お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2022-06-23
14:30
長崎 長崎県立大学シーボルト校
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
潜在表現の時系列差分を用いた亜種マルウェア検知精度向上の検討
篠田 優嶋田 創山口由紀子名大)・長谷川皓一NIIIA2022-4 ICSS2022-4
今日,多様な目的でコンピュータは使用され人々の日常生活を支えている.そのため,これらのコンピュータを攻撃対象にしたマルウ... [more] IA2022-4 ICSS2022-4
pp.19-24
ICSS 2017-11-21
10:55
大分 別府国際コンベンションセンター マルウェア動的解析結果の可視化による亜種分類および類似度判定
合田大騎樫木惟人古本啓祐森井昌克神戸大ICSS2017-45
マルウェアの感染活動が活発化に伴い,新たな亜種の出現頻度も増加傾向にある.その中で,マルウェアを詳細に解析することなく,... [more] ICSS2017-45
pp.41-45
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2008-07-25
09:55
福岡 福岡システムLSI総合開発センター ふるまいに着目した未知の亜種ウイルスの識別
三森春佳阿部公輝電通大ISEC2008-35
大量メール送信ウイルスに着目し,ウイルスを実際に動かしてそのふるまいを観測した.ウイルスにラベルを付けてふるまいを学習し... [more] ISEC2008-35
pp.1-8
ISEC 2007-12-19
17:00
東京 機械振興会館 コンピュータウイルスのコード静的解析による特徴抽出と分類について
岩本一樹日本コンピュータセキュリティリサーチ)・和崎克己信州大ISEC2007-127
コンピュータウイルスの亜種判定について、コード内のAPI呼び出しや制御フローを静的解析することにより、特徴抽出と種の分類... [more] ISEC2007-127
pp.107-113
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
11:35
北海道 公立はこだて未来大学 マルウェアの亜種等の分類の自動化
星澤裕二太刀川 剛山村元昭セキュアブレインISEC2007-54
現在,発見されたマルウェアが新種であるか,あるいは既知のマルウェアの亜種や変種であるかは,アンチウイルスベンダのエンジニ... [more] ISEC2007-54
pp.63-70
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会