さ... [more] ICM2013-76
pp.143-148
MoNA, IN
(併催)
2013-11-21
15:25
熊本 熊本大学 データセンタ間ライブマイグレーション環境におけるネットワーク全体の遅延の総和を削減する方式の提案
永渕幸雄寺本泰大岸 寿春小山高明北爪秀雄NTTIN2013-88
近年の仮想化技術の発展により,データセンタ(DC)間を跨がったライブ
マイグレーションが利用されている.
この利用環... [more]
IN2013-88
pp.7-12
MoNA, IN
(併催)
2013-11-21
15:50
熊本 熊本大学 複数アクティブ型仮想ルータ,仮想L3FWの効果に関する一報告
小山高明岸 寿春井上朋子永渕幸雄北爪秀雄NTTIN2013-89
NW仮想化技術,仮想NWアプライアンスの発展により,複数データセンタ(DC)に分散して仮想マシン(VM)を置くことが可能... [more] IN2013-89
pp.13-18
IN, NV
(併催)
2013-07-18
10:45
北海道 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 BlackSmith: 実験環境における仮想ノード群制御システム
鍛治祐希井上朋哉知念賢一篠田陽一北陸先端大IN2013-36
非常に大規模なネットワーク実証実験を行う場合,制御する実験ノードの数に応じて,実験者や管理ノードの管理コストの増大を招く... [more] IN2013-36
pp.1-6
IN, NV
(併催)
2013-07-18
17:55
北海道 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 データセンタ間ライブマイグレーション環境における冗長経路回避に向けた経路制御方式の提案
永渕幸雄寺本泰大小山高明北爪秀雄NTTIN2013-48
近年,仮想化技術の発展により,仮想マシン(VM)やネットワーク仮想化技術が,クラウド環境で利用されている.VMには動作し... [more] IN2013-48
pp.71-76
NS 2013-05-16
14:00
神奈川 総研大 仮想化技術の通信サービス適用に向けた検討および評価
兎耳山俊吾武智竜一阿部 哲今井隆士富士通NS2013-17
東日本大震災では、通常時の約50~60倍の通信要求が発生した。これにより音声サービスにて非常につながりにくい状況が長く続... [more] NS2013-17
pp.37-40
NS, IN
(併催)
2013-03-07
09:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル ICTテストベッドにおける大規模検証実験の柔軟な構築に関する研究
田部英樹井上朋哉篠田陽一北陸先端大NS2012-209
ネットワーク技術の研究や開発の過程では、その動作や性能に関する検証実験が行われている。
インターネットからの影響を受け... [more]
NS2012-209
pp.255-260
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会