お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 823件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:40
ONLINE オンライン開催 ガウス過程を用いた無線チャネル予測手法
オウ イトNTT)・仲地孝之琉球大)・井上 武間野 暢工藤理一NTT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS 2021-10-08
11:30
ONLINE オンライン開催 ネットワークスライスに対する機械学習による接続予測と待ち行列理論による性能解析を用いた動的資源割当
亀山裕司川合佑樹橘 拓至福井大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-10
10:40
ONLINE オンライン開催 マルチカメラによる無線通信品質予測技術の屋内実験評価
高橋馨子工藤理一小川智明NTTCQ2021-53
近年、深層学習の発展により映像情報を用いた環境認識技術が高度化しており、またセンサが低価格化・小型化が進んだことから、今... [more] CQ2021-53
pp.77-81
MW, AP
(併催)
2021-09-10
14:05
ONLINE オンライン開催 チャネル時間応答線形予測と生体移動速度を考慮したMIMOレーダの測位精度評価
白木信之本間尚樹村田健太郎岩手大)・中山武司飯塚翔一パナソニックAP2021-65
本報告では,チャネル時間応答の線形予測と生体の移動速度を考慮したMIMO レーダ測位精度の評価を行う.現在の測定チャネル... [more] AP2021-65
pp.47-52
PRMU 2021-08-26
15:30
ONLINE オンライン開催 自動運転システムのためのAlphaPoseに基づく人物の姿勢推定とPredRNN++に基づく時空間系列予測を統合的に用いる歩行者の位置推定
張 ショウイ早大)・福沢栄治早大/矢崎総業)・大谷 淳早大PRMU2021-12
 [more] PRMU2021-12
pp.30-35
SIP 2021-08-24
13:00
ONLINE オンライン開催 電源装置が発する電磁ノイズの合成効果
石山文彦NTTSIP2021-34
我々は、通信施設における電磁ノイズ対策を研究対象としており、対策技術検討の一環として独自の信号処理手法の構築を進めている... [more] SIP2021-34
pp.26-29
HCS 2021-08-21
14:45
ONLINE オンライン開催 マルチモーダル特徴量を用いたターン管理の意欲と実際のターン交替の同時予測
石井 亮Xutong RenMichal MuszynskiLouis-Philippe Morencyカーネギーメロン大HCS2021-22
これまで多くの研究が,実際のターン交替が起こるか否かを予測することに焦点を当ててきた.我々の知る限り,話し手と聞き手の2... [more] HCS2021-22
pp.28-33
R 2021-07-17
13:00
ONLINE オンライン開催 逆ガウス分布における無情報事前分布
作村建紀法政大)・柳本武美統計数理研R2021-16
逆ガウス分布は,信頼性工学分野では,加速劣化モデルにおける初期到達時間の分布として扱われる分布である.
また,正規分布... [more]
R2021-16
pp.1-6
R 2021-07-17
14:00
ONLINE オンライン開催 ウェーブレット縮小推定を使ったソフトウェア信頼性評価ツール
呉 敬馳土肥 正岡村寛之広島大R2021-18
ウェーブレット縮小推定は非定常ポアソン過程のような確率過程をノンパラメトリックに推定する方法として
注目を集めており,... [more]
R2021-18
pp.12-17
R 2021-07-17
14:25
ONLINE オンライン開催 ソフトウェアバグ予測に対する改良アンサンブル学習アルゴリズム ~ メタヒューリスティック法 ~
福田啓介土肥 正岡村寛之広島大R2021-19
本稿では, ラテン超方格サンプリング, 人口蜂コロニー (ABC)
アルゴリズム, パラメータフリー遺伝的アルゴリズ... [more]
R2021-19
pp.18-23
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-14
16:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]マルチエージェントシステムの最適制御:監視問題と車群制御
小林孝一北大RCC2021-29 NS2021-39 RCS2021-84 SR2021-27 SeMI2021-15
本講演では,マルチエージェントシステムの制御に関する著者らの結果を紹介する.まず,監視問題について説明する.監視問題とは... [more] RCC2021-29 NS2021-39 RCS2021-84 SR2021-27 SeMI2021-15
p.36(RCC), p.38(NS), p.38(RCS), p.41(SR), p.20(SeMI)
IT 2021-07-09
13:00
ONLINE オンライン開催 潜在クラスタを仮定することで個人差を考慮した施策の有無による反応変数の差に関するベイズ最適な予測とその近似アルゴリズム
石渡泰祐早大)・齋藤翔太群馬大)・松嶋敏泰早大IT2021-23
観察研究において,「施策を対象に一度しか施すことができない」「施策対象の特性を制御することができない」と言った問題点が挙... [more] IT2021-23
pp.45-50
IT 2021-07-09
13:25
ONLINE オンライン開催 クラスタ構造を説明する変数と回帰構造を説明する変数により表現された線形回帰モデルにおける計算量削減に関する一考察 ~ ベイズ最適な予測とその近似アルゴリズム ~
香山 渉早大)・齋藤翔太群馬大)・松嶋敏泰早大IT2021-24
データがクラスタに分割され,各クラスタにおいて別々の線型回帰モデルを持つという構造のデータ生成確率モデルを考えることで,... [more] IT2021-24
pp.51-56
SIP, CAS, VLD, MSS
(共催)
2021-07-05
16:25
ONLINE オンライン開催 スマートビルディングにおける熱的快適性を考慮したオンラインエネルギーマネジメントフレームワーク
渡 大地谷口一徹阪大)・Francky CatthoorIMEC/ルーベン・カトリック大)・Charalampos Marantosアテネ工科大)・Kostas SioziosAUTH)・Elham ShiraziIMEC/ルーベン・カトリック大)・Dimitrios Soudrisアテネ工科大)・尾上孝雄阪大CAS2021-8 VLD2021-8 SIP2021-18 MSS2021-8
近年,省エネに向けた建物のエネルギーマネジメントシステム構築がますます重要になっている.特に,空調機器は建物の消費電力の... [more] CAS2021-8 VLD2021-8 SIP2021-18 MSS2021-8
pp.36-41
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
14:25
ONLINE オンライン開催 高確率で故障するネットワーク条件下における耐障害性マルチパスルーティング
奥村泰地村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-10
多くの機器から構成されるネットワークは機器故障に備えるために耐障害性手法が求められる.一方で,ネットワーク機器の故障予測... [more] PN2021-10
pp.33-39
RCS 2021-06-23
09:30
ONLINE オンライン開催 マルチパス分離に基づくチャネル予測の演算負荷軽減に関する検討
望月大瑚西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2021-29
マルチユーザMIMOシステムにおいて,下り回線のチャネル情報を用いた基地局側での
プリコーディングを行うことにより干渉... [more]
RCS2021-29
pp.1-6
RCS 2021-06-24
13:30
ONLINE オンライン開催 二重選択性伝搬環境下における伝送路予測多重遅延検波を用いた差動OFDMの比較
藤田太一岩本航汰久保博嗣立命館大RCS2021-56
本報告では,時間選択性と周波数選択性が厳しい二重選択性伝搬環境となる水中音響通信(UWAC : underwater a... [more] RCS2021-56
pp.163-168
IA, ICSS
(共催)
2021-06-22
11:15
ONLINE オンライン開催 スパースモデリングを用いたネットワークトポロジの欠損リンク復元手法
松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-14 ICSS2021-14
近年、統計的モデル化手法であるスパースモデリングを用いた研究が信号処理や画像処理の分野を中心に数多く行われている。スパー... [more] IA2021-14 ICSS2021-14
pp.74-79
R 2021-06-12
14:50
ONLINE オンライン開催 力士の確率モデルと休場予測の一考察
太田修平神奈川大)・木村光宏法政大R2021-13
相撲において,力士は取り組みで怪我を負うリスクがある.そして,力士は怪我の後遺症の影響を受ける.さらに怪我による休場力士... [more] R2021-13
pp.13-18
R 2021-06-12
15:50
ONLINE オンライン開催 正確なソフトウェアバグ予測に向けて: 最尤予測の適用
藤村大吾土肥 正岡村寛之広島大R2021-15
本稿では,ソフトウェアのテスト工程におけるバグ検出数が非同次ポアソン過程に従うという仮定の下で,
過去に観測されたバ... [more]
R2021-15
pp.25-30
 823件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会