お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2021-10-22
14:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]左切断・右打ち切りのあるフィールド寿命データ解析 ~ パラメトリックモデルに基づく統計的推論と信頼性の予測 ~
江村剛志久留米大)・道前洋史北里大R2021-31
信頼性解析の活用事例には, 機器が現場で使用されている状態, つまりフィールド試験で収集された故障データ(フィールド寿命... [more] R2021-31
pp.7-12
R 2016-11-17
14:00
大阪 大阪中央電気倶楽部 離散化モデルによるワイブル分布の3-パラメータ推定
魚岸健次 R2016-49
日や月といった一定の間隔で区切り、それぞれの区間で調査対象の観測数値が示された統計情報を対象とする.ここでは事象の分布関... [more] R2016-49
pp.1-6
R 2016-11-17
14:25
大阪 大阪中央電気倶楽部 機械学習を用いたソフトウェアの信頼性解析
貝瀬 徹兵庫県立大R2016-50
ソフトウェアの信頼性は残存するバグの個数に依存した評価として定義されるが,ソフトウェア内のバグの個数は未知であることから... [more] R2016-50
pp.7-11
R 2012-05-25
15:45
島根 出雲グリーンホテルモーリス 2項ソフトウェア信頼性モデルにおけるワイブル型分布の役割について
肖 霄土肥 正広島大R2012-7
2 項過程モデルは最も古典的なソフトウェア信頼性モデルの一つとして知られており,多くのソフトウェアフォールト検出パターン... [more] R2012-7
pp.35-40
EMD, R
(共催)
2011-02-18
15:50
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) 初期故障率に基づく電子部品の統計的品質管理
松岡敏成三菱電機R2010-48 EMD2010-149
電子部品の製造工程は複雑で,作り込みだけで目標品質を達成できるまで製造条件のばらつきを抑え込むことが難しく,検査やエージ... [more] R2010-48 EMD2010-149
pp.37-42
R 2009-07-31
16:00
北海道 藤田観光旭川ワシントンホテル 単一打切りがある場合の3パラメータワイブル分布の推定に関する一考察
長塚豪己首都大東京)・鎌倉稔成中大)・石岡恒憲大学入試センター)・山本久志首都大東京R2009-30
単一打切りがある場合の3パラメータワイブル分布の推定問題においては, まだ有効な推定法が確立されていない. 最もよく知ら... [more] R2009-30
pp.47-51
EMD 2009-07-17
15:20
北海道 千歳アルカディア・プラザ ワイブル分布関数を利用した接触抵抗データ解析の試み
長谷川 誠千歳科技大EMD2009-25
接触抵抗測定データの詳細な解析に活用する目的で、ワイブル分布関数による接触抵抗データのあてはめを試みている。その目的のた... [more] EMD2009-25
pp.25-30
R 2008-06-20
13:25
東京 機械振興会館 ワイブル分布の母数推定に関する一考察
長塚豪己首都大東京)・鎌倉稔成中大R2008-16
本稿では, 3母数ワイブル分布における2つの推定法を提案する. 提案法は, 最尤法が使えないケースにも適用可能であり, ... [more] R2008-16
pp.9-14
R, SSS
(共催)
2006-12-15
14:55
東京 機械振興会館 位置母数構造に依存しない寿命モデルの推定法
長塚豪己首都大東京
ワイブル分布及びガンマ分布の位置母数の有無に依存しない形状母数の推定を行う方法を提案する.ワイブル分布, ガンマ分布の推... [more] R2006-43 SSS2006-24
pp.25-30
R 2006-05-26
13:25
徳島 徳島大学 離散ワイブル型故障発生時間分布に基づいたソフトウェア信頼性モデル
井上真二山田 茂鳥取大
ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)の一般化枠組みは,これまでに提案されているSRGMを理論的かつ統一的に取り扱うた... [more] R2006-8
pp.7-12
OPE, R, CPM
(共催)
2005-04-22
15:20
東京 機械振興会館 MEMS片持梁の疲労特性に関する研究 ~ 実デバイスを用いた加速劣化試験と機械的FIT数の導出 ~
島津貴之片山 誠住友電工)・磯野吉正立命館大
MEMS(Micro Electro-Mechanical Systems)の構造設計基準を検証するために、単結晶シリコ... [more] R2005-6 CPM2005-6 OPE2005-6
pp.29-32
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会